久安博忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久安 博忠(ひさやす ひろただ、1900年明治33年)2月25日[1] - 没年不詳)は、日本の内務警察官僚実業家。官選秋田県知事

経歴[編集]

岡山県出身。久安平治郎の二男として生まれる[2]第六高等学校を卒業。1923年12月、高等試験行政科試験に合格。1924年東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業。内務省に入省し社会局属となる[1][2][3]

以後、地方警視として島根県警察部神奈川県警察部長崎県警察部兵庫県警察部各勤務、警視庁警視として総監官房特別高等部各勤務、宮城県書記官・学務部長、栃木県書記官・警察部長、長崎県書記官・警察部長、神奈川県書記官・警察部長、宮城県内政部長などを歴任[1][2]

1944年8月1日、秋田県知事に就任。戦時体制の整備に尽力し、米穀供出の生産供出事前割当制度の実施、秋田県立女子医学専門学校の創設を行った[1]終戦後の1945年10月27日、依願免本官となり退官した[4]。その後、公職追放となり[3]、実業界に転じ鳩物産社長・会長、日本製薬会長を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』182頁。
  2. ^ a b c 『人事興信録』第14版 下、ヒ20頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』230頁。
  4. ^ 『官報』第5644号、昭和20年11月2日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。