小山知一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小山 知一
生誕 福島県耶麻郡慶徳村[1]
出身校 東京帝国大学法科大学法律学科(独法)
職業 佐賀県知事
高知県知事
文部省学務局長
配偶者 野口鶴子

小山 知一(こやま ちいち、1893年明治26年)7月17日 - 没年不明)は、日本の官僚佐賀県知事高知県知事文部省普通学務局長を歴任した。

生涯[編集]

現在の福島県喜多方市出身。会津中学四高[2]を経て、東京帝国大学在学中に文官高等試験に合格し、1919年大正8年)卒業。

経歴

官歴前半は警視庁警部、同保安部保安課長、愛知県警察部特高課長などの警察関係。その後福岡県内務部社会課長、高知県学務部長、 岩手県経済部長などを歴任[1][3]岩手県在任中には、国民健康保険課長の石原幹市郎を説得し、国民健康保険制度では全国でも他に例を見ない、農林水産省所管の産業組合代行による、国保事業の運営を奨励する。[要出典]1937年 、第32代佐賀県知事に就任。知事として愛国行進の先頭に立つなど、当時の世相を反映し軍事色の強い活動なども行う。また、当時の文部省が推進する教学練成の方針のもと、1938年3月には佐賀県学務部に軍事援護課を設置するが、これは後任知事の人事にも大きな影響を与えた。[要出典] 1939年(昭和14年)には 文部省普通学務局長に就任し、同年12月、第35代高知県知事に転じた。戦後は公職追放となり[4]弁護士を務める。

人物

佐賀県知事時代には「非常時タンク知事」の異名があった[3]。妻は関東都督府軍医部長を務めた野口詮太郎の長女、鶴子[1]日本不動産銀行初代頭取星野喜代治日本育英会理事長水野敏雄は中学時代の同級生である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『大衆人事録 東京篇』「小山知一」
  2. ^ 『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』496頁
  3. ^ a b 『日本の歴代知事』1001頁
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』222頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 『大衆人事録 東京篇』第13版、1939年。
  • 福島県立会津高等学校同窓会員名簿、1960年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。

外部リンク[編集]