伊藤孝江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤 孝江
いとう たかえ
生年月日 (1968-01-13) 1968年1月13日(50歳)[1]
出生地 日本の旗 日本 兵庫県尼崎市
出身校 関西大学法学部
前職 弁護士
現職 公明党女性局次長
所属政党 公明党
称号 法学士
公式サイト 伊藤たかえ公式ウェブサイト

選挙区 兵庫県選挙区
当選回数 1回
テンプレートを表示

伊藤 孝江(いとう たかえ、1968年1月13日 - )は、日本政治家税理士弁護士公明党所属の参議院議員(1期)。

経歴[編集]

1968年兵庫県尼崎市生まれ[2]

1991年関西大学法学部卒業[2]

1995年司法試験合格。ホームレス支援などを中心に活動する弁護士となる[2]

2016年第24回参議院議員通常選挙公明党公認で兵庫県選挙区から出馬して初当選。公明党が兵庫県選挙区で議席を得たのは24年ぶりだった[3]

政策[編集]

  • 安保法制は今の法制でよい[4]
  • 憲法改正に賛成[4]
  • 憲法9条の改正に反対[4]
  • 緊急事態条項の創設に反対[4]
  • 政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に対し、電波停止を命じる可能性に言及した高市早苗総務相の姿は問題だ[4]
  • 2017年4月の消費税率10%への引き上げについて、法改正し、引き上げを延期または中止すべきだ[4]
  • アベノミクスの恩恵は、地方や中小企業に及んでいるとは思わない[4]
  • 原発は当面は必要だが、将来的には廃止すべきだ[4]
  • 米軍普天間飛行場辺野古に移設すべき[4]
  • 核武装について、将来にわたって検討すべきでない[4]
  • 選択的夫婦別姓についての選択式アンケートにおいて、「どちらかと言えば賛成」としている[5]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]