丸岡莞爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丸岡 莞爾(まるおか かんじ、1836年7月11日天保7年5月28日) - 1898年明治31年)3月6日)は、幕末土佐藩士、明治期の官僚歌人。官選県知事。旧姓・吉村、字・山公。通称・三太、長俊。号・建山、掬月、蒼雨など。

経歴[編集]

土佐藩士・吉村三助の長男として生まれる[1]鹿持雅澄から国学を学んだ。坂本龍馬とも交際した。

明治3年4月1870年5月)、土佐藩大従事となり、さらに権大属を務める。明治4年3月1871年4-5月)、大阪府に転じ権大属に就任し、大属、権典事を歴任。

明治4年11月4日(1871年12月15日)、左院に転じ、中議生となり、大議生、四等議官を歴任。1874年9月、海軍省五等出仕に就任した。

1875年、式部権助に就任。以後、兼一等掌典、式部助、式部権頭を歴任。1883年内務省に転じ内務大書記官となる。以後、兼造神宮奉行、内務省社寺局長、兼造神宮支庁副使などを歴任した。

1888年9月、沖縄県知事に就任。皇民化教育を推進。1892年7月、高知県知事へ転任。同年11月に同知事を退任した。

年譜[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

外国勲章佩用允許

親族[編集]

  • 長男の丸岡桂は歌人・能楽書林創業者、孫の丸岡明は作家。
  • 妹 吉村まき(吉村は莞爾の旧姓)は、武市半平太の甥、島村衛吉に嫁いだ。
  • 妹 西山千賀 その息子西山麓という人物についても含めて、一族のことは安岡章太郎『鏡川』に書かれているが、作家の安岡も一族とは縁戚である[12]

著作[編集]

  • 歌集『蒼雨余滴』。丸岡桂『長恨 丸岡桂全集』(観世流改訂本刊行會、1921年)に所収。

参考文献[編集]

補注[編集]

  1. ^ a b 日本の歴代知事』(1982年)、525頁では「八年頃式部権助兼一等掌典に任じ、九年頃式部助に、十二年頃式部権頭に進み」とはあるが、すべて「頃」という表現をつけたところから、年代や歴任した順序を推論して間違えたようである(例えば「一等掌典」は「大掌典」から1878年(明治11年1月)に切り替わったのであるから「八年頃」はありえない)。官員録に照らすと、『官員録 明治8年11月改』(1875年)では、「海軍省」(47頁)の籍より抹消されているが、「式部寮」(85頁)にも名がみえない。その後しばらく官員録に名が見えないが、『官員録. 明治9年5月』(1876年)に「式部寮の助」として登場する。
  2. ^ 山岡鉄太郎(宮内大書記官)、西村捨三(内務少書記官)が先発組で公布に行き、行幸は三条実美らを含めて6月16日に東京を発し、19日に到着。甲府略志』 甲府市、西村組出版局、第四章 行幸啓/明治天皇御巡幸、1918年、199-。NDLJP:1907734には、その旨が述べられ、四等掌典小西有勲の名はあるが、丸岡の名は見えない。
  3. ^ ハワイ王を国賓に迎える接伴掛は、山下草園(1942年)によれば2月26日付で、東伏見宮二品嘉彰親王蜂須賀茂韶以下、式部助の莞爾も含めて10名が任命された。(荒俣訳注『仰天旅行記』150頁注は、莞爾の名前を挙げてないが、10名のうち蜂須賀、長崎省吾(四等掌典)、通詞をつとめた外務権大書記官石橋政方を挙げる。)
  4. ^ 『鏡川』(61頁)がいう2月は、まだカラカウア王が来日していないが、それに備えて2月27日のうちに接待準備班が横浜へ出張し、蜂須賀茂韶はじめ、莞爾もこれにくわわっている。(「外国貴賓ノ来朝関係雑件」、荒俣、281頁)
  5. ^ 日本の歴代知事』(1982年)、525頁によれば明治12年頃式部権頭と推定しているが、ここでは官員録にもとづいた明治15年。国立図書館蔵書本では15年4月に欠ページがあり未確認。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 日本の歴代知事』(1982年)、525頁
  2. ^ 日本の歴代知事』(1982年)、525頁では「七年頃海軍省五等出仕」とあるが月までは指定されない。『掌中官員録. 明治8年』(1875年)NDLJP:993586、59頁、の時点では「海軍省五等出仕」は確認できる。
  3. ^ 式部寮の助:西, 隼太郎 『官員録. 明治9年5月』 西村組出版局、1877年、5-。NDLJP:779242
  4. ^ 式部寮 権助:官員録. 明治10年11月』 拡隆舎、1877-1878、144頁。 (NDLJP:779256)
  5. ^ 権助/兼/一等掌典:官員録. 明治11年1月』 拡隆舎、1877-1878、146頁。 (NDLJP:779258)
  6. ^ 安岡章太郎『鏡川』(2000年)、61頁「まづ明治十三年には天皇の甲州方面への巡幸があり、莞爾はそれに供奉してゐる。翌明治十四年(莞爾四十六歳)二月、ハワイ皇帝の来航に際し、その接待役をつとめる。」
  7. ^ 「外国貴賓ノ来朝関係雑件」。『カラカウア王のニッポン仰天旅行記』 樋口あやこ、小学館、1995年ISBN 4-093-87116-7の巻末資料p.281-に関連部分を抜粋掲載。
  8. ^ 山下, 草園 『日本人のハワイ』 世界堂、1942年、205頁、5-。NDLJP:1459442
  9. ^ 権頭:彦根, 正三 (Hikone, Shōzō), ed (1880-1884). 改正官員録. 明治15年5月. 博公書院. p. 215. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/779309/217.  (NDLJP:779309)
  10. ^ 『官報』第2992号「叙任及辞令」1893年6月21日。
  11. ^ 『官報』第376号「賞勲叙任」1884年9月27日。
  12. ^ 安岡章太郎『鏡川』(2000年)、41頁「丸岡莞爾には、千賀の下にもう一人の妹がゐて、まきといふ。そのまきは武市半平太の甥、島村衛吉に嫁した。」