引田重夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

引田 重夫(ひきた しげお、1899年明治32年)10月[1] - 没年不詳)は、日本の内務厚生官僚。最後の官選岩手県知事

経歴[編集]

北海道出身。引田楳太郎の二男として生まれる[1]第一高等学校を卒業[2]1923年12月、高等試験行政科試験に合格。1924年東京帝国大学法学部を卒業。内務省に入省し大分県属となる[1][2][3]

以後、大分県速見郡長、同県社会課長、秋田県学務課長、同地方課長、福島県地方課長、同庶務課長、京都府庶務課長、宮崎県経済部長、厚生省職業部紹介課長、同業務課長、同職業局総務課長、長野県内政部長などを歴任[1][3]

1947年1月11日、岩手県知事に就任。県議会議員選挙、知事選挙などを執行して同年4月12日に知事を退任[3]。その後、総理庁事務官・札幌地方経済安定局長[4]、そごう相談役などを務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『人事興信録』第14版 下、ヒ17頁。
  2. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』242頁。
  3. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』131頁。
  4. ^ 『官報』第6145号、昭和22年7月10日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。