津村啓介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
津村 啓介
つむら けいすけ
Keisuke Tsumura.jpg
2010年
生年月日 (1971-10-27) 1971年10月27日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 岡山県津山市
出身校 オックスフォード大学経営大学院
サイード・ビジネススクール)修了
東京大学法学部卒業
前職 日本銀行
所属政党民主党菅G)→)
民進党細野G)→)
希望の党→)
旧国民民主党→)
立憲民主党階G
称号 経営学修士(オックスフォード大学)
学士(法学)(東京大学)
公式サイト 津村啓介 前・衆議院議員 岡山2区

選挙区比例中国ブロック→)
岡山2区→)
比例中国ブロック
当選回数 6回
在任期間 2003年11月9日[1] - 2021年10月14日
テンプレートを表示

津村 啓介(つむら けいすけ、1971年10月27日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の元衆議院議員(6期)。内閣府大臣政務官鳩山由紀夫内閣菅直人内閣)、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長旧国民民主党副代表などを務めた。

来歴[編集]

岡山県津山市生まれ。大阪府愛知県で育った後、東京都へ移り住む(現住所は岡山市中区円山)[2]麻布中学校・高等学校東京大学法学部卒業。ゼミは憲法[3]。東大卒業後、日本銀行に入行。2000年よりオックスフォード大学経営大学院サイード・ビジネススクール)に留学し、翌年にMaster of Business Administrationを取得した。2001年に帰国[4]

2002年民主党が実施した衆議院議員総選挙の候補者公募に応募し、合格。翌2003年第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で岡山2区から出馬。自由民主党熊代昭彦に敗れたが、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、初当選した。

2004年6月5日参議院本会議において本岡昭次参議院副議長は散会を宣言した後、津村ら衆議院からの民主党応援部隊は倉田寛之参議院議長の議場入りを阻止しようとして、もみ合いの中で倉田議長の眼鏡を破損させるなどの被害を負わせた。のちに懲罰事犯として、公開議場における戒告という処分を受けた[5]

2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では自民党公認で前岡山市長の萩原誠司を岡山2区で破り、再選。萩原も比例復活で当選。なお、熊代は郵政民営化法案衆議院本会議における採決で造反し、反対票を投じたため自民党の公認を得られず出馬を断念した。同年9月12日、民主党代表の岡田克也が、総選挙大敗の責任をとり辞任を表明[6]。岡田の辞任に伴う代表選挙(9月17日実施)では菅直人の推薦人に名を連ねた[7]

2006年3月31日、民主党代表の前原誠司が、堀江メール問題の責任をとり辞任を表明[8]。前原の辞任に伴う代表選挙(4月7日実施)では菅直人の推薦人に名を連ねた[9]

2007年世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出された[10]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、自民党の萩原に比例復活すら許さず、3選。選挙後に発足した鳩山由紀夫内閣内閣府大臣政務官に任命され、菅直人内閣まで務める。

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙では、岡山2区で自民党新人の山下貴司に敗れたが、比例復活で4選。同年12月25日に行われた民主党代表選挙では海江田万里の推薦人に名を連ねた[11]

2014年第47回衆議院議員総選挙では、岡山2区で山下に再度敗れたが、比例復活で5選[12]

2016年9月15日に行われた民進党代表選挙では蓮舫の推薦人に名を連ねた[13]

2017年第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認で出馬し、岡山2区で山下に再度敗れたが、比例復活で6選[14]

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加した[15]。同年9月4日実施の国民民主党代表選挙に出馬するが玉木雄一郎に敗れる。9月11日より党副代表[16]

2019年10月4日、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員会委員長に就任。

2020年1月20日の党両院議員総会で立憲民主党との早期合流を目指す決議案を提出したが、提出に先立ちTwitterに決議案の内容を公開したことで総会が紛糾した。これを受け、決議案に署名していた原口一博国会対策委員長が自身の署名を事実上取り下げるなどし、決議案は反対多数で否決された[17]。その後、津村は議事を混乱させた責任を取るとして22日に進退伺いを提出した。党は29日にこれを受理し、副代表を解任した[18][19]

同年8月24日、旧立憲民主党と旧国民民主党は、2つの無所属グループを加えた形で合流新党を結成することで合意[20]。同年9月10日に行われた新「立憲民主党」の代表選挙では泉健太の推薦人に名を連ねた[21]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙立憲民主党公認で立候補するも、山下に再び敗れた。立憲民主党は比例中国ブロックで2議席を獲得。3番目の惜敗率(77.32%)だった津村は比例復活できず、議席を失った[22][23]

政策・主張[編集]

  • 「2020年には消費税は15%」と提案[24]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成[25][26]。「生きにくさのツケを『自己責任』という言葉で終わらせるのではなく、晩婚化が進んだのであれば不妊治療の保険適用を拡大するとか、一人っ子が増えたのであれば選択的夫婦別姓を進めるとか」と述べている[27]
  • 安倍内閣による安全保障関連法の成立を「どちらかといえば評価しない」[28]
  • 原子力発電所の運転再開に「どちらかと言えば反対 」[28]
  • 2012年時点は、日本のTPP参加に賛成だった[29]
  • 第46回衆議院議員総選挙後の政権は、民主党自由民主党大連立が望ましいとしていた[29]
  • 「新しい時代の国の出先機関与党の地方組織であるべき」と主張している[30]
  • 「立憲主義と民主主義の基本は、多数決」であると述べている。

著書[編集]

エピソード [編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “議員や首長の任期はいつからカウントするか。”. レファレンス協同データベース. (2011年6月16日). https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000087399 2021年8月18日閲覧。 
  2. ^ 候補者の氏名及び候補者届出政党の名称 (PDF)”. 岡山県選挙管理委員会 (2017年10月11日). 2018年1月10日閲覧。
  3. ^ 第163回国会 衆議院 法務委員会 第5号
  4. ^ a b c 公式プロフィール
  5. ^ 第160回国会 懲罰委員会 第1号(平成16年8月4日(水曜日))”. www.shugiin.go.jp. 2020年10月4日閲覧。
  6. ^ 岡田代表 辞任を表明 12日未明の会見で”. 民主党 (2005年9月12日). 2021年12月1日閲覧。
  7. ^ 2005年9月17日 民主党代表選挙 推薦人一覧”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  8. ^ “前原代表ら民主執行部「偽メール問題」で総退陣”. J-CASTニュース. (2006年3月31日). https://www.j-cast.com/2006/03/31000846.html 2021年11月30日閲覧。 
  9. ^ 2006年4月7日 民主党代表選 推薦人名簿”. 江田五月 - 新たな出発 (2006年4月7日). 2010年9月6日閲覧。
  10. ^ グロービス・グループ プレスリリース、2007年1月18日
  11. ^ “馬淵氏と海江田氏の推薦人 民主代表選”. 日本経済新聞. (2012年12月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2500L_V21C12A2EB1000/ 2021年11月29日閲覧。 
  12. ^ 岡山 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  13. ^ 蓮舫候補民進党代表選挙推薦人名簿 (PDF)”. 民進党 (2016年9月2日). 2021年11月26日閲覧。
  14. ^ 岡山-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  15. ^ “国民民主党、結党大会を開催”. Qnewニュース. (2018年5月7日). https://qnew-news.net/news/2018-5/2018050702.html 2018年5月23日閲覧。 
  16. ^ “【国民民主党役員人事】幹事長に平野博文氏 津村啓介氏は副代表に 党役員人事案を了承”. 産経新聞. (2018年9月11日). https://www.sankei.com/politics/news/180911/plt1809110019-n1.html 2018年9月14日閲覧。 
  17. ^ “国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾”. 毎日新聞. (2020年1月21日). https://mainichi.jp/articles/20200121/k00/00m/010/219000c 2020年2月2日閲覧。 
  18. ^ “国民・津村副代表が進退伺 決議案公開による混乱理由”. 時事通信. (2020年1月22日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2020012201160&g=pol 2020年1月31日閲覧。 
  19. ^ “国民、津村氏の副代表職解く 両院総会で「議事を混乱」と進退伺”. 産経新聞. (2020年1月29日). https://www.sankei.com/politics/amp/200129/plt2001290030-a.html 2020年1月31日閲覧。 
  20. ^ 山下龍一、小林豪 (2020年8月24日). “立国の新党、無所属2グループも合流へ 150人前後に”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASN8S6TNFN8SUTFK00J.html 2021年11月9日閲覧。 
  21. ^ “【合流新党】国民・泉政調会長の推薦人名簿”. 産経新聞. (2020年9月7日). https://www.sankei.com/article/20200907-3PCJAVYSGRJP5AHKTLEP7FXGNA/ 2021年11月4日閲覧。 
  22. ^ 衆議院選挙2021 岡山(倉敷・津山など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  23. ^ 【2021年 衆院選】中国ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  24. ^ 毎日新聞 地方版/岡山、2012年12月7日
  25. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  26. ^ 第163回国会 衆議院 - 法務委員会 - 9号 平成17年10月28日
  27. ^ 骨太の方針“就職氷河期”支援策の意味合い、読売テレビニュース、2019年6月25日。
  28. ^ a b 2017 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 2021年3月25日閲覧。
  29. ^ a b 2012衆院選 岡山2区 津村啓介
  30. ^ 『おかやま財界』2010年1月20日号
  31. ^ 民進党に特大ブーメラン再び!加計学園を応援した過去”. ダイヤモンド・オンライン. 2021年7月30日閲覧。
  32. ^ 朝日新聞、地方版/岡山、2011年1月18日

外部リンク[編集]

議会
先代:
古本伸一郎
日本の旗 衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長
2019年 - 2020年
次代:
田嶋要
公職
先代:
岡本芳郎
宇野治
並木正芳
日本の旗 内閣府大臣政務官
田村謙治
泉健太と共同

2009年 - 2010年
次代:
阿久津幸彦
和田隆志
園田康博