池田直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 直(いけだ すなお、1901年11月19日 - 1985年7月13日)は、日本の政治家官僚佐賀県知事を5期20年務めた。

生涯[編集]

佐賀県佐賀郡川副町出身。旧制佐賀中学校旧制佐賀高等学校を経て、1929年東京帝國大学東京大学の前身)法学部卒業し、会計検査院に入庁。戦時中には南方司政官を務めた。

1952年から1959年2月まで7年以上の間、会計検査院事務総長を務めた。1959年4月に佐賀県知事選に出馬し初当選。1979年まで連続5期にわたり在任した。赤字だった県財政の立て直しや、米作りの推進、若楠国体佐賀医科大学の誘致などを進めた。1971年から1975年までは全国知事会副会長を務めた。1979年4月29日勲一等瑞宝章を受章。1985年7月13日、脳血栓のため83歳で逝去。