時永浦三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
時永浦三

時永 浦三(ときなが うらぞう、1884年明治17年)4月6日[1] - 1929年昭和4年)2月7日[2])は、日本の朝鮮総督府内務官僚。官選県知事

経歴[編集]

広島県甲奴郡上下村(現府中市)出身。時永清吉の三男として生まれる[3]第一高等学校を卒業。1909年7月、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業し大学院に進学。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1910年5月、統監府属として渡韓した[4][5]

1910年10月、朝鮮総督府取調局属となる。以後、同取調局事務官、同道事務官・平安南道在勤、京畿道在勤、同事務官・総務局総務課長、兼同参事官、同内務部第二課長、同済世院庶務課長事務嘱託、同警務官兼同警視、同警務総監部保安課長、同兼警務総監部高等警察課長事務取扱、同事務官、兼同参事官などを歴任し、1922年1月、朝鮮総督府監察官に就任[6]

1922年10月、大分県内務部長に転じた。鳥取県内務部長を経て、1924年10月、宮城県内務部長となる[7]1925年9月、宮崎県知事に就任。郡制廃止後の対応に尽力[1]1926年9月、佐賀県知事に転任。神埼実業銀行・古賀銀行の休業対策などに尽力。1927年5月17日に休職となった[8][9]。その後、大阪市助役に推挙されたが、朝鮮京畿道知事に内定していたためそれを断り、療養中に死去した[2]

著作[編集]

  • 『愛蘭問題』朝鮮総督府、1921年。
  • 『大分県の一年有半記念講演集』大分県教育会、1924年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新編日本の歴代知事』1087頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1929年2月9日朝刊、7面の訃報より。
  3. ^ 「朝鮮総督府官僚のアイルランド認識」125頁。
  4. ^ 「朝鮮総督府官僚のアイルランド認識」125-126頁。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』194頁。
  6. ^ 「朝鮮総督府官僚のアイルランド認識」154-155頁。
  7. ^ 「朝鮮総督府官僚のアイルランド認識」155頁。
  8. ^ 『新編日本の歴代知事』996頁。
  9. ^ 『官報』第113号、昭和2年5月18日。
  10. ^ 『人事興信録』第7版、ト42頁。「朝鮮総督府官僚のアイルランド認識」126頁では品川弥二郎の長女。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。
  • 加藤道也「朝鮮総督府官僚のアイルランド認識 : 時永浦三を手掛かりとして」『大阪産業大学経済論集』11(1)、2009年、123-155頁。
  • 加藤道也「内地時代の時永浦三 : 朝鮮総督府出身官僚の内地行政官としての経歴をめぐって」『大阪産業大学経済論集』11(3)、2010年、349-389頁。