仲道俊哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仲道 俊哉(なかみち としや、1929年11月25日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元参議院議員(1期)。

人物[編集]

30年近くの教員生活の後、4期にわたって大分県議会議員を務め、県議会副議長などを歴任。

1998年第18回参議院議員通常選挙自由民主党公認で立候補し、民主党公認の釘宮磐を僅差で破って初当選。2001年に発足した第1次小泉内閣では、内閣府大臣政務官(科学技術・沖縄振興担当)に任命された。

2004年第20回参議院議員通常選挙では、民主党公認の足立信也に10万票以上の大差で敗れ、落選した。

略歴[編集]

公職
先代:
渡辺具能西川公也山崎力
日本の旗 内閣府大臣政務官
阪上善秀渡辺博道と共同

2001年 - 2002年
次代:
亀井郁夫嘉数知賢奥山茂彦