中野善敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 善敦(なかの よしあつ、1896年明治29年)9月[1] - 1972年昭和47年)12月21日[2])は、日本の内務官僚弁護士。官選県知事

経歴[編集]

東京府出身。中野政方の三男として生まれる[1]第一高等学校を卒業。1920年東京帝国大学法学部法律学科(仏法)を卒業。内務省に入省し内務属となる。1921年11月、高等試験行政科試験に合格した[1][3]

以後、奈良県書記官・学務部長[4]栃木県書記官・警察部長、社会局書記官・労働部労務課長、神奈川県総務部長などを歴任[1]

1939年4月、高知県知事に就任[5]。同年12月、文部省普通学務局長に転任[6]1942年5月、岐阜県知事となる。満州報国農場の設置、中小商工業再編、授産事業などを推進した。1943年7月に知事を退任した[1]。同年に退官し、戦後、公職追放となった[3]。その後、弁護士となる[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』550頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1972年12月22日夕刊、11面の訃報より。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』231頁。
  4. ^ 『官報』第1103号、昭和5年9月1日。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』952頁。
  6. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』121頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。