加勢清雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加勢 清雄(かせい きよお[1] / かせ きよお[2]1882年明治15年)7月13日[1] - 1971年昭和46年)11月24日[2])は、日本の内務警察官僚実業家政友会系官選県知事

経歴[編集]

現在の山形県米沢市出身[1]。加勢清隆の三男として生まれた[3]第一高等学校を卒業。1909年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。1910年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1911年内務省に入省し秋田県警視となる[3][4]

以後、秋田県事務官新潟県事務官、埼玉県警察部長、新潟県警察部長、愛知県内務部長、福岡県書記官・内務部長、北海道庁土木部長などを歴任[3]

1926年9月、宮崎県知事に就任。日向カボチャの宣伝を行った[5]1927年5月、高知県知事に転任。積極的予算案を県会に提出し承認された[3]1928年5月、福島県知事に転任。1929年7月に辞任[1]。同年に退官した[4]

その後、同郷の先輩、池田成彬結城豊太郎の推薦で盛岡電灯社長に就任[5]。盛岡商工会議所会頭も務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』222頁。
  2. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』331頁。
  3. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』948頁。
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』196頁。
  5. ^ a b 『新編日本の歴代知事』1087頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。