岩崎長武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩崎 長武(いわさき ながたけ、生年不詳 - 1898年明治31年)12月27日[1])は、幕末土佐藩士。明治期の内務官僚自由民権運動家。高知県権令

経歴[編集]

土佐藩槍術指南役・岩崎長幸の二男として生まれる[2]

1872年浜松県権参事、同参事を務めた。明治5年11月27日1872年12月27日)、高知県権令に転任[3]立志社の民権運動に寛容で、1875年6月の第1回地方官会議で、民会の公選制を主張した。立志社系の人物を県庁に登用したことなどで、保守派の反発を受け1876年8月に権令を罷免された[2][3]

その後、民権運動家として活躍した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『明治過去帳』新訂初版、553頁。
  2. ^ a b c 『高知県人名事典 新版』89-90頁。
  3. ^ a b 『新編日本の歴代知事』936頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『高知県人名事典 新版』高知新聞社、1999年。
  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。