有吉実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有吉実

有吉 実(ありよし みのる、1886年明治19年)5月5日[1] - 1968年昭和43年)6月29日[2])は、日本の内務警察官僚弁護士。官選宮崎県知事尼崎市長。

経歴[編集]

京都府出身。有吉三七の三男として生まれる[1]第六高等学校を卒業。1912年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。1913年11月、文官高等試験行政科試験に合格。司法省を経て内務省に入省し徳島県属となる[1][3]

以後、徳島県警視徳島県理事官長野県理事官、山形県理事官、鳥取県警察部長、三重県警察部長、福岡県書記官警察部長、宮崎県書記官・内務部長、愛知県書記官・警察部長などを歴任[1]

1930年8月、宮崎県知事に就任。兄・有吉忠一も本県知事を務めたことから県民は期待をもって彼を迎えた。1931年12月18日、知事を依願免本官となり退官[1][3][4]1935年6月から1943年3月まで尼崎市長を二期務めた。戦後、公職追放となり[5]、弁護士を開業した[1]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』1089頁。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』56頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』208頁。
  4. ^ 『官報』第1493号、昭和6年12月19日。
  5. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛支部長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、27頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。