泉田裕彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:泉田裕彦の正面からの顔写真(許可をとったもので、人物のわかる写真)の画像提供をお願いします。2014年7月
泉田 裕彦
いずみだ ひろひこ
生年月日 (1962-09-15) 1962年9月15日(55歳)
出生地 日本の旗 新潟県加茂市
出身校 京都大学法学部
前職 国家公務員(通商産業省・経済産業省
所属政党 無所属→)
自由民主党二階派
公式サイト こんにちは泉田です。

選挙区 新潟5区
当選回数 1回
在任期間 2017年10月25日[1] - 現職

新潟県の旗 公選第17・18・19代 新潟県知事
当選回数 3回
在任期間 2004年10月25日 - 2016年10月24日
テンプレートを表示

泉田 裕彦(いずみだ ひろひこ、1962年9月15日 - )は、日本政治家衆議院議員(1期)。通産・経産官僚新潟県知事(民選第17・18・19代)、前中央防災会議委員。

来歴[編集]

新潟県加茂市生まれ。加茂市立加茂小学校、加茂市立加茂中学校、新潟県立三条高等学校京都大学法学部卒業。1987年、通商産業省(現:経済産業省)に入省した。入省同期に、衆議院議員棚橋泰文がいる。ブリティッシュコロンビア大学客員研究員や資源エネルギー庁(石油部精製課統括班長)・産業基盤整備基金(総務課長)への出向を経て、1998年6月より通商産業省大臣官房秘書課長補佐。2001年国土交通省へ出向し貨物流通システム高度化推進調整官を務める。2003年からは岐阜県庁へ出向し、知事公室参与や新産業労働局長を務めた後、退官した。

2004年、3期12年にわたり新潟県知事を務めていた平山征夫知事が4選不出馬を表明した。これを受け、それまでは日本共産党を除くオール与党体制で平山知事を支えてきた各党が候補擁立に動き出した。民主党新潟県連及び社会民主党8月25日、元新潟大学教授(当時は早稲田大学社会科学部教授)の多賀秀敏を擁立して連合新潟の支持をいち早く取り付け、8月中旬に知事選出馬の意向を表明していた無所属黒岩宇洋参議院議員(のちに民主党に入党)は出馬を見送った。一方で、民主党内の渡辺秀央郵政大臣保守系勢力は泉田の擁立に向けて動き出す。また同時期、自由民主党は当時内閣府参事官を務めていた、新潟県立高田高等学校OB総務省キャリア官僚の擁立を模索しており、その他にも前回の知事選に出馬して平山知事に敗れた元新津市長、元上越市長で新潟県議会議員の宮越馨2000年の知事選では元新津市長を支持)、長岡市長の森民夫、前新潟県副知事らも立候補に意欲を示していた。

結局前出の総務省キャリア官僚や森長岡市長、前副知事は出馬を見送ったものの、自民・公明両党による泉田への候補者の一本化が8月28日までずれ込んだ上、泉田以外にも元新津市長と宮越の2候補が出馬したため、保守系候補が乱立した状態で選挙戦がスタートする。一方、民主党内でも泉田と多賀への支持が割れており、9月に入ってから泉田への支持を表明した地元の財界や小池清彦加茂市長ら、県央地区関係者の尽力により、新潟長岡両市では得票数が多賀を下回ったものの、泉田が初当選を果たした[2]。当選時は42歳で、全国最年少であった。知事に就任する前日の10月23日新潟県中越地震が発生し、泉田知事は就任当日から震災対応や被災地の復興に追われた。2007年読売新聞が実施した「全国知事支持率世論調査」では、調査対象の全46都道府県(知事選が実施されていた群馬県は除外)の中で全国4位の支持率(70.5%)を、朝日新聞が実施した世論調査では全国6位の支持率(69%)及び全国45位の不支持率(8%)を記録した。

2008年の新潟県知事選挙で再選、2012年の新潟県知事選挙で3選。

2016年の新潟県知事選挙に向け、同年2月の新潟県議会で4選を目指して立候補する意向を表明していたが[3]、8月30日、県が出資する企業の中古フェリー購入問題に関して、地元紙・新潟日報が憶測記事や事実に反する記事を掲載し続けているとして、「このままでは十分に訴えを県民の皆様にお届けすることは難しい」と立候補の撤回を表明[4]。10月24日に任期満了に伴い退任した。

2017年9月27日自由民主党第48回衆議院議員総選挙新潟5区に泉田を公認候補として擁立することを決定した[5][6]。選挙戦では無所属の前魚沼市長・大平悦子を破り初当選した[1]。同年10月26日、志帥会(二階派)に入会[7]

政策・主張[編集]

新潟州構想[編集]

2011年1月25日、泉田知事及び篠田昭新潟市長の連名で、新潟県・新潟市を解体し二重行政を解消するための「新潟州構想」を提唱した[8]

東日本大震災の瓦礫の焼却処理[編集]

2013年2月14日三条市柏崎市による東日本大震災で生じた瓦礫の焼却処理について、水俣病の場合は原因企業の関係者が刑事責任を問われたことに言及し、「健康被害を受ける人が出ると傷害。それによって亡くなれば傷害致死と言いたいが、分かっていてやったら殺人に近い」と批判した[9][10]

柏崎刈羽原子力発電所の再稼働[編集]

東京電力柏崎刈羽原子力発電所柏崎市)の再稼働について、2011年3月の東京電力福島第一原発事故後は「福島事故の検証なしに再稼働の議論はしない」と一貫して主張し続けた。2013年7月、東京電力が柏崎刈羽原発の再稼働に向けた安全審査を政府に申請した際には、事前に説明がなかったとして「申請をしていくのは国民の理解を得られるとは到底思えない。地元に対する説明も一切ない」と強い不快感を表明[11]。東京電力の広瀬直己社長と会談し、「なぜ急いだのか」と、東京電力の姿勢を批判した[12]

人物[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成29年(2017年)10月25日新潟県選挙管理委員会告示第79号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人)
  2. ^ 新潟県知事一覧#2004年10月17日
  3. ^ “泉田知事、4選出馬の意向表明 県議会定例会本会議”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2016年2月26日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20160226274024.html 2016年8月30日閲覧。 
  4. ^ “新潟県の泉田裕彦知事、今秋の知事選への出馬撤回「憶測記事や事実に反する報道が続いた」…新潟日報の報道が主な理由”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2016年8月30日). http://www.sankei.com/politics/news/160830/plt1608300015-n1.html 2016年8月30日閲覧。 
  5. ^ “【衆院選】自民党、泉田裕彦氏ら1次公認へ”. 産経新聞. (2017年9月27日). http://www.sankei.com/politics/news/170927/plt1709270081-n1.html 2017年10月18日閲覧。 
  6. ^ 泉田裕彦前知事の擁立決定 自民支部 衆院新潟5区補選”. 産経新聞 (2017年9月13日). 2017年9月13日閲覧。
  7. ^ “中曽根康弘元首相の孫・康隆氏ら5人が二階派入り 44人に”. 産経新聞. (2017年10月26日). http://www.sankei.com/smp/politics/news/171026/plt1710260018-s1.html 2017年11月11日閲覧。 
  8. ^ 「新潟州」知事と新潟市長が提唱…二重行政排除
  9. ^ 知事、怒り爆発「殺人に近い」…震災がれき焼却
  10. ^ 東日本大震災:がれき埋め立て、知事「殺人に近い」 柏崎、三条市は作業継続 /新潟- 毎日jp(毎日新聞) 2013年2月23日新潟日報「窓」お答えします
  11. ^ <東電再稼働申請へ>新潟知事が不快感「信頼関係を破壊」毎日新聞、2013年7月2日。
  12. ^ 新潟県と東電の会談物別れ 拙速対応に強く反発神戸新聞2013/7/5
  13. ^ 留保文書(「岐阜県裏金問題について」)
  14. ^ 岐阜県裏金問題について(2006年12月13日)
    岐阜県裏金問題における個人隠蔽者について等の所感(2006年12月25日)
    岐阜県裏金問題における「議長声明」について(2007年01月19日)
    岐阜県裏金問題についてのコメント(2007年05月11日)
  15. ^ アマチュア無線局 7K1KJK ex. JHφCPA

外部リンク[編集]

公職
先代:
平山征夫
新潟県の旗 新潟県知事
公選第17・18・19代:2004年 - 2016年
次代:
米山隆一