飯尾藤次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飯尾 藤次郎(いいお とうじろう、1875年明治8年)2月27日[1] - 没年不詳)は、日本の検察官内務警察官僚政友会系官選県知事

経歴[編集]

愛媛県出身。飯尾東平の三男として生まれた[2]1903年東京帝国大学法科大学法律学科(仏法)を卒業。司法省に入省。岐阜地方兼同区裁判所検事を務めた[2][3]

1907年8月28日、内務省に転じ大阪府警視に就任[4]。以後、高知県事務官警察部長、新潟県事務官・警察部長、富山県内務部長、宮城県内務部長、熊本県内務部長、平安北道知事、黄海道知事などを歴任[1][2][3]

1927年5月7日、沖縄県知事に就任。経済の振興、中等教育の振興、政友会の党勢拡張に尽力[1]1928年12月26日、岩手県に転任。県製糸業界の立て直しのため県是製糸会社設立案を纏めた[5]1929年7月5日、依願免本官となり退官した[6]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『沖縄大百科事典』上巻、136頁。
  2. ^ a b c 『人事興信録』第8版、イ78頁
  3. ^ a b 『新編日本の歴代知事』1129頁。
  4. ^ 『官報』第7251号、明治40年8月29日。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』127頁。
  6. ^ 『官報』第755号、昭和4年7月6日。
  7. ^ 『官報』第2106号「叙任及辞令」1919年8月12日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 沖縄大百科事典刊行事務局編『沖縄大百科事典』上巻、沖縄タイムス社、1983年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。