井原勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
井原勇
いはら いさむ
生年月日 1926年11月17日
出生地 埼玉県北足立郡与野町(現:さいたま市中央区
没年月日 (2007-10-07) 2007年10月7日(満80歳没)
死没地 埼玉県さいたま市
出身校 東京大学工学部
前職 会社員、与野市収入役
所属政党 無所属
称号 勲三等瑞宝章、さいたま市名誉市民

在任期間 2001年5月1日 - 5月26日

日本の旗 第8-12代 与野市長
当選回数 5回
在任期間 1983年5月1日 - 2001年4月30日
テンプレートを表示

井原 勇(いはら いさむ、1926年大正15年)11月17日 - 2007年平成19年)10月7日)は、日本政治家。元与野市長。

生涯[編集]

埼玉県北足立郡与野町(現:さいたま市中央区)出身。 旧制浦和中東京大学工学部を卒業後、新潟鉄工所に入社。新潟コンバータ取締役・大宮工場長を経て、1979年に与野市の収入役に就任した。1983年、白鳥三郎市長の事実上の後継指名を受け市長選挙に出馬し、第8代与野市長に就任した。その後5期18年、さいたま市として合併するまで市長を在任した。

2007年10月7日、肺炎のため、さいたま市内の病院で死去。享年80。

浦和・大宮の調整役として[編集]

篤実な人物で、2001年5月のさいたま市への統合合併に際しても、浦和方と大宮方の仲介役として、さいたま市の誕生に大きな役割を果たした。井原勇はさいたま市長選挙には出馬せず、合併直後の選挙で相川宗一が選出されるまでの短期間であるが、調整役としての手腕と中立性を評価され、さいたま市長職務執行者(期間限定の代理市長)に就任した。市長職務執行者の期間満了とともに政界を引退。死去後の2008年には中央区役所玄関にブロンズ像が建立された。県市長会会長、県資産経営協会長等を歴任した。

2002年4月29日、勲三等瑞宝章を受勲。2003年4月1日、さいたま市より「さいたま市名誉市民」として顕彰される。

関連項目[編集]

先代:
白鳥三郎
与野市長(第8代~第12代)
1983 ‐ 2001
次代:
さいたま市に合併のため役職廃止