三谷英弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三谷 英弘
みたに ひでひろ
20200918Mitani Hidehiro.jpg
公式肖像写真(2020年公表)
生年月日 (1976-06-28) 1976年6月28日(45歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県藤沢市
出身校 東京大学法学部
ワシントン大学ロースクール
前職 TMI総合法律事務所勤務
所属政党みんなの党→)
無所属→)
自由民主党菅義偉G
称号 法学士
公式サイト みたに英弘 公式サイト

選挙区比例東京ブロック東京5区)→)
比例南関東ブロック神奈川8区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月21日[1]-2014年11月21日
2017年10月25日 - 現職
テンプレートを表示

三谷 英弘(みたに ひでひろ、1976年6月28日 - )は、日本政治家弁護士(登録番号:29074、第二東京弁護士会[2])。自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

文部科学大臣政務官内閣府大臣政務官(東京オリンピック・パラリンピック担当)兼復興大臣政務官

経歴[編集]

政策・主張[編集]

憲法問題[編集]

  • 憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[16][17]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「憲法裁判所を設置する」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[18]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[19]
  • 安全保障関連法の成立について、2017年のアンケートで「評価する」と回答[16]

ジェンダー問題[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[16]。2021年のアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答[17]
  • 2021年1月30日、三谷ら自民党国会議員有志50人は、47都道府県議会議長のうち同党所属の約40人に、選択的夫婦別姓の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を郵送した。地方議員や市民団体は、地方議会の独立性を脅かす行為だとして三谷らを批判した[20][21][22][23][24]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[19]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「賛成」と回答[17]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[19]

その他[編集]

  • 将来も原子力発電は電力源のひとつとして保つべきだ[16]
  • 原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所は運転を再開すべきだ[16]
  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「下げるべき」と回答[19]
  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、「どちらかといえば賛成」と回答[17]
  • 日本の防衛力はもっと強化すべきだ[16]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ[16]
  • アベノミクスについて、2017年のアンケートで「評価する」と回答[16]
  • 安倍内閣による森友学園問題加計学園問題への対応について、2017年のアンケートで「評価する」と回答[16]
  • 消費増税の先送りを評価する[16]
  • 安全保障関連法の成立を評価する[16]
  • 非核三原則を堅持すべきだ[16]
  • 北朝鮮問題への対応を評価する[16]
  • 共謀罪法を評価する[16]
  • 消費税10%に賛成。増えるべき税収の使いみちとして、幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減を挙げる[16]

エピソード[編集]

  • 消費者問題特別委員会にてレーシック後遺症の問題をとりあげ、厚生労働省から「政府として実態を把握していない」との答弁を得ると、この問題に 苦しむ人たちから大きな反響を得た。その後「レーシック難民を救う会」と共同で実態調査を行い、消費者庁および厚生労働省に調査結果と対応要望を申し入れている[25]。その後消費者庁から「レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!」という注意喚起(プレスリリース)が公表された[26]
  • 平成26年3月、みんなの党代表の渡辺喜美衆議院議員が、DHCの吉田会長から8億円の個人借り入れを行っていたことが発覚。党内で唯一弁護士資格を持つ三谷は、みんなの党倫理委員長として外部の弁護士・公認会計士らと共に渡辺の借入金について政治資金規正法及び公職選挙法抵触の疑いが無いか照らし合わせる調査チームを発足、これに加わった[27][28]
  • タレント、春香クリスティーンにいま最も注目している一年生議員として名前を挙げられた[29]
  • 元ビーチバレー日本代表朝日健太郎に、「弁護士で正義感の強いナイスガイ」として紹介された[30]
  • 安定した生活を捨てて出馬することには反対だった妻に覚悟を示すため、「命より大切」なフィギュア100体を処分。最後の比例議席で当選したときに「特に大切にしていた、初音ミク(ボーカロイド)のレア物を捨てるときは、本当につらかった。それに比べれば、最後まで議席が決まらなかった不安なんて 苦しみのうちに入りませんよ」と話した。当選後の12月17日にはさっそく東京秋葉原でフィギュアを購入し「アニメは日本を救うと真剣に考えている。 捨てたフィギュアたちがくれた運命の議席と思って、一番下からコツコツ積み上げやっていきたい」と話した[31]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ 第二東京弁護士会 弁護士検索
  3. ^ 480議席目に滑り込み当選したのは…エヴァオタ弁護士
  4. ^ a b c d e f g h i プロフィール
  5. ^ 弁護士・弁理士-三谷英弘-
  6. ^ 第17回弁護士業務改革シンポジウム 2 弁護士業務拡大の具体的方法論
  7. ^ 東京ゲームショウ|TOKYO GAME SHOW”. expo.nikkeibp.co.jp. 2020年5月10日閲覧。
  8. ^ 三谷英弘:東京5区
  9. ^ 『著作権の法律相談 Ⅰ』 | 論文・著書 | TMI総合法律事務所”. www.tmi.gr.jp. 2020年5月10日閲覧。
  10. ^ チケットの不正転売規制法成立へ 今国会にも、五輪見据え - カナロコ
  11. ^ チケット高額転売問題対策議員連盟、法案成立を報告 運用に向けた課題と方向性を確認 - ORICON NEWS
  12. ^ チケット不正転売禁止法がよくわかるQ&A / 第一法規ストア”. www.daiichihoki.co.jp. 2020年5月10日閲覧。
  13. ^ 自民、規制改革PT発足 デジタル政策に特化 - 日本経済新聞
  14. ^ 衆議院選挙2021 神奈川(横浜・川崎など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  15. ^ 【2021年 衆院選】南関東ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 三谷英弘”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  17. ^ a b c d 三谷英弘”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  18. ^ 憲法改正 改正すべき項目”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  19. ^ a b c d 神奈川8区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  20. ^ 【全文】夫婦別姓反対を求める丸川大臣ら自民議員の文書、議員50人の一覧” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web (2021年2月25日). 2021年2月25日閲覧。
  21. ^ “全国40議長に別姓反対文書 自民・丸川氏、高市氏ら閣僚経験者も連名”. 東京新聞. (2021年2月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88139 2021年3月2日閲覧。 
  22. ^ 飯田樹与 (2021年2月25日). “夫婦別姓反対を求める丸川担当相らの文書 「地方の意思決定を無視、失礼だ」埼玉県議長が不快感”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/88152 2021年3月2日閲覧。 
  23. ^ “丸川大臣「残念すぎる」選択的夫婦別姓、反対議員50人へ質問状 市民団体”. 東京新聞. (2021年2月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88547 2021年3月2日閲覧。 
  24. ^ 奥野斐 (2021年4月1日). “選択的夫婦別姓 自民議員が反対派に思うこと「理解不足と差別思想を感じた」”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/94526 2021年4月7日閲覧。 
  25. ^ レーシックについてのご報告
  26. ^ 日本眼科学会:レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!
  27. ^ 三谷の近況コラム2014年04月25日
  28. ^ 2014年4月24日 みんなの党調査チーム記者会見
  29. ^ 第3回セミヂカインタビュー みんなの党・三谷英弘議員
  30. ^ 自民が劣勢選挙区に放った“因縁の刺客”
  31. ^ [1][リンク切れ] -sponichi
  32. ^ 憲法行脚の一環です 青山繁晴の道すがらエッセイ/On the road
[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

公職
先代:
佐々木さやか
青山周平
日本の旗 文部科学大臣政務官
鰐淵洋子と共同

2020年 - 2021年
次代:
鰐淵洋子
高橋はるみ
先代:
神田憲次
今井絵理子
藤原崇
進藤金日子
青山周平
中野洋昌
和田政宗
加藤鮎子
渡辺孝一
日本の旗 内閣府大臣政務官
岡下昌平
和田義明
宗清皇一
鳩山二郎
神谷昇
松川るい
吉川赳
佐藤啓と共同

2020年 - 2021年
次代:
山田太郎
木村哲也
小寺裕雄
島村大
吉川有美
穂坂泰
大西宏幸
宗清皇一
泉田裕彦
高橋はるみ
岩田和親
先代:
藤原崇
青山周平
中野洋昌
日本の旗 復興大臣政務官
吉川赳
佐藤啓と共同

2020年 -2021年
次代:
宗清皇一
高橋はるみ
泉田裕彦
岩田和親