青木重臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青木 重臣(あおき しげとみ、1900年〈明治33年〉8月6日[1] - 1982年〈昭和57年〉4月21日[2])は、日本の内務警察官僚、初代愛媛県公選知事(1期)。

経歴[編集]

長野県更級郡牧郷村(現・長野市)に青木善蔵の三男として生まれる[3]第二高等学校を卒業。1926年12月、高等試験行政科試験に合格。1927年京都帝国大学法学部を卒業。内務省に入省し、石川県警部となる[4]

以後、麻布警察署長、六本木警察署長、深川警察署長、西平野警察署長、関東局警務課長、同特別高等警察課長、同警察官教習所長、満州国治安部特務科長、福井県書記官警察部長、内務事務官、厚生省監理課長、情報局第一部第二課長、首相秘書官、内務省監査官、千葉県書記官・警察部長などを経て、福島県内政部長に就任[3]広島県部長・警察部長であった1945年6月に地方総監府制度が発足したため、同月10日、中国地方総監府勅任参事官兼第一部長に就任[5]。8月6日の原爆投下では重傷を負うが、奇跡的に助かっている[6]

1946年10月、愛媛県知事に任官。翌1947年3月に退官し、4月の第1回愛媛県知事選挙に出馬して当選[3]。次の1951年の知事選にも出馬したが、参議院議員から転身した久松定武に敗れて落選した。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『歴代知事三〇〇人』351頁。
  2. ^ 愛媛県生涯学習センター. “データベース「えひめの記憶」- 愛媛県史 人物” (日本語). 2016年8月2日閲覧。
  3. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』930頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』257頁。
  5. ^ 『官報』第5528号、昭和20年6月19日。
  6. ^ 『日本の原爆記録 6』391頁。
  7. ^ a b 『人事興信録』第14版 上、ア43頁。

参考文献[編集]

  • 新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 八幡和郎『歴代知事三〇〇人 : 日本全国「現代の殿さま」列伝』光文社新書、2007年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。
  • 中国地方総監府誌刊行会 [編]「中国地方総監府誌 : 原爆被災記録」(家永三郎他編『日本の原爆記録 6』日本図書センター、1991年、所載。原本は1972年刊行。)

関連項目[編集]

  • 原爆下の対局 - 広島市内での対局を危険として郊外に場所を変更させた。