吉富滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉富 滋(よしとみ しげる、1901年明治34年)4月[1] - 1946年昭和21年)10月18日[2])は、日本の内務厚生官僚。官選高知県知事

経歴[編集]

山口県出身。吉富瀬兵衛の二男として生まれる[1]第一高等学校を卒業。1928年10月、文官高等試験行政科試験に合格。1929年東京帝国大学法学部英法科を卒業。内務省に入省し、神奈川県属となる[3]

以後、福島県教育課長、同地方課長、島根県警察部特別高等警察課長、兵庫県警察部外事課長、内務省社会局事務官、厚生事務官、軍事保護院書記官、同業務局業務課長、厚生省大臣官房会計課長などを歴任[1]

1946年1月、高知県知事に就任。県立学校の統合、四国配電株式会社重役陣の改組、県内の復興などに取り組んだ[1]。同年10月の臨時県会開催中に倒れ、知事在任中に死去した[2]

著書[編集]

  • 『軍事援護制度の実際』山海堂出版部、1938年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』956頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1946年10月19日朝刊、2面の訃報より。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』278頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。