稲村和美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
稲村 和美
いなむら かずみ
生年月日 (1972-11-10) 1972年11月10日(46歳)
出生地 奈良県奈良市
出身校 神戸大学法学部
神戸大学大学院法学研究科修士課程
所属政党 無所属緑の党グリーンズジャパン
配偶者
公式サイト 尼崎市長 稲村和美(いなむらかずみ)オフィシャルサイト

当選回数 3回
在任期間 2010年12月12日 - 現職

選挙区 尼崎市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2003年6月11日 - 2010年10月6日
テンプレートを表示

稲村 和美(いなむら かずみ、1972年11月10日 - )は、日本政治家兵庫県尼崎市長(3期)、緑の党グリーンズジャパンサポーター。元兵庫県議会議員(2期)。

概要[編集]

奈良県奈良市出身[1]奈良県立奈良高等学校卒業。神戸大学法学部在学中の1995年に、兵庫県南部地震の避難所でボランティアとして被災者の支援活動に携わり、「神戸大学総合ボランティアセンター」を設立して初代代表[2]に就く。

1997年から尼崎市議会の会派「市民自治クラブ」でスタッフとなる。1998年神戸大学大学院法学研究科修士課程を修了して神栄石野証券に入社[2]したのち2002年に退職し、尼崎市長選挙に立候補した白井文の選挙事務所でスタッフとなる。

2003年4月の兵庫県議会議員選挙に尼崎市選挙区から無所属で立候補し、定数8(当時)に対し得票数3位で初当選した[3]。議員在職中は情報公開を推進して政務調査費の領収書を自主的に公開した[2]2007年に再選。

2010年尼崎市長選挙[編集]

2010年9月、「未来へつなぐ尼崎の会」の支援を受けて尼崎市長選挙への立候補を表明した翌日に県議会へ辞職願を提出。

同年11月21日執行の尼崎市長選挙に現職市長の白井文の支援を受けて無所属で立候補。元尼崎市議の吉岡健一郎、日本共産党が推薦する元商工団体役員の徳田稔、元尼崎市議の土田裕史ら3人の候補者を破り初当選となり、12月12日に女性市長としては当時最年少の38歳[4]で市長に就いた[5][6][7]

※当日有権者数:377,666人 最終投票率:29.35%(前回比:-10.52ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
稲村和美38無所属58,034票53.48%
吉岡健一郎50無所属22,050票20.32%
徳田稔63無所属17,053票15.71%(推薦)日本共産党
土田裕史31無所属11,387票10.49%

2014年尼崎市長選挙[編集]

2014年11月16日執行。日本共産党尼崎地区委員会委員長の広瀬幸夫を破り再選。投票率は過去最低を記録した[8][9]

※当日有権者数:375,141人 最終投票率:25.69%(前回比:-3.66ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
稲村和美41無所属70,642票74.97%
広瀬幸夫67無所属23,585票25.03%(推薦)日本共産党

2018年尼崎市長選挙[編集]

2018年6月5日、稲村は任期満了に伴う市長選に立候補する意向を表明[10]。同年8月20日、日本維新の会兵庫県総支部(兵庫維新の会)の政務調査会長を務める市議の光本圭佑が立候補する意向を固めたことが明らかとなった[11]。しかし兵庫維新の会は10月17日、独自候補を擁立しないと発表。同団体の幹事長で兵庫県議の掘井健智は「党の推薦を決める過程で反党行為があった」などとし、党として光本を支援しない方針を述べた[12]。11月9日、光本は不出馬を表明[13]。11月18日に行われた市長選で共産党推薦の新人を破り、3選。

※当日有権者数:382,951人 最終投票率:24.71%(前回比:-0.98ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
稲村和美46無所属72,390票78.70%
流目茂70無所属19,596票21.30%(推薦)日本共産党

主張・人物[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度に賛同[14]
  • 尼崎市長選挙は無所属で出馬したが、以前からみどりの政治運動に関わり、虹と緑みどりのテーブルを経てみどりの未来に参加した。みどりのテーブルで共同代表、みどりの未来で共同代表、その後全国協議会委員をそれぞれ務めた[15]。みどりの未来が緑の党グリーンズジャパンに改編されて以降は議決権が無いサポーター会員として関わり、現在は党で唯一現職の市町村長である[16]

脚注[編集]

  1. ^ “兵庫・尼崎市長に38歳稲村氏 全国初、2代続けて女性”. 朝日新聞. (2010年11月21日). http://www.asahi.com/senkyo/news/TKY201011210375.html 2018年11月15日閲覧。 
  2. ^ a b c いなむら和美どっと.こむプロフィール
  3. ^ 兵庫県議会議員選挙(2003年4月13日)
  4. ^ この記録は1年4ヶ月後の2012年1月に36歳の越直美大津市長選で当選し更新
  5. ^ 市長プロフィール尼崎市役所
  6. ^ “女性最年少、初の30代市長誕生 尼崎市の38歳稲村氏”. 47NEWS 共同通信. (2010年11月21日). http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010112101000528.html 2013年6月13日閲覧。 
  7. ^ 毎日jp 2010年11月21日記事
  8. ^ 尼崎市長選挙|尼崎市公式ホームページ
  9. ^ 尼崎市長選挙(2014年11月16日投票)候補者一覧|政治・選挙プラットフォーム【政治山】
  10. ^ “尼崎市長選 現職の稲村市長が立候補を正式表明”. 神戸新聞. (2018年6月5日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011325813.shtml 2018年10月18日閲覧。 
  11. ^ “11月の尼崎市長選 光本市議が立候補の意向”. 神戸新聞. (2018年8月21日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201808/0011561774.shtml 2018年10月18日閲覧。 
  12. ^ “「考えに違い」 尼崎市長選、維新が候補擁立を見送り”. 神戸新聞. (2018年10月18日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201810/0011740376.shtml 2018年10月18日閲覧。 
  13. ^ “尼崎市長選、光本氏が立候補見送りを表明「環境整えられず」”. 神戸新聞. (2018年11月9日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201811/0011804675.shtml 2018年11月14日閲覧。 
  14. ^ 「『夫婦同姓』合憲 兵庫県内も賛否割れる」、神戸新聞、2015年12月16日
  15. ^ 全国協議会委員 (2010年度)みどりの未来ウェブサイト内
  16. ^ [1]

外部リンク[編集]


先代:
白井文
Flag of Amagasaki, Hyogo.svg 兵庫県尼崎市長
第9代:2011年-
次代:
(現職)