永山盛輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永山盛輝

永山 盛輝(ながやま もりてる、1826年9月16日(文政9年8月15日) - 1902年明治35年)1月18日[1][2])は、幕末薩摩藩士、明治期の官僚政治家新潟県令元老院議官貴族院勅選議員錦鶏間祗候男爵。通称・清右衛門、左内、正蔵[3]

経歴[編集]

永山盛輝が筑摩県令時代に書いた鉾持神社長野県伊那市高遠町拝殿の額。

薩摩藩士・永山盛広の息子として生まれる[3]。勘定奉行、江戸留守居役を務め藩政改革に尽力した[4]戊辰戦争では東征軍の薩摩藩兵監軍として従軍し各地に転戦した[3]

明治2年2月28日1869年4月9日)会計官御東幸中用度司判事に就任。その後、大蔵省用度権大佑、民部省監督権大佑を歴任。明治3年6月23日1870年7月21日)伊那県出仕に転じ、租税大佑と同県少参事心得を兼任。同県少参事、同大参事を歴任。明治4年11月20日1871年12月31日)伊那県が廃止となり新たに設けられた筑摩県参事に就任し、1873年3月、同権令に昇進[5]。筑摩県では教育の普及に尽力し、県内を巡回し学制前に郷学校百数十校を設置した[6]1875年10月、新潟県令に転任。戊辰戦争からの復興のため士族女子の救済施設「女紅場」の設置や、小学校の就学率の向上に尽力[4]

1885年4月18日、元老院議官に就任。1890年10月20日、元老院が廃止され非職となり錦鶏間祗候を仰せ付けられ[5]1891年4月21日、非職元元老院議官を依願免本官となる[7]。同年4月15日、貴族院勅選議員に任じられ[8]、死去するまで在任した[9]1900年5月9日、勲功により男爵を叙爵[10]

1902年、死去。

幕末明治の木曽を舞台とした島崎藤村の『夜明け前』に登場する本山盛徳のモデルとされる[11]

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、257-258頁。
  2. ^ 『明治維新人名辞典』719頁では「1月17日」没。
  3. ^ a b c 『明治維新人名辞典』719頁。
  4. ^ a b 『新編日本の歴代知事』399頁。
  5. ^ a b 「職務進退・元老院 勅奏任官履歴原書 永山盛輝」
  6. ^ 『朝日日本歴史人物事典』1227頁。
  7. ^ 『官報』第2340号、明治24年4月22日。
  8. ^ 『官報』第2335号、明治24年4月16日。
  9. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』148頁。
  10. ^ 『明治過去帳』新訂初版、644頁。
  11. ^ 「夜明け前」と馬籠をめぐって有賀光良、日本共産党長野県委員会 『民主長野』2005年1月号
  12. ^ 『官報』第578号「賞勲叙任」1885年6月6日。
  13. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  14. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。
  15. ^ 『官報』第1473号「叙任及辞令」1888年5月30日。
  16. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  17. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  18. ^ 中野文庫・旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』下巻、新人物往来社、2010年。
  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。
  • 太政官「職務進退・元老院 勅奏任官履歴原書 永山盛輝」明治2年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-031-09・職00149100


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
永山(盛輝)家初代
1900年 - 1902年
次代:
永山盛興