中川健吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中川 健吉(なかがわ けんきち、大正8年(1919年3月30日 - 平成16年(2004年2月1日 )は、日本政治家。元浦和市長。浦和市(現さいたま市)出身。

生涯[編集]

自由民主党衆議院議員松永光の支援を受け、1975年に浦和市長に当選し、その後4期16年の長期に渡って市政を行った。5期目を目論んだ1991年の浦和市長選挙で、中川の前の市長であった相川曹司の息子、相川宗一に敗れ、政界を引退。2004年にさいたま市南区南本町の自宅で84歳で病死。

生前の平成11年(1999年)に浦和市名誉市民として顕彰された。

著作[編集]

  • 続わが街浦和と五十年
先代:
相川曹司
浦和市長(14代-17代)
1975-1991
次代:
相川宗一