田中省吾 (内務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 省吾(たなか しょうご、1896年明治29年)1月31日[1] - 1967年昭和42年)10月9日[2])は、日本の内務警察官僚実業家。官選県知事

経歴[編集]

岐阜県出身。田中梅之助の長男として生まれる[1]東京高等師範学校を卒業。1923年12月、文官高等試験行政科試験に合格。1924年京都帝国大学法学部政治学科を卒業。内務省に入省し土木局属となる[1][3]

以後、長野県警察部特別高等警察課長、同警務課長、大阪府警察部特別高等警察課長、内務事務官(欧州駐在)、千葉県書記官警察部長、愛知県書記官・警察部長、内務省土木局道路課長、同河川課長などを歴任[1]

1942年5月、佐賀県知事に就任。戦時体制の整備に尽力。1944年8月、農商省生活物資局長に転じた[1]農林省食品局長を経て、1945年10月に香川県知事兼四国地方行政事務局長に就任し、戦後の復興に尽力。1946年1月に知事を退任[4]公職追放となり退官した[3]

その後、横浜市助役横浜商工会議所会頭、日本商工会議所副会頭、横浜貿易促進会会長、横浜銀行取締役、鶴見振興 (株) 社長などを務めた[4]なお、現職の半井清と保守分裂となった1963年4月の横浜市長選挙に自由民主党公認で立候補するも、日本社会党公認の新人候補飛鳥田一雄に敗れ、次点となった半井清の後塵を拝することとなった。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』1003頁。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』769頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』241頁。
  4. ^ a b 『新編日本の歴代知事』907頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。


ビジネス
先代:
半井清
横浜商工会議所会頭
第14代:1959 - 1963
次代:
李家孝