園田康博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
園田 康博
そのだ やすひろ
生年月日 (1967-06-09) 1967年6月9日(50歳)
出生地 岐阜県岐阜市
出身校 日本大学大学院法学研究科
前職 大学講師
所属政党 民主党
称号 法学修士

選挙区 比例東海ブロック→)
岐阜3区
当選回数 3回
在任期間 2003年11月9日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

園田 康博(そのだ やすひろ、1967年6月9日 - )は、日本政治家民主党所属の元衆議院議員(3期)。

環境副大臣内閣府副大臣第3次野田改造内閣)、内閣府大臣政務官菅改造内閣)を歴任。

概要[編集]

経歴[編集]

岐阜県岐阜市生まれ。岐阜県立羽島北高等学校卒業後、2年間の浪人を経て、日本大学法学部政治経済学科卒業。日本大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。慶應義塾大学大学院法学研究科研究生を経て、1997年4月から二松学舎大学行政法の講師を務める。その後、慶應義塾大学大学院法学研究科、同大学通信教育課程、白梅学園短期大学カナダ・バーナビー・カレッジで教鞭を執った。その傍ら、防衛政策青年会議(現・防衛政策懇話会)事務局長や社団法人海外広報協会研究員、千葉県沼南町情報公開審査会委員を務める。

1998年第18回参議院議員通常選挙岐阜県選挙区から自由連合公認で出馬したが、得票は6人の候補者で最下位(落選)。

2000年第42回衆議院議員総選挙には、民主党に移籍し岐阜3区から出馬したが、武藤嘉文自由民主党)に敗れ、落選。

2003年第43回衆議院議員総選挙にも、民主党公認で岐阜3区から出馬。小選挙区では武藤に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し初当選。1996年の小選挙区制導入後県内の小選挙区に立候補した非自民候補で初めて議席を獲得することになった。

2005年第44回衆議院議員総選挙でも、小選挙区では武藤容治(武藤嘉文の次男)で敗れたものの、比例復活により2選。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、政権交代の波が保守王国岐阜にも及んだ影響で初めて小選挙区で当選。武藤容治を小選挙区制導入後県内小選挙区に立候補した自民候補で初めて落選させるほどの大勝であった。

民主党政権下では、2010年9月内閣府大臣政務官菅改造内閣)に、2012年10月環境副大臣内閣府副大臣第3次野田改造内閣)に就任。

しかし2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙は民主党への逆風の影響で前回下した武藤に敗れ、重複立候補していた比例東海ブロックでも復活できず落選。

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙に岐阜3区から出馬したが、再び落選。

落選後は表舞台には出ず、2015年6月13日、政界引退を表明した。[1]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[2]

人物[編集]

  • 2011年10月7日より東京電力福島第一原子力発電所5、6号機にたまっていた低濃度とされる放射能汚染水を発電所内の山林へ散水しはじめたことに関連して、10月13日の共同記者会見でジャーナリストの寺澤有から「東京電力は『(放射能汚染水は)口に入れても大丈夫』と答弁しているが、汚染水をコップに入れて飲むつもりはあるか」と聞かれ、「パフォーマンスということではなくしっかり飲水させていただく」と答えたことが波紋を呼んだ[3]。同年10月31日の共同記者会見で、敷地内に散布している5、6号機の建屋地下水を浄化した水を飲んだ[4]。その後、体調を問われ「ハハハ。まだ、そんなこと言ってるんですか。もちろん、何もありません」と答えた[5]
  • 慶應義塾大学では、小林節法学部教授(当時)に師事し、その憲法観を学んだという。また、伊藤真とともに、小林教授の授業の共同担当者をしていた[6]

所属していた団体・議員連盟[編集]

  • リベラルの会
  • 人権政策推進議員連盟(事務局次長)
  • インクルーシブ教育を推進する議員連盟(副幹事長)

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 園田元副環境相 政界を引退へ 民主県連が公表/岐阜」『毎日新聞』 2015年6月14日配信, 2016年1月15日閲覧
  2. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  3. ^ 寺澤有 (2011年10月14日). “放射能汚染水、「しっかり飲水させていただく」と園田康博政務官”. THE INCIDENTS(インシデンツ). 2011年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月29日閲覧。
  4. ^ 園田政務官、原発の浄化水飲む 「飲んだら」と言われ 朝日新聞デジタル 2011年10月31日19時9分
  5. ^ 「汚染水」飲んだ元内閣政務官にその後の体調を聞いてみた”. ゲンダイネット (2013年9月5日). 2013年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月1日閲覧。
  6. ^ 第164回国会 日本国憲法に関する調査特別委員会 第11号(平成18年5月18日(木曜日))2016年1月15日閲覧

外部リンク[編集]

公職
先代:
横光克彦
日本の旗 環境副大臣
生方幸夫と共同

2012年
次代:
田中和徳井上信治
先代:
田村謙治津村啓介泉健太
日本の旗 内閣府大臣政務官
阿久津幸彦和田隆志と共同

2010年 - 2011年
次代:
阿久津幸彦
先代:
阿久津幸彦
日本の旗 内閣府大臣政務官
阿久津幸彦大串博志と共同
郡和子大串博志と共同
郡和子大串博志稲見哲男北神圭朗と共同

2011年 - 2012年
次代:
加賀谷健郡和子金子恵美稲見哲男岸本周平大野元裕本多平直高山智司