米山隆一 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
米山 隆一
よねやま りゅういち
Ryuichi-Yoneyama 2022.5.jpg
2022年5月18日
生年月日 (1967-09-08) 1967年9月8日(55歳)
出生地 日本の旗 日本 新潟県北魚沼郡湯之谷村(現・魚沼市
出身校 東京大学医学部医学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修了
前職 新潟県知事
所属政党自由民主党伊吹派)→)
日本維新の会→)
維新の党→)
民進党→)
無所属→)
立憲民主党階グループ
配偶者 室井佑月 (2020年 - )
公式サイト 米山隆一公式ホームページ

選挙区 新潟5区
当選回数 1回
在任期間 2021年11月3日[1] - 現職

新潟県の旗 公選第20代新潟県知事
当選回数 1回
在任期間 2016年10月25日 - 2018年4月27日[2]
テンプレートを表示

米山 隆一(よねやま りゅういち、1967年9月8日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(1期)、医師医学者弁護士第一東京弁護士会登録、登録番号44124)[3]学位医学博士東京大学2003年)。有限会社セイジロー(セイジロー肉店)代表取締役。元新潟県知事(公選第20代)。

来歴[編集]

新潟県北魚沼郡湯之谷村(現在の魚沼市)出身。父は自衛官[4]。旧姓は愛甲だったが、中学生になるころ父が母の実家に婿養子に入ったため、一家で米山姓に変わった[5]

湯之谷村立井口小学校新潟大学教育学部附属長岡中学校私立灘高校から東京大学理科三類に進学。東京大学医学部医学科卒業。1992年5月、医師免許を取得した。在学中より、東大病院放射線科で研修をし、その後、放射線医学総合研究所に就職し3年間を過ごした[6]

1997年10月に、司法試験に合格した[6]。「東大の寮にいたとき法学部のやつがすごく威張っていた」ため、むかっ腹を立てたことが動機とされる[7]1998年東京大学大学院経済学研究科を、2000年東京大学大学院医学系研究科をそれぞれ単位取得退学。放射線医学総合研究所ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院を経て、2003年に東京大学より医学博士を取得[8]2005年より東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座特任講師。医師としては約14年間働いた[6]

政界入り・自民党出馬

2005年第44回衆議院議員総選挙自由民主党(以下、自民党)公認で新潟5区から立候補した。郵政解散と呼ばれ、全国的には与党自民党に強い追い風が吹いたものの、無所属田中眞紀子に敗れ、比例復活も果たせなかった。2009年第45回衆議院議員総選挙に再び自民党公認で新潟5区から立候補。前回に比べて得票数を伸ばしたものの、総選挙の直前に民主党に入党した田中に大敗を喫した。ただし、尊敬する政治家は田中の父親である田中角栄だと公表している[7]。落選したものの派閥志帥会に所属していた[9]

弁護士時代・日本維新の会時代

司法修習(旧64期)を経て、2011年弁護士登録。おおたか総合法律事務所所属[6]

2012年第46回衆議院議員総選挙では、自民党から日本維新の会に移って新潟5区から立候補したが、比例北陸信越ブロックから国替えした自民党前職で元山古志村長の長島忠美、民主党前職で当時の文部科学大臣だった田中眞紀子の後塵を拝し、落選。2013年第23回参議院議員通常選挙にも日本維新の会公認で新潟県選挙区(定数2)から立候補したが、得票数4位で落選した。2014年に宝珠宗宝珠会の代理人弁護士を務める[10][11]

民進党時代

2016年維新の党が民主党と合流したことで民進党籍になった。その後、新潟県知事選挙への立候補に伴い、離党。

新潟県知事選挙[編集]

新潟県知事選挙で現職の泉田裕彦が不出馬を表明。米山が所属していた民進党は独自候補の擁立を模索したが、途中で断念し、自主投票を決定[12]。唯一の立候補予定者となった前長岡市長の森民夫には自民・公明両党が推薦、民進党の支持団体・連合新潟も支持を決めた[13]。無投票の公算も出てくるなか、原発再稼働に慎重姿勢だった泉田の路線を引き継げる候補を模索していた共産・生活(のち自由[14]社民3党や市民団体の要請を受ける形で、米山は2016年9月23日、民進党を離党し、新潟県知事選に無所属で立候補する意向を表明した[15]。国政選挙に出馬した際は原子力発電所の再稼働を主張していたが、知事選では、立候補を断念した泉田の「東京電力福島第一原発事故の検証なしに、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働の議論はできない」と、慎重な姿勢を強く打ち出して「泉田路線」の継承を掲げた[16]新社会党[17]緑の党[18]からも推薦を受けた。7月の第24回参議院議員通常選挙で野党統一候補として自民党現職の中原八一を破った自由党県連代表の森裕子が選挙対策本部長に就任[19]。自主投票の民進党の動きは当初鈍かったが、前原誠司江田憲司[20]松野頼久[21]らが応援に駆け付け、風間直樹[22]ら地元選出議員も支援。最終盤では蓮舫代表も応援に入った。

選挙戦の終盤まで激戦が報じられていたが[23]10月16日の投開票の結果、森に約6万3千票差をつけ、初当選した[24]。当選後も、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働への慎重姿勢は継続[25]10月25日新潟県庁に初登庁し、正式に新潟県知事に就任した[26]

※当日有権者数:1,944,050人 最終投票率:53.05%(前回比:+9.1pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
米山隆一49無所属528,455票52.2%社会民主党自由党日本共産党推薦
森民夫67無所属465,044票45.9%自由民主党公明党推薦・連合新潟支持
後藤浩昌55無所属11,086票1.1%
三村誉一70無所属8,704票0.8%

米山県政[編集]

買春疑惑に伴う辞職[編集]

2018年4月18日の記者会見において米山は、買春疑惑に対して「売買春と言われる可能性はあると思う」と発言[27]、正式に辞職する意向を表明[28]した(詳細は後述の「不祥事」の項目を参照)。同日、県議会議長に辞職願を提出した[29]。27日に開かれた新潟県議会の臨時議会において全会一致で辞職が同意され、同日付で知事を辞職した[30]。約1年半の在職期間は歴代新潟県知事で最短となった[31]

2019年1月20日、『サンデージャポン』(TBS系列)にコメンテーターとして出演。辞職から9カ月ぶりに公の場に登場した[32][33]

結婚[編集]

2019年11月頃、元経済産業省官僚の古賀茂明作家タレント室井佑月を紹介され、その後交際を始める[34]。2020年5月9日、室井佑月と近日中に結婚する事が報道され[35]、米山本人もTwitterで発表した[36]。室井は再婚となる[37]。5月10日、米山の出身地である魚沼市役所に婚姻届を提出[34]した。2021年4月18日、長岡市の蒼柴神社で挙式[38][39]

衆院選再出馬[編集]

2020年7月10日、次期衆議院選挙において、新潟5区から無所属で出馬する意向であることが報じられた[40]。同年9月12日、日本共産党県委員会の樋渡士自夫委員長、立憲民主党県連の西村智奈美代表、国民民主党県連の梅谷守代表とそれぞれ面会。推薦を求める要望書を手渡した[41][42]。同年11月に立憲民主党から[43]、2021年8月には社民党から推薦がなされた[44]。10月31日に投開票が行われた第49回衆議院議員総選挙で、自民党現職の泉田裕彦と無所属の森民夫を破り当選した(泉田は比例復活)[45][46][47]。11月10日、無所属議員のまま立憲民主党の院内会派に参加[48]

2022年9月27日、立憲民主党に入党した[49]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2013年の朝日新聞社のアンケートで回答しなかった[50]。同年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[51]。2021年の朝日新聞社のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答し[52]、同年のNHKのアンケートで「どちらとも言えない」と回答[53]
  • 9条改憲について、2013年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[51]。「憲法9条を改正して、自衛権を明記し、国防軍の保持を規定すべきだ」との問題提起に対し、2013年の朝日新聞社のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[50]。憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のNHKのアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[53]

外交・安全保障[編集]

  • 「集団的自衛権を行使できるよう、憲法解釈を見直すべきだ」との問題提起に対し、2013年の毎日新聞社のアンケートで「見直すべき」と回答[51]
  • 「他国からの攻撃が予想される場合には先制攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2013年のアンケートで「賛成」と回答[50]。2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[52]
  • 「北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2013年、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[50][52]
  • 従軍慰安婦に対する旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直し議論について、2013年の毎日新聞社のアンケートで「見直すべき」と回答[51]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[52]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[53]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「賛成」と回答[52]
  • クオータ制の導入について、2021年のNHKのアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[53]

原子力政策[編集]

  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のNHKのアンケートで「ゼロにすべき」と回答[53]

その他[編集]

  • 「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」との問題提起に対し、2013年、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[50][52]
  • 首相の靖国神社参拝について、2013年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[50]

人物[編集]

寳珠宗寳珠会との関わり[編集]

熊本県西原村へ新興宗教団体である「泰道」後継団体・寳珠宗寳珠会(宝珠宗宝珠会)の元会長で開祖の開俊久が土地の買い占めが2013年に発覚した。開は、泰道(寳珠会)の実質的教祖とされる人物であるため、オウム真理教のような進出疑惑が取り沙汰され、『西原村を守る会』が発足していた。西原村はオウム真理教の問題があった波野村の近くで、当時の記憶が生々しく残っている西原村の人は「あんなことがあっては大変』と危惧していた[10]。2014年3月に『西原村を守る会』の中心メンバーに対し、SLAPP訴訟を起こした際の宝珠宗宝珠会の代理人弁護士を務めた。やや日刊カルト新聞を運営する藤倉善郎は、当時質問状を送った相手が米山であったため、2016年10月の新潟知事選挙で共産党・社民党などが推薦し民進党の一部の支援を受けて米山が当選した際に「手かざしハンドパワーで財産を収奪し違法な活動を行なっていたとの判決を受けた泰道。その後継団体の代理人が新潟県知事となる。」と報した[10][11]

県議会議員からの指摘[編集]

Twitter新潟県政に関わることよりも、自身の思想、国政や日本社会の風潮などへの懸念に関する発言が多く、県政と関係のない投稿で軋轢を招くような事態をたびたび起こしていることが報じられている。これに関して自民党県議会議員からも「県益を損なう」「場外乱闘」などといった批判がなされている[56]

米山はTwitterでの発信に熱中している理由として「言わずにはいられない、言って実現したい人が政治家になる。人間の言葉が人を変えうるという、ある種『クレージー』な面がある。政治家の本能です。 」と説明しており、軋轢を招く発言についても、ドナルド・トランプがTwitterで過激な発言を繰り広げて支持を集めた例を挙げ、「悪名は無名に勝る」として意識的に行っていると述べている[57][58]

石平との論争[編集]

中国民主化運動にかかわり、その後日本に帰化した石平が、官房長官の定例記者会見での東京新聞記者の望月衣塑子の行動について、2017年9月9日に「彼女のやっていることは、何のリスクもない民主主義国家で意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ。そんなのを『権力と戦う』とは、吐き気を催すほどの自惚れだ!」と批判した[59][60]ことについて、米山は「望月記者は自国の政府に対し直接対峙している。一方石平氏は今や、祖国を離れ、独裁政権と批判する中国政府と直接対峙することなく日本人向けに中国政府批判を展開しているに過ぎない。闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う」とTwitterで石平の発言を批判した[61]

石平は、「彼(米山)は意図的に人権侵害を平気で行う中国の独裁政権と民主主義の手続きで選ばれた日本政府と混同している。この本質の差を無視して一方的に私を攻撃するとは公人としては不見識であり卑劣でさえある」、「帰化人の私にとっても日本政府は自国の政府だ。しかし米山氏は望月記者に関してだけ『自国の政府』の表現を使うが、私を中国政府と結びつける。それは明らかに帰化人を日本人と認めない排外主義的態度だ!」と反論した[61]。米山は「要するに私の申し上げているのは、どこかの独裁国家ならいざ知らず、石平氏の母国である民主主義国家の日本では、『権力と戦う』のに何のリスクも無い状況で言論によって対峙するのは当たり前なのであって、(中略)氏の指摘は全く当たらないという事です。」などと反論した。一連のやり取りについて産経新聞は、「Twitterユーザーから『ヘイト的だ』『差別発言』『見苦しい』『謝れないのか』といった厳しい声があがった」と報じた[62]。なおそれに対して、米山は「中国人の楊敬さんという人は、米国在住のアジア系住民の見分け方についてこう語る。目が澄み切っているのは日本人、狡獪な目をするのは韓国人、そして目つきが狂暴なのは中国人、というところであるという。なるぼと、実に言い得て妙である。」[63]という石平のツイートを引用して、「帰化によって中国人から日本人になられた氏の目つきは、今現在凶暴なのか澄み切っているのか中々興味深いところですが」とし、続けて「帰化したんだから澄み切っているに決まっているだろ!そんなことを言うのは差別だ!とかと言うのはなしでお願いします」と主張した[64]

大阪府知事からの提訴[編集]

2018年1月、大阪府立高の頭髪指導訴訟をめぐるツイッターの投稿で名誉を傷つけられたとして、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事が米山に550万円の損害賠償を求め大阪地裁に提訴した。米山は府立高校の責任者は「維新の松井さん」と記した後、「異論を出したものをたたきつぶし党への恭順を誓わせてその従順さに満足する」などと投稿し、この内容に対して、松井は「(松井が)党内でまるで『独裁者』であるかのように振る舞っているとの印象を抱かせる」と指摘し、社会的評価を低下させたと主張している。これに対して米山は、該当の発言は日本維新の会の丸山穂高衆院議員を批判していた橋下徹前代表に対するものだと反論。「何度も誤読だとツイッターで指摘したが、受け入れられなかった。仮に松井氏への批判と受け取られる可能性があったとしても、公党の代表に対する論評の範囲だ」として名誉毀損には当たらないと主張した[65][66]2018年9月に大阪地裁が米山に33万円の賠償を命じる判決を出した事を受け、米山は控訴[67]2019年2月21日、「相互に賠償義務がないと確認する」などとした上で両者の間で和解が成立した[68]

旧統一教会との関わり[編集]

2022年10月4日、現在所属する立憲民主党は、米山がの2009年に行われた第45回衆議院議員総選挙で自民党公認で新潟5区から立候補した際、旧統一教会の関連団体の数人を選挙スタッフのボランティアとして受け入れたほか、関連団体の事務所で選挙演説を行っていたことが判明したと発表した。岡田克也幹事長は、記者会見で「米山氏が当時、自民党の公認候補として立候補していたとはいえ、現在は立憲民主党の議員なので、調査結果に加えることにした」と説明した。これに対して、国際政治学者三浦瑠麗は自身のTwitterで、「過去調査は政党が勝手にやればいいけど、有権者はずーっとこのニュースを聴いていたいかといえば、そんなことないんじゃないか」と疑問を呈するツイートした。一方、フリーライター藤倉善郎は「立憲は従来から、立憲以前のケースについても現在の所属議員について公表してきたので、立憲に入った米山氏についても同様ということなんでしょう。その点でむしろ立憲の一貫性を評価すべきで、立憲に問題があるって話ではない」と理解を示すツイートした。[69][70][71]

不祥事[編集]

援助交際報道[編集]

2018年4月16日、ハッピーメール(出会い系マッチングサイト)で知り合った20代の女子大学生に金品を渡して援助交際していたとする記事が週刊文春に報じられる予定であることを受け、知事を辞職する方向で支援者らと対応を協議した[72][73][74]。18日の記者会見において米山は、3、4年前から知事就任後の2016年12月まで断続的に複数の交際女性へ金銭を渡した行為が「売買春と言われる可能性はあると思う」と発言[75]、正式に辞職する意向を表明[76]した。

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 38 新潟5区 自由民主党 8万2993票 40.25% 1 2/3 7/5
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 41 新潟5区 自由民主党 8万6453票 41.14% 1 2/5 6/4
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 45 新潟5区 日本維新の会 3万5720票 20.29% 1 3/4 4/3
第23回参議院議員通常選挙 2013年7月21日 45 新潟県選挙区 日本維新の会 10万7591票 10.14% 2 4/8 /
新潟県知事選挙 2016年10月16日 49 ―― 無所属 52万8455票 52.15% 1 1/4 /
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 54 新潟5区 無所属 7万9447票 44.96% 1 1/3 /

脚注[編集]

  1. ^ 令和3年11月3日新潟県選挙管理委員会告示第87号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人)
  2. ^ 平成30年4月臨時会議決結果”. 新潟県 (2018年4月27日). 2017年4月27日閲覧。
  3. ^ 弁護士紹介 弁護士法人おおたか総合法律事務所
  4. ^ 自身のTwitter 2016年11月28日
  5. ^ 米山隆一の10年先のために - 魚沼市七日市、七日市新田でミニ集会を行ないました
  6. ^ a b c d 医師から弁護士、そして政治家へ - 米山隆一・新潟県知事に聞く(医療維新)
  7. ^ a b スポーツ報知 社会面
  8. ^ NAID 500000290222
  9. ^ @RyuichiYoneyama (2022年10月14日). "2022年10月14日 米山 隆一" (ツイート). Twitterより2022年10月14日閲覧
  10. ^ a b c 鈴木エイト (2014年4月30日). “やや日刊カルト新聞: 熊本県西原村に“泰道”後継団体の関連NPOが進出?「大物政治家が村に圧力」地元住民の不安募る”. やや日刊カルト新聞. 2021年10月30日閲覧。
  11. ^ a b やや日刊カルト新聞: 新潟県新知事は“泰道”後継団体の代理人”. archive.vn (2021年9月22日). 2021年10月30日閲覧。
  12. ^ “時間、選択肢限られ挫折 知事選で民進県連”. 新潟日報. (2016年9月14日). http://www.niigata-nippo.co.jp/feature/chijisen2016/20160914279621.html 2016年10月25日閲覧。 [リンク切れ]アーカイブ
  13. ^ “連合新潟が森氏を「支持」 知事選 民進県連と対応割れる”. 新潟日報. (2016年9月15日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20160915279787.html 2016年10月25日閲覧。 
  14. ^ 選挙期間中の10月12日に「生活の党と山本太郎となかまたち」から「自由党」に政党名を変更。
  15. ^ “新潟県知事選 米山氏、民進離党し出馬へ 泉田路線継承…3野党推薦へ”. 産経新聞. (2016年9月24日). https://www.sankei.com/article/20160924-6YLLSAL5KBKFNFGS4MYJFOFQ4Y/ 2016年10月25日閲覧。 
  16. ^ “新潟県知事選、野党3党に推され東大卒の医師が出馬表明 前長岡市長と一騎打ちへ”. 産経新聞. (2016年9月23日). https://www.sankei.com/article/20160923-ENEESBLLDJMUVBQ2OOAUHGR37E/ 2016年10月25日閲覧。 
  17. ^ “新潟県知事選挙 争点は原発再稼働社会民主党自由党日本共産党”. 週刊新社会. (2016年10月11日). http://www.sinsyakai.or.jp/sinsyakai/archive/00_pickup/2016/1601011/161011.html 2016年10月25日閲覧。 
  18. ^ 【選挙】9/29~10/16新潟県知事選挙 米山隆一さんを推薦します - 緑の党
  19. ^ “新潟県知事選 主要2候補の選対責任者に聞く”. 産経新聞. (2016年10月15日). https://www.sankei.com/article/20161015-DAMZF6TPMZMJ7ACEWWWBALQY6E/ 2016年10月25日閲覧。 
  20. ^ “【新潟県知事選】民進党・蓮舫代表、急きょ新潟入り 自主投票のはずが「熱い思いを昨日電話で聞いて駆けつけた」”. 産経新聞. (2016年10月14日). https://www.sankei.com/article/20161014-CM7UJXE2HVKUBDYMSQNANURSTA/ 2016年10月25日閲覧。 
  21. ^ “野党と市民の力で米山知事誕生を 新潟知事選 共同街宣 志位委員長が訴え 小沢生活代表・福島社民副党首・松野民進衆院議員とともに”. しんぶん赤旗. (2016年10月8日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-08/2016100801_01_1.html 2016年10月25日閲覧。 
  22. ^ “新潟知事選 野党と市民が熱い応援 米山さん猛追 大激戦 再稼働ノーで未来開く”. しんぶん赤旗. (2016年10月12日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-12/2016101203_02_1.html 2016年10月25日閲覧。 
  23. ^ “森氏やや先行、米山氏猛追 新潟知事選の情勢調査”. 朝日新聞. (2016年10月9日). http://www.asahi.com/articles/ASJB94R8VJB9UZPS001.html 2016年10月25日閲覧。 
  24. ^ “新潟知事に再稼働慎重派の米山氏 自公系候補らを破る”. 朝日新聞. (2016年10月16日). http://www.asahi.com/articles/ASJBJ5JQ8JBJUTIL00Z.html 2016年10月25日閲覧。 
  25. ^ “原発再稼働反対の米山氏が当選確実 新潟知事選”. 日本経済新聞. (2016年10月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB16H3W_W6A011C1000000/ 2016年10月25日閲覧。 
  26. ^ “米山新潟県知事が初登庁「福島事故検証進める」”. 東京新聞. (2016年10月25日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016102501001505.html 2016年10月25日閲覧。 
  27. ^ “【新潟県知事女性問題】臨時会見で吐露「好きになるのは、最終的には肉体関係を持ちたい気持ちと重なる」一問一答”. 産経新聞. (2018年4月19日). https://www.sankei.com/affairs/news/180419/afr1804190001-n1.html 2020年5月18日閲覧。 
  28. ^ “新潟県の米山知事が辞職の意向固める”. TBS NEWS. (2018年4月16日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3344384.html 2018年4月17日閲覧。  株式会社毎日放送(MBS)「MBS 全国のニュース」『』。2018年4月16日閲覧。
  29. ^ “米山新潟知事が辞職=女性問題で引責”. 時事通信. (2018年4月18日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2018041800709&g=pol 2018年4月19日閲覧。  “新潟知事辞任:「中年男性がのぼせたということ」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年4月18日). オリジナルの2018年4月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180418144925/https://mainichi.jp/articles/20180419/k00/00m/040/065000c 2018年4月19日閲覧。 
  30. ^ “米山知事の辞職、全会一致で同意 新潟県議会”. 朝日新聞. (2018年4月27日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASL4W5QV0L4WUOHB00X.html 2018年4月27日閲覧。 
  31. ^ 歴代最短、米山県政に幕 にじみ出る後悔の言葉毎日新聞 2018年4月27日
  32. ^ “前新潟県知事が“サンジャポ”生出演、NGT48山口暴行事件に言及”. サンケイスポーツ. (2019年1月19日). https://www.sanspo.com/article/20190119-WIIC4IIGFRMQPBA3SZQSP4AZII/ 2019年1月21日閲覧。 
  33. ^ “元新潟県知事 NGT48問題を憂慮「もっとパブリックな運営を」”. スポニチアネックス. (2019年1月20日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000090-spnannex-ent 2019年1月21日閲覧。 
  34. ^ a b 室井佑月氏に米山隆一前新潟県知事がバック宙「披露する」…結婚報道一夜明け婚姻届提出を発表” (日本語). Yahoo!ニュース(2020年5月10日). 2020年5月10日閲覧。
  35. ^ “室井佑月 前新潟県知事の米山隆一氏と結婚、昨年末から交際”. スポーツニッポン. (2020年5月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/09/kiji/20200509s00041000312000c.html 2020年5月9日閲覧。 
  36. ^ 隆一, 米山 (2020年5月9日). “新型コロナの事がありますので余り大事にしない様にと思いご報告を控えておりましたが報道されている通り室井佑月さんと近日中に入籍の予定です。大変ご迷惑をおかけしたにも関わらずここまで様々に支えて下さった皆様に心から御礼申し上げます。今後ともご指導ご鞭撻の程どうぞ宜しくお願い致します。” (日本語). @RyuichiYoneyama. 2020年5月9日閲覧。
  37. ^ 室井佑月と米山隆一氏 結婚へ” (日本語). Yahoo!ニュース(2020年5月9日). 2020年5月9日閲覧。
  38. ^ “米山隆一氏、室井佑月と挙式「私が言うのも何ですが、美人ですよね」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2021年4月18日). https://www.sanspo.com/article/20210418-ILBD7IMJ6NKQ7BRQWXM2UBPPBA/ 2021年4月19日閲覧。 
  39. ^ 勝野淳一著『国会議員と地方議員との関係に関する考察 : 地方議員は集票マシーンか』(展転社、2022年)127ページ
  40. ^ 米山隆一氏、衆院5区立候補の意向” (日本語). 新潟日報 (2020年7月10日). 2020年7月10日閲覧。
  41. ^ 北村秀徳 (2020年9月13日). “次期衆院選 米山前知事、無所属で新潟5区から出馬意向”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200913/k00/00m/010/081000c 2020年9月14日閲覧。 
  42. ^ 前新潟県知事の米山隆一氏が、共産党、立憲民主党、国民民主党に推薦願を提出。衆議院新潟5区から「無所属で出たい」” (日本語). 新潟県内のニュース|にいがた経済新聞. 2021年10月30日閲覧。
  43. ^ Nippo, The Niigata. “Cookieを有効にしてください|新潟日報モア” (日本語). 新潟日報モア. 2021年10月30日閲覧。
  44. ^ 新潟5区で米山氏推薦 社民:時事ドットコム”. www.jiji.com. 2021年10月30日閲覧。
  45. ^ 衆議院選挙2021 新潟(長岡・三条など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  46. ^ 【2021年 衆院選】北陸信越ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  47. ^ 新潟5区、野党系の米山隆一氏が当確 泉田氏との「元知事対決」制す” (日本語). 朝日新聞. 2021年11月2日閲覧。
  48. ^ 特別国会 新潟県関係の国会議員11人初登院新潟放送2021年11月10日付
  49. ^ “米山隆一氏、立民に入党”. 時事ドットコム. (2021年9月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022092700737&g=pol 2022年9月27日閲覧。 
  50. ^ a b c d e f g 新潟県選挙区”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2013参院選. 朝日新聞社. 2022年5月24日閲覧。
  51. ^ a b c d e 新潟 米山隆一”. 2013 参院選. 毎日新聞社. 2022年5月24日閲覧。
  52. ^ a b c d e f 米山隆一”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  53. ^ a b c d e 新潟5区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  54. ^ “「維新」原発政策混乱 石原代表の公約「見直し」発言 一夜明け幹事長が否定 小選挙区候補は「原子力賛成」”. しんぶん赤旗. (2012年12月2日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-12-02/2012120202_01_1.html 
  55. ^ “反原発で当選、米山新潟知事のぶれる信念 推進派から“豹変””. 週刊新潮 (2016年11月3月号). https://www.dailyshincho.jp/article/2016/11030559/?all=1. 
  56. ^ “米山隆一・新潟県知事のツイート「県益損なう」「場外乱闘は自粛を」 自民が県議会で批判”. 産経新聞. (2017年9月27日). https://www.sankei.com/article/20170927-Z7I4E5LT6BNOJACGKHIENTHR5Y/ 2017年9月29日閲覧。 
  57. ^ “つぶやく知事に聞いた「保守的な空気、リベラルのせい」”. 朝日新聞. (2017年5月1日). http://www.asahi.com/articles/ASK4P3W04K4PUOHB008.html 
  58. ^ “百田尚樹氏は「もはや危険人物」…新潟・米山隆一知事のSNSが止まらない 投稿は「娯楽」 執務中?の書き込みも”. 産経新聞. (2017年5月6日). https://www.sankei.com/article/20170506-DXVCKSNU5FMF7NLCUMBHRPA67U/ 
  59. ^ “東京新聞の望月衣塑子記者を、中国民主化運動に身を投じた石平氏が痛烈批判 「権力と戦うとは…彼女のやってるのは吐き気を催すうぬぼれだ!」 (1/2)”. 産経新聞. (2017年9月9日). https://www.sankei.com/article/20170909-UPSSSA4WQRPFBGTHEDFTUUCWQI/ 
  60. ^ “東京新聞の望月衣塑子記者を、中国民主化運動に身を投じた石平氏が痛烈批判 「権力と戦うとは…彼女のやってるのは吐き気を催すうぬぼれだ!」 (2/2)”. 産経新聞. (2017年9月9日). https://www.sankei.com/article/20170909-UPSSSA4WQRPFBGTHEDFTUUCWQI/2/ 
  61. ^ a b “新潟・米山隆一知事が石平氏投稿に「吐き気を催すほど醜悪」とツイート「差別発言」の批判相次ぐ (1/2)”. 産経新聞. (2017年9月11日). https://www.sankei.com/article/20170911-D2VVOLHKWBMJ7O6PO6L7QGSMFU/ 
  62. ^ “新潟・米山隆一知事が石平氏投稿に「吐き気を催すほど醜悪」とツイート「差別発言」の批判相次ぐ (2/2)”. 産経新聞. (2017年9月11日). https://www.sankei.com/article/20170911-D2VVOLHKWBMJ7O6PO6L7QGSMFU/2/ 
  63. ^ liyonyonのツイート(423952555345866752)
  64. ^ “石平氏は何に怒っているのか?”. BLOGOS. (2017年9月11日). http://blogos.com/article/245859/ 2017年12月8日閲覧。 
  65. ^ “大阪府知事、新潟県知事を提訴”. ロイター. (2018年1月18日). https://jp.reuters.com/article/idJP2018011801001296 
  66. ^ “新潟知事のツイートは名誉毀損? 大阪・松井知事が提訴”. 朝日新聞. (2018年1月18日). https://www.asahi.com/articles/ASL1L44KCL1LPTIL00Q.html 
  67. ^ “米山前新潟知事に賠償命令 33万円、松井府知事巡る投稿”. 日本経済新聞. (2018年9月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35599190Q8A920C1ACYZ00/ 2019年5月9日閲覧。 
  68. ^ “大阪知事と前新潟知事が和解 ツイッター巡る訴訟、高裁”. 日本経済新聞. (2019年2月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41586750R20C19A2000000/ 2019年5月9日閲覧。 
  69. ^ 立民 米山隆一議員 2009年衆院選で旧統一教会関連団体と関わりNHK 2022年10月4日
  70. ^ 三浦瑠麗Twitter 2022年10月6日
  71. ^ 藤倉善郎@やや日刊カルト新聞Twitter 2022年10月5日
  72. ^ 米山知事が辞職表明「中年男性ののぼせ上がり」 女子大生との援交「週刊文春」に|上越タウンジャーナル”. archive.md (2020年9月8日). 2021年11月1日閲覧。
  73. ^ 新潟県知事のパパ活問題にみるエリート中年がしがちな勘違い | 女性自身”. archive.md (2021年11月1日). 2021年11月1日閲覧。
  74. ^ 米山知事が「女性問題」で辞任 女子大生との「援助交際」、法的な問題は? - 弁護士ドットコム”. archive.md (2021年11月1日). 2021年11月1日閲覧。
  75. ^ “【新潟県知事女性問題】臨時会見で吐露「好きになるのは、最終的には肉体関係を持ちたい気持ちと重なる」一問一答”. 産経新聞. (2018年4月19日). https://www.sankei.com/affairs/news/180419/afr1804190001-n1.html 2020年5月18日閲覧。 
  76. ^ “新潟県の米山知事が辞職の意向固める”. TBS NEWS. (2018年4月16日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3344384.html 2018年4月17日閲覧。  株式会社毎日放送(MBS)「MBS 全国のニュース」『』。2018年4月16日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
泉田裕彦
新潟県の旗 新潟県知事
公選第20代:2016年 - 2018年
次代
花角英世