平山靖彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平山靖彦

平山 靖彦(ひらやま やすひこ、天保15年(1844年10月 - 1912年大正元年)12月9日)は、日本の官僚、政治家。秋田大分佐賀県知事衆議院議員、貴族院勅選議員錦鶏間祗候

略歴[編集]

広島。広島藩学問所(現修道中学校・修道高等学校)にて学ぶ[1]明治維新後、大蔵省内務省広島県奈良県書記官等を経て、帝国奈良博物館館長となる。

1892年明治25年)、第2回衆議院議員総選挙広島1区に中央交渉部より出馬し当選。衆議院議員となり、同年から秋田県、大分県、佐賀県の各県知事を歴任。1900年12月28日、錦鶏間祗候に任じられる[2]1907年(明治40年)12月10日、貴族院議員に勅選され[3]、死去するまで在任した。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 修道中学校編 「修道中学校史」1931年 28頁
  2. ^ 『官報』第5250号、明治34年1月4日。
  3. ^ 『官報』第7337号、明治40年12月11日。
  4. ^ 『官報』第2776号「叙任及辞令」1892年9月27日。
  5. ^ 『官報』第4172号「叙任及辞令」1897年6月1日。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。