大庭寛一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大庭寛一

大庭 寛一(おおば かんいち、1865年元治元年12月) - 1916年大正5年)3月[1])は、日本の内務朝鮮総督府官僚。官選愛媛県知事

経歴[編集]

長門国阿武郡長州藩士の家に生まれる[1]1887年7月、帝国大学法科大学を卒業。1888年11月27日、内務省試補となり県治局に配属された[1][2]

以後、内務属・警保局勤務、群馬県参事官兵庫県参事官などを歴任。1895年李氏朝鮮の招聘を受け内務顧問官に就任。1897年まで務め、その後、佐賀県書記官静岡県書記官を歴任[1]

1898年12月22日、愛媛県知事に就任。愛媛県農学校、松山・宇和島・今治の三高等女学校の設立など、中等教育の振興に尽力。1900年4月26日、病により知事を休職した[1][3]

1910年10月1日、初代京城府尹に就任し、1912年4月1日まで在任した。

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『愛媛県史 人物』131頁。
  2. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』153頁。
  3. ^ 『新編日本の歴代知事』916頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『愛媛県史 人物』愛媛県史編纂委員会、1989年。