中村元治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村元治

中村 元治(なかむら もとはる、1899年明治32年)12月3日[1] - 1982年昭和57年)9月1日[2])は、日本の内務警察官僚。官選大分県知事陸軍司政長官

経歴[編集]

神奈川県出身。岩本幸八の六男として生まれ[3]、中村元智の養子となる[1]第一高等学校を卒業。1923年12月、高等試験行政科試験に合格。1924年東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業。内務省に入省し群馬県属となる[1][4]

以後、群馬県社会課長、愛知県工場監督官、山梨県勤務、埼玉県地方課長、京都府勤務、青森県経済部長、広島県学務部長、福井県書記官・警察部長、和歌山県書記官・警察部長、新潟県書記官・警察部長などを歴任[1]1942年8月、陸軍司政長官に任じられ第16軍軍政部付のジャワ島パティ州長官を1944年9月まで務めた[5]

1944年10月、大分県知事に就任。空襲の対策、戦後の治安維持などに尽力した[1]1945年10月27日、知事を依願免本官となり退官[6]。その後、公職追放となる[4]

その後、東京都中小企業団体中央会常任理事、全日本火災共済協同組合連合会会長などを務めた[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』1073頁。
  2. ^ a b 『現代物故者事典 1980-1982』237頁。
  3. ^ 帝国秘密探偵社 1943, 海外20頁.
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』242頁。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』139頁。
  6. ^ 『官報』第5644号、昭和20年11月2日。

参考文献[編集]