藤丸敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤丸 敏
ふじまる さとし
生年月日 (1960-01-19) 1960年1月19日(58歳)
出生地 日本の旗 福岡県山門郡瀬高町上庄
出身校 東京学芸大学教育学部
東京学芸大学大学院(中退)
前職 古賀誠衆議院議員秘書
所属政党 自由民主党岸田派
公式サイト 衆議院議員 藤丸敏(さとし) 【公式ホームページ】

選挙区 福岡7区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日 - 現職
テンプレートを表示

藤丸 敏(ふじまる さとし、1960年1月19日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。元内閣府大臣政務官防衛大臣政務官第3次安倍第1次改造内閣)。

来歴[編集]

福岡県山門郡瀬高町上庄生まれ[1]。瀬高町立上庄小学校、瀬高町立瀬高中学校、福岡県立山門高等学校卒業後、1年間の浪人生活を経て、東京学芸大学教育学部に入学[1]。在学中の1980年から古賀誠衆議院議員の下で書生秘書を務める[1]1985年、東京学芸大学教育学部を卒業し、同大学院で学ぶ傍ら、同年から立正大学付属立正中学校・高等学校で、1987年から本郷中学校・高等学校社会科非常勤講師を務めた[1]。大学院は1988年に中退し、1996年より古賀誠の秘書を務める[1]2010年には、古賀の公設第一秘書に就任した[1]

衆議院解散翌日の2012年11月7日、古賀は大牟田市のホテルで記者会見し、第46回衆議院議員総選挙への立候補を見送る意向を表明[2]。古賀から後継指名を受け[2][3]福岡7区から自由民主党公認で出馬し、同じく古賀の元秘書である民主党前職の野田国義を破り、初当選した[3][4]

2014年第47回衆議院議員総選挙に福岡7区から自民党公認で出馬。前回の総選挙で藤丸に敗れた野田国義は、2013年第23回参議院議員通常選挙福岡県選挙区から出馬して当選したため、民主党は7区に候補者を擁立できず、藤丸が日本共産党の候補を破り、7割を超える得票率で再選[5][6]

2015年第3次安倍第1次改造内閣内閣府大臣政務官ならびに防衛大臣政務官に任命された[1][7]2017年8月25日、自民党の有志議員による勉強会「日本の明日を創る会」の立ち上げにあたっては、同会の呼びかけ人を務めたものの、同日開かれた初回会合には欠席した[8]。なお同会には、8月3日に発足した第3次安倍第3次改造内閣において、当選回数は入閣適齢期ながら処遇されなかった竹本直一山本拓平沢勝栄や、安倍晋三首相への批判を強める石破茂古賀誠の側近議員らが多く参加した[8]。同年の第48回衆議院議員総選挙に福岡7区から自民党公認で出馬し、希望の党の新人候補らを破り3選[9]

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

防衛大臣政務官在任中の失言

防衛大臣政務官在任中の2016年3月28日佐賀市で講演し、「簡単に戦争にはならない。最悪のことがあっても基本的に首都をたたく」「危険度は増すことは多少はあるかもしれない」などと述べたほか、政府内でも「地元(佐賀県)の了解が得られないであろう」と認識されていた佐賀空港へのオスプレイの配備について「6月議会で(佐賀県議会が)決めて下さい」と、佐賀県が諾否を判断する期限を区切ることを求めるかのような発言を行った[11]4月7日衆議院総務委員会において、日本共産党田村貴昭からこれらの発言や、防衛省が詳細を公表していない施設等関連予算(約106億円)の内訳についても講演で説明していたことを追及され、1月の参議院予算委員会における「(オスプレイ配備について)地元の了解は得られていないと認識している」という安倍晋三首相の答弁と「(認識は)同じ」であり、諾否の期限については「国会議員として希望を言った」と釈明するとともに、「政務官としてうかつだった」と陳謝した[11]。また同じ講演で、北朝鮮2月7日に発射した弾道ミサイルを自衛隊のレーダーが探知した時刻(非公開のデータ)や、自衛隊の具体的な迎撃態勢についても説明しており、これらの発言についても陳謝した[12][13]

不倫疑惑

藤丸の地元で選挙区にも含まれる八女市に大雨特別警報が発令されていた2017年7月5日夜、江東区清澄白河駅のそばで、老舗料亭女将をしていた愛人とされる女性と合流し、約10分、犬の散歩をした後、32階建ての高層マンションに入っていったと週刊ポストに報じられた。藤丸は既婚者だが長らく別居中で、そのマンションで愛人と生活しているとされ、取材に対し「不徳の致すところです」と陳謝したうえで、「妻とは離婚を前提に17年前から別居しているが、妻が離婚に応じておらず、離婚が成立すれば(愛人と)結婚するつもり」などと釈明した[14]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 藤丸さとし【公式ホームページ】
  2. ^ a b “ぶれずに自民一筋…古賀誠氏が引退、後継は秘書”. 読売新聞. (2017年11月3日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121117-OYT1T00771.htm 2018年3月18日閲覧。 
  3. ^ a b “古賀誠氏の志継ぐ 7区・藤丸氏”. 西日本新聞. (2017年12月17日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/election/2012syuin/kiji/fukuoka/20121217/20121217_0012.shtml 2017年12月17日閲覧。 
  4. ^ “福岡 小選挙区:開票結果:総選挙2012”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/kaihyou/ya40.htm#k007 2018年3月18日閲覧。 
  5. ^ “小選挙区 民主不戦敗 さまよう「労組票」 「関心ある」のに投票先未定”. 西日本新聞. (2014年12月8日). https://www.nishinippon.co.jp/feature/representatives_election_2014_fukuoka/article/131922/ 2018年3月18日閲覧。 
  6. ^ “【衆院選】:衆院選2014:開票結果・速報:小選挙区・福岡”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/kaihyou/ya40/ 2018年3月18日閲覧。 
  7. ^ 防衛大臣政務官 藤丸 敏 - 第3次安倍改造内閣 大臣政務官名簿
  8. ^ a b “漂う「安倍降ろし」ムード 自民党「明日を創る会」初会合 首相に耳の痛いことを言った方が閣僚になれる!?”. 産経新聞. (2017年8月25日). http://www.sankei.com/politics/news/170825/plt1708250038-n1.html 2018年3月21日閲覧。 
  9. ^ “第48回衆院選 福岡”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/area/?kid=40#007 2018年3月18日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g “第48回衆院選 自民 福岡4区 藤丸 敏”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A40007003003 2018年3月11日閲覧。 
  11. ^ a b “防衛政務官が発言撤回/田村貴昭氏追及/オスプレイ佐賀配備で/衆院総務委”. しんぶん赤旗. (2016年4月8日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-04-08/2016040802_02_1.html 2018年3月18日閲覧。 
  12. ^ “藤丸防衛政務官 非公表データ発言で陳謝”. 毎日新聞. (2016年4月21日). http://mainichi.jp/articles/20160421/k00/00m/010/147000c 2016年4月21日閲覧。 
  13. ^ “北朝鮮ミサイルへの迎撃態勢明かす 藤丸防衛政務官が陳謝”. 日本経済新聞. (2016年4月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H46_Q6A420C1000000 2016年4月20日閲覧。 
  14. ^ “自民党「魔の2回生」 料亭女将とタワマン不倫をスクープ撮”. ZAKZAK. (2017年7月21日). http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170721/soc1707210023-n2.html 2018年3月18日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
越智隆雄松本洋平小泉進次郎大塚拓岩井茂樹鈴木馨祐福山守石川博崇
日本の旗 内閣府大臣政務官
牧島かれん酒井庸行高木宏壽古賀篤田所嘉徳豊田真由子星野剛士津島淳白石徹と共同

2015年 - 2016年
次代:
武村展英豊田俊郎務台俊介島田三郎井野俊郎田野瀬太道井原巧根本幸典井林辰憲宮澤博行
先代:
原田憲治石川博崇
日本の旗 防衛大臣政務官
熊田裕通と共同

2015年 - 2016年
次代:
­ 小林鷹之宮澤博行