加藤睦之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 睦之介(かとう むつのすけ、1883年明治16年)8月26日 - 1957年昭和32年)10月20日[1])は、日本の政治家。衆議院議員[2]埼玉県会議員[2]。第3代大宮市長。料理並旅館[2]。さいたま市名誉市民[1]

人物[編集]

埼玉県人・加藤晴一の三男[2]埼玉県師範学校卒業[2]。埼玉県会議員、大宮町商工会長等に挙げられた[2]。料理並旅館業を営み、1929年、衆議院議員に当選した[2]立憲民政党に所属した[2]。住所は埼玉県北足立郡大宮町[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b さいたま市名誉市民、さいたま市公式サイト。
  2. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第9版』カ23頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年5月31日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。