力石雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
力石雄一郎

力石 雄一郎(ちからいし ゆういちろう、1876年6月30日 - 1933年3月17日)は、日本の内務官僚政友会系官選府県知事

経歴[編集]

愛媛県喜多郡大洲町(現:大洲市)で、旧大洲藩士・力石八十綱の長男として生まれる。東京に移り、府立一中第一高等学校を経て、1900年7月、東京帝国大学法科大学法律学科を卒業。同年11月、文官高等試験に合格。内務省に入省し地方局属となる。

以後、徳島県参事官岩手県警部長岩手県事務官第四部長、石川県事務官・警察部長、関東都督府大連民政署長、長野県岐阜県の各内務部長などを歴任。

1914年4月、第2次大隈内閣が成立し長野県知事に発令された。以後、大分県茨城県宮城県秋田県新潟県の各知事を経て、1928年5月、大阪府知事に就任。1929年7月に辞任し退官した。

1933年3月17日死去。享年56。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。