杉本和巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
杉本 和巳
すぎもと かずみ
生年月日 (1960-09-17) 1960年9月17日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都文京区
出身校 早稲田大学政治経済学部経済学
オックスフォード大学大学院
ハーバード大学ケネディスクール
前職 日本興業銀行従業員
札幌大学講師
現職 衆議院議員
所属政党民主党原口グループ)→)
みんなの党→)
無所属→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
称号 経済学士
行政学修士
公式サイト 衆議院議員 杉本和巳 オフィシャルサイト

選挙区愛知10区→)
比例東海ブロック
当選回数 4回
在任期間 2009年8月30日 - 2014年11月21日
2017年10月22日 - 現職
テンプレートを表示

杉本 和巳(すぎもと かずみ、1960年9月17日 - )は、日本政治家日本維新の会所属の衆議院議員(4期)。日本維新の会代議士会会長であり[1]外務委員会理事、沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事、裁判官弾劾裁判所裁判員を務める[2][3][4]。 

来歴 ・人物[編集]

東京都文京区千駄木生まれ(現住所は愛知県一宮市せんい4丁目[5][6]早稲田実業学校中等部・高等部を経て1983年、早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業。同年、日本興業銀行(後のみずほコーポレート銀行、現・みずほ銀行)に入行。

1991年オックスフォード大学大学院1992年ハーバード大学ケネディスクール修士課程を修了した[7] [8]1993年から新日本証券(現みずほ証券)に、1997年から電源開発に出向。1999年に日本興業銀行に復帰し、あわせて2001年まで札幌大学で非常勤講師を務めた[9]

衆院選に出馬[編集]

2004年3月5日民主党衆議院議員の佐藤観樹が秘書給与詐取疑惑の責任をとり辞職。2005年、民主党の全国公募に応募し、佐藤の後継として愛知県第10区総支部長に就任。愛知県に移り、同年9月11日第44回衆議院議員総選挙愛知10区から出馬したが、自由民主党江崎鉄磨に敗れ、落選した。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙の愛知10区で自民党の江崎を破り、初当選。

2011年8月26日、菅直人首相が民主党代表辞任を正式に表明[10]。菅の辞任に伴う代表選挙(8月29日投開票)では馬淵澄夫の推薦人に名を連ねた[11]

2012年6月26日 消費税増税法案に賛成票を投じた。

同年10月5日、民主党に離党届を提出[12][13][14]。民主党は10月30日、常任幹事会を開き、離党届を受理せず除籍処分とすることを決定した[15][16]。同年10月16日みんなの党に入党した[17]。同年12月16日第46回衆議院議員総選挙にみんなの党公認、日本維新の会新党改革推薦を受けて立候補。民主党は国会議員政策秘書の松尾和弥を擁立し、日本未来の党は一宮タイムス社長の高橋一を擁立した。自民党元職の江崎が選挙区を制し当選。野党票は大きく割れるも、杉本は比例東海ブロックで復活し、再選。選挙後、みんなの党副幹事長・政調副会長を経て、党総務委員長・国会対策委員長代理に就任。

みんなの党を離党[編集]

2014年11月21日、みんなの党に離党届を提出[18]。民主党・みんなの党の両党幹部は、杉本の民主党復党を検討するも、県連や地元議員らの反対を受ける。11月22日、杉本は記者会見し無所属での出馬を正式表明した[19]。11月27日、民主党愛知県連は愛知10区の公認候補を江南市議の小林弘子とする方針を決定[20]。同年12月14日第47回衆議院議員総選挙で愛知10区に無所属で出馬するも落選。

2015年9月1日維新の党から次期衆院選の公認内定を受ける[21]。ところが直後に党が分裂。杉本は、維新の党の大阪系議員らが同年10月24日に開催した同党の「臨時党大会」に出席した[22]

2016年2月9日おおさか維新の会衆院愛知10区支部長就任が発表され[23]、12月19日に日本維新の会愛知県総支部代表代行就任が発表された[24]

2017年10月第48回衆議院議員総選挙は、次点で落選した希望の党安井美沙子より2万2千票近く下ったが、比例東海ブロックの名簿1位に登載されていたため、日本維新の会が獲得した1議席に選ばれ3選を果たした[25][26]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙では、小選挙区で次点となり比例復活で4選を果たした[27][28]

2022年5月、ロシアのウクライナ侵攻に伴うロシア政府による日本への報復措置(ロシア連邦への日本政府の政策に対する報復措置に関してのロシア外務省声明)によって、ロシア連邦への入国を恒久的に禁止された[29]

政策・主張[編集]

憲法問題[編集]

  • 憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[30][31]
  • 9条改憲について、2017年の中日新聞社のアンケートでは回答しなかった[32]。9条への自衛隊の明記について、2021年のNHKのアンケートでは回答しなかった[33]
  • 改正すべき項目として「教育の充実に向けた環境整備を行う旨を明記する」「憲法裁判所を設置する」と主張[34]
  • 安全保障関連法の成立について、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[30]

ジェンダー問題[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2014年のアンケートでは「どちらかといえば反対」と回答[35]。2017年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[30]。2021年のアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答[31]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[33]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「賛成」と回答[31]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[33]

その他[編集]

  • 原子力発電所の再稼働問題について、2017年の中日新聞社のアンケートで「2030年までに原発ゼロにするべき」と回答[32]
  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「今後下げるべき」と回答[33]
  • アベノミクスについて、2017年のアンケートで「どちらかといえば評価しない」と回答[30]
  • 安倍内閣による森友学園問題加計学園問題への対応について、2017年のアンケートで「評価しない」と回答[30]
  • 女性宮家の創設に反対[36]
  • 日本の核武装について、今後の国際情勢によっては検討すべきとしている[36]

政治資金[編集]

  • 2021年11月29日、愛知県選挙管理委員会が前年分の政治資金収支報告書を公表。これにより、杉本の資金管理団体「中部政治経済会議」が2020年11月10日にほら貝の購入費として4万3230円を、同年10月23日に宗教法人GLAの会費として3万3100円をいずれも政治資金から支出していたことが明らかとなった[37]。杉本の事務所は取材に対し「ほら貝は選挙の出陣式で景気づけに吹くために買った」「練習したが、いい音が出ず実際には使えなかった」と回答し、会費については「問題解決などの手段・対処法を学ぶ目的で、延べ数日間の研修参加費用として支払った」と回答した[38]。杉本は「政治資金収支報告書に計上すべき支出ではなかった」と話し、返金して収支報告書を訂正する考えを示した[39]

脚注[編集]

  1. ^ 杉本 和巳”. 役員・議員・支部長. 日本維新の会. 2021年12月15日閲覧。
  2. ^ 委員名簿 外務委員会”. 衆議院 (2021年12月3日). 2021年12月15日閲覧。
  3. ^ 委員名簿 沖縄及び北方問題に関する特別委員会”. 衆議院 (2021年12月6日). 2021年12月15日閲覧。
  4. ^ 02.裁判長と裁判員の紹介”. 裁判官弾劾裁判所公式サイト. インフォメーションサイト. 裁判官弾劾裁判所 (2021年12月10日). 2021年12月15日閲覧。
  5. ^ 日本維新の会衆議院愛知県第10選挙区支部 政治資金収支報告書(平成30年分定期公表) (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2019年11月28日). 2019年12月2日閲覧。
  6. ^ 杉本 和巳(衆議院議員・みんなの党)の議員情報 | 【SUNチャンネル】
  7. ^ MC/MPA (Mid-Career Master in Public Administration) 1992.
  8. ^ Harvard University John F. Kennedy School Of Government 1998 Alumni Directory. Bernard C. Harris Publishing Company, Inc.. (1998). p. 346 
  9. ^ 杉本かずみ 国会議員 衆議院議員 愛知第10区 プロフィール”. 2013年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月14日閲覧。
  10. ^ “菅直人首相が退陣を正式表明、民主代表選が事実上スタート”. ロイター. (2011年8月26日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-22883120110826 2021年11月27日閲覧。 
  11. ^ 2011年8月29日投票 民主党代表選挙 推薦人一覧”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  12. ^ “揺らぐ王国、民主苦悩杉本議員離党届”. 中日新聞. (2012年10月6日). オリジナルの2012年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121007031031/http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20121006/CK2012100602000035.html?ref=rank 
  13. ^ “民主の杉本氏離党届、みんなの党へ 単独過半数割れまであと5人”. 産経新聞. (2012年10月5日). オリジナルの2012年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121005055647/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121005/stt12100511370005-n1.htm 
  14. ^ “民主党:衆院過半数割れまであと5人”. 毎日新聞. (2012年10月5日). オリジナルの2012年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121008004514/http://mainichi.jp/select/news/20121006k0000m010120000c.html 
  15. ^ “民主が杉本氏を除名 みんなの党会派入り”. 産経新聞. (2012年10月30日). [2012-10-30 オリジナル]の2012年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121030113347/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121030/stt12103019400008-n1.htm 
  16. ^ “「みんな」入党の杉本和巳議員、除籍処分…民主”. 読売新聞. (2012年10月31日). オリジナルの2012年11月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20121105144904/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121031-OYT1T00291.htm 
  17. ^ “みんなの党、杉本氏の入党を承認”. 産経新聞. (2012年10月16日). オリジナルの2012年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121020235906/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121016/stt12101617350004-n1.htm 
  18. ^ “みんなの党:柏倉氏、杉本氏が離党届 民主に転身”. 毎日新聞. (2014年11月21日). http://mainichi.jp/select/news/20141122k0000m010134000c.html 2014年12月10日閲覧。 
  19. ^ “無所属で出馬正式表明 10区の杉本氏会見”. 中日新聞. (2014年11月23日). http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/shuin2014/aichi/CK2014112302000220.html 
  20. ^ “民主、愛知10区で小林氏を擁立へ 県内空白区ゼロに”. 中日新聞. (2014年11月28日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014112890090417.html 2014年12月10日閲覧。 
  21. ^ 【2015.09.01】松木けんこう幹事長代行 定例記者会見 | 動画 | 活動情報 | 維新の党
  22. ^ “橋下氏ダブル選照準、1つ落とせば埋没危機 「おおさか維新の会」31日結党”. 産経新聞. (2015年10月26日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00000049-san-pol 2015年10月26日閲覧。 
  23. ^ “おおさか維新の会衆議院支部長選任者リスト” (プレスリリース), おおさか維新の会, (2016年2月9日), https://o-ishin.jp/news/2016/images/3c22506e8e6c1312652f8fcbf6047ff861507e31.pdf 
  24. ^ “維新県総支部が発足 井上代表「全選挙区に候補を」”. 中日新聞. (2016年12月20日). オリジナルの2016年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161220225436/http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20161220/CK2016122002000052.html 
  25. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙”. 2017衆院選:朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年12月9日閲覧。
  26. ^ 東海ブロック(比例区)-開票速報-2017衆議院選挙”. 2017衆院選:朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年12月9日閲覧。
  27. ^ 衆議院選挙2021 愛知(名古屋・豊橋など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  28. ^ 【2021年 衆院選】東海ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  29. ^ ロシア外務省:Заявление МИД России об ответных мерах на политику правительства Японии в отношении Российской Федерации”. www.mid.ru. 2022年5月4日閲覧。
  30. ^ a b c d e 杉本和巳”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  31. ^ a b c 杉本和巳”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  32. ^ a b 『中日新聞』2017年10月17日付朝刊、愛知総合、19面、「衆院選候補者アンケート」。
  33. ^ a b c d 愛知10区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  34. ^ 憲法改正 改正すべき項目”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  35. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  36. ^ a b 毎日新聞2012年衆院選アンケート
  37. ^ 政治資金収支報告書 中部政治経済会議(令和2年分 定期公表) (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2021年11月29日). 2021年11月29日閲覧。
  38. ^ “4万円のほら貝、政治資金で購入「出陣式で吹くため」「実際に使えず」…維新議員側”. 読売新聞. (2021年12月8日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20211208-OYT1T50050/ 2021年12月8日閲覧。 
  39. ^ “政治資金でほら貝購入 維新・杉本氏側「選挙景気づけに吹くため」”. 中日新聞. (2021年12月10日). https://www.chunichi.co.jp/article/381035 2021年12月10日閲覧。 

外部リンク[編集]