鹿持雅澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿持 雅澄(かもち まさずみ、寛政3年4月27日[1]1791年5月29日) - 安政5年8月19日1858年9月25日))は日本国学者。名称は藤田。号は山斉または古義軒。別名は柳村愿太飛鳥井深澄藤原太郎雅澄とも名乗った[2]

生涯[編集]

柳村家の先祖は土佐一条氏に仕えた飛鳥井雅量。父柳村惟則(尉平)の家格は白札(上士待遇)であった。

寛政3年(1791年)4月27日、土佐国土佐郡福井村(現在の高知市)に生まれた。17歳の頃から儒学を中村隆蔵に、国学を宮地仲枝[2]に学びその学を高めた。浦奉行下役に任ぜられた後、家老・福岡孝則の知遇を得て、藩校教授館下役、同写本校正係に抜擢された。これを機に福岡家の書籍閲覧を許され、雅澄の万葉集研究が開花する事となった。当初の研究目的は、歌作の参考に古道を求めた為であった。

生涯を捧げた著述『万葉集古義』は、脱稿後も半世紀にわたり改訂に改訂を重ね、谷真潮以来の土佐万葉学の集大成であると共に、国学研究の記念碑的存在となった。生前上梓はされず、雅澄の門下生である佐々木高行などから、『古義』の存在を知らされた明治天皇が、使者を土佐に遣わし散逸した稿本を集め、明治24年(1891年)に出版に至った。大正・昭和期にも度々出版された、現在は吉川弘文館(明治45年刊の旧国書刊行会全10巻の復刻版)他である。他に動植物を描いた『万葉集品物図絵』がある。

学問の成長とともに福井の邸宅は国学塾古義軒となり子弟の教育にも力を入れ、また藩政にも参加ししばしば上書して国学を藩校に採用された。また古典の研究を藩の主宰の下で行い、古義軒の塾を藩校の管理下に置き、土佐藩の国学の地位向上に努力した。

歌人としての雅澄はとくに長歌に優れ『山斎集』にまとめられた[2]

安政5年(1858年)8月19日没。享年68。

大正4年(1915年)、正五位を追贈された[3]

家族[編集]

  • 祖父:柳村惟政
    • 父:柳村惟則(尉平) - 婿養子、実は野見自守の子
    • 母:柳村惟政の娘・さよ
      • 本人:鹿持雅澄
      • 妻:武市正久の娘・菊子
        • 嫡男:鹿持雅慶(孫平)
          • 孫:鹿持雅古
        • 長女:宮地茂光(亀十郎)の妻

参考資料[編集]

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1971年

伝記・研究[編集]

  • 沖野岩三郎『鹿持雅澄とその時代』起山房、1943年
  • 尾形裕康『鹿持雅澄』中央公論社、1944年
  • 尾形裕康『万葉学の大成 鹿持雅澄の研究』三和書房、1954年
  • 小関清明『鹿持雅澄研究』高知市民図書館、1992年
  • 鴻巣隼雄『鹿持雅澄と万葉学』桜楓社、1958年
  • 高知大学文理学部国語学国文学研究室『鹿持雅澄遺稿』鹿持雅澄百年祭奉賛会、1958年

脚注[編集]

  1. ^ 20日とも
  2. ^ a b c 鹿持雅澄-Yahoo!百科事典
  3. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.36