後藤祐明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
後藤祐明

後藤 祐明(ごとう ひろあき[1] / すけあき[2]1872年明治5年7月[1] - 1940年昭和15年)2月26日[3])は、日本の検察官台湾総督府内務官僚。官選県知事公証人

経歴[編集]

佐賀県出身。後藤保明の長男として生まれた。1904年7月、東京帝国大学法科大学法律学科を卒業。司法官試補となり、千葉地方裁判所検事局に配属された[1]

以後、千葉区裁判所検事局、長野区裁判所検事局で勤務。1909年9月、東京区裁判所検事、東京地方裁判所検事に就任。1910年2月、台湾総督府に転じ警視となる。以後、民政部蕃務本署勤務、理蕃課長、保安課長、司獄官練習所教官などを歴任。1917年5月、島根県警察部長に転じた。以後、北海道庁警察部長、同庁拓殖部長、拓殖局次長などを務め、1921年5月に休職した[1]

1923年10月、大分県知事に就任。教育と産業の振興に尽力[1]1924年7月、岩手県知事に転任。産業振興に尽力。1925年9月に休職となる[2]1927年9月に退官し[4]京都市助役となる[5]。その後、東京地方裁判所所属の公証人を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』1065頁。
  2. ^ a b 『新編日本の歴代知事』125頁。
  3. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』497-498頁。
  4. ^ 『官報』第210号、昭和2年9月8日。
  5. ^ 「休職岩手県知事後藤祐明免官ノ件」。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。
  • 内閣「休職岩手県知事後藤祐明免官ノ件」昭和2年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-019-00・任B01382100