井野次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井野次郎

井野 次郎(いの じろう、1877年明治10年)3月 – 1952年昭和27年))は、日本内務官僚政治家。官選県知事長崎市長

経歴[編集]

群馬県出身。井野壽平の二男として生まれる。東京高等師範学校を経て、1913年東京帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業。1912年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し群馬県属となる。

以後、東京府郡長、熊本県理事官神奈川県理事官、長崎県警察部長、広島県警察部長、佐賀県書記官・内務部長、和歌山県書記官・内務部長を歴任。さらに、宮城県書記官・内務部長、北海道庁部長・土木部長を務めた。

1930年8月、沖縄県知事に就任。「沖縄県振興計画」の策定に尽力するが、中国との戦争が本格的に開始される情勢などを受けて、実施は見送られた。1935年6月、宮城県知事に転じ、失業対策事業の実施、東北振興計画の推進などを行うが、1936年6月に同県知事を退任。その後、東京市助役、長崎市長を務めた。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第10版 上、1934年。


公職
先代:
青木善祐
Flag of Nagasaki City.png 長崎市長
第14代:1940 - 1941
次代:
岡田壽吉