杉本和巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉本 和巳
すぎもと かずみ
生年月日 (1960-09-17) 1960年9月17日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都文京区
出身校 早稲田大学政治経済学部経済学
オックスフォード大学大学院
ハーバード大学ケネディスクール
前職 日本興業銀行従業員
所属政党民主党原口グループ)→)
みんなの党→)
無所属→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
称号 経済学士
行政学修士
公式サイト 衆議院議員 杉本和巳 オフィシャルサイト

選挙区愛知10区→)
比例東海ブロック
当選回数 4回
在任期間 2009年8月30日 - 2014年11月21日
2017年10月22日 - 現職
テンプレートを表示

杉本 和巳(すぎもと かずみ、1960年9月17日 - )は、日本政治家日本維新の会所属の衆議院議員(4期)。日本維新の会代議士会会長、同政務調査会副会長、同国会対策委員会副委員長。愛知維新の会代表。

来歴[編集]

東京都文京区千駄木生まれ(現住所は愛知県一宮市せんい4丁目[1][2]早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。大学卒業後、日本興業銀行(後のみずほコーポレート銀行、現・みずほ銀行)に入行。

1991年オックスフォード大学大学院1992年ハーバード大学ケネディスクール修士課程を修了した[3] [4]1993年から新日本証券(現みずほ証券)に、1997年から電源開発に出向。1999年に日本興業銀行に復帰し、あわせて2001年まで札幌大学で非常勤講師を務めた[5]

衆院選に出馬[編集]

2004年3月5日民主党衆議院議員の佐藤観樹が秘書給与詐取疑惑の責任をとり辞職。2005年、民主党の全国公募に応募し、佐藤の後継として愛知県第10区総支部長に就任。愛知県に移り、同年9月11日第44回衆議院議員総選挙愛知10区から出馬したが、自由民主党江崎鉄磨に敗れ、落選した。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙の愛知10区で自民党の江崎を破り、初当選。

2012年6月26日 消費税増税法案に賛成票を投じた。

同年10月5日、民主党に離党届を提出[6][7][8]。民主党は10月30日、常任幹事会を開き、離党届を受理せず除籍処分とすることを決定した[9][10]。同年10月16日みんなの党に入党した[11]。同年12月16日第46回衆議院議員総選挙にみんなの党公認、日本維新の会新党改革推薦を受けて立候補。民主党は国会議員政策秘書の松尾和弥を擁立し、日本未来の党は一宮タイムス社長の高橋一を擁立した。自民党元職の江崎が選挙区を制し当選。野党票は大きく割れるも、杉本は比例東海ブロックで復活し、再選。選挙後、みんなの党副幹事長・政調副会長を経て、党総務委員長・国会対策委員長代理に就任。

みんなの党を離党[編集]

2014年11月21日、みんなの党に離党届を提出[12]。民主党・みんなの党の両党幹部は、杉本の民主党復党を検討するも、県連や地元議員らの反対を受ける。11月22日、杉本は記者会見し無所属での出馬を正式表明した[13]。11月27日、民主党愛知県連は愛知10区の公認候補を江南市議の小林弘子とする方針を決定[14]。同年12月14日第47回衆議院議員総選挙で愛知10区に無所属で出馬するも落選。

2015年9月1日維新の党から次期衆院選の公認内定を受ける[15]。ところが直後に党が分裂。杉本は、維新の党の大阪系議員らが同年10月24日に開催した同党の「臨時党大会」に出席した[16]

2016年2月9日おおさか維新の会衆院愛知10区支部長就任が発表され[17]、12月19日に日本維新の会愛知県総支部代表代行就任が発表された[18]

2017年10月第48回衆議院議員総選挙は、次点で落選した希望の党安井美沙子より2万2千票近く下ったが、比例東海ブロックの名簿1位に登載されていたため、日本維新の会が獲得した1議席に選ばれ3選を果たした[19]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙では、小選挙区で次点となり比例復活で4選を果たした[20]

人物[編集]

あいちトリエンナーレ2019への対応[編集]

2019年8月1日、「あいちトリエンナーレ2019」が開催されると、日本維新の会代表の松井一郎は同日から8月2日にかけて、企画展「表現の不自由展・その後」を激しく非難。また、実行委員会会長の大村秀章知事に対し抗議の声を上げた[21][22]。愛知維新の会代表である杉本も松井の言動に追従。翌8月3日午前、常滑市議会議員の山田豪らとともに実行委員会事務局を訪れ、「公的な施設が公的支援に支えられて行う催事として極めて不適切」として、展示の即時中止を求める要望書を出した[23][24][25]。同日夕方、大村は緊急記者会見を開き、「テロ予告や脅迫ととれる電話やメールが相次ぎ、安全な運営が危惧される」として「表現の不自由展・その後」の同日限りでの中止を発表した[21]

同年10月8日、不自由展は一回につき30人に限定したガイドツアー方式で再開されるが[26]、愛知維新の会は10月12日、「再開に至ったことは誠に残念でならない」との声明を発表した[27]

2020年6月2日、名古屋市長の河村たかしと整形外科医の高須克弥の発案により、大村をリコールするための政治団体「愛知100万人リコールの会」が設立される[28][29]。リコール団体は日本維新の会愛知5区支部長の田中孝博を事務局長に、前述の山田豪を副事務局長に据えて8月25日から署名活動を開始[30]。愛知維新の会からは、一宮市議会議員の後藤美由紀ら計6人の党員が運動に参加[31][32]。また、街宣車を署名活動の用に供するなど、大村解職を是とする行動に出た[33]

2021年2月1日、県選管は83.2%におよぶ不正署名があったと発表[34]。2月11日、前述の後藤美由紀は早々と離党[35]。2月16日、署名偽造のため佐賀市で大量にアルバイトが動員されたことが発覚[36]

イメージ悪化に頭を悩ませることとなった愛知維新の会は、3月21日に開かれた役員会で、4月の名古屋市長選挙における河村への推薦に関し「当面静観する」と決定。代表の杉本は「うちは今、評判が悪い。迷惑をかけられない」と述べた[33]。4月15日、山田豪は、田中孝博事務局長の指示で署名偽造(拇印の押印)に関与していたことを認め、偽造作業には田中も加わっていたことを明らかにし[37][38]、4月17日付で議員辞職した[39]。5月19日、田中と「日本維新の会愛知5区支部」会計責任者の渡辺美智代[40]は、地方自治法違反容疑で逮捕された[41]。同日、杉本はNHKの取材に対し「田中氏は、ことし2月に離党しているし、愛知維新の会は、署名が始まる前の段階でリコール活動に組織として関わらないことを役員会で決めたので、維新とは関係のない個人の問題だ。ただ、今回の逮捕については、同じ組織にいた者として極めて無念だ。今後は警察の捜査や司法の判断を注視していきたい」と述べた[42]

議員会館の不適切使用疑惑[編集]

2021年11月2日、『週刊文春』電子版が、杉本が議員会館を不適切に使用した疑いがあると報じた。杉本は妻の影響を受け、ヨガの儀式である「オーム・チャンティング」に傾倒。議員会館でも人を呼び、定期的に「オーム・チャンティング」を開催していたとされる。衆議院事務局の担当者は「議員会館の会議室等の使用は会派に直接関係のある会合で、議員が主催する会合及び行事等に限る」と述べており、杉本の行為は不適切との指摘がなされている[43]。 2021年11月18日号週刊文春28ページ下部記載 杉本氏に事実確認を求めたところ、弁護士名で主に以下のように回答した。「アートマクリヨガとゆう心的ヨガの教室に場所(地元事務所)をお貸ししたことはございます。その受講費用が三万三千円です。受講料は全額インストラクターに渡され、杉本夫妻は受領してはおりません。『来客を断る』とゆう表現は事実に反しています。元々、来客予定はありませんでしたし、当日急に受付を通して来客される方は無かったと記憶しております。秘書がヨガに参加していた場合は留守表示、電話受付転送留守録になり、来客に対応できなかった可能性はございます。 杉本氏がヨガで使用したのは、(議員会館の)会議室ではなく、執務室です」の記載がある。

政策・主張[編集]

憲法問題[編集]

  • 憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[44][45]
  • 9条改憲について、2017年の中日新聞社のアンケートでは回答しなかった[46]。9条への自衛隊の明記について、2021年のNHKのアンケートでは回答しなかった[47]
  • 改正すべき項目として「教育の充実に向けた環境整備を行う旨を明記する」「憲法裁判所を設置する」と主張[48]
  • 安全保障関連法の成立について、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[44]

ジェンダー問題[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2014年のアンケートでは「どちらかといえば反対」と回答[49]。2017年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[44]。2021年のアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答[45]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[47]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「賛成」と回答[45]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[47]

その他[編集]

  • 原子力発電所の再稼働問題について、2017年の中日新聞社のアンケートで「2030年までに原発ゼロにするべき」と回答[46]
  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「今後下げるべき」と回答[47]
  • アベノミクスについて、2017年のアンケートで「どちらかといえば評価しない」と回答[44]
  • 安倍内閣による森友学園問題加計学園問題への対応について、2017年のアンケートで「評価しない」と回答[44]
  • 女性宮家の創設に反対[50]
  • 日本の核武装について、今後の国際情勢によっては検討すべきとしている[50]

脚注[編集]

  1. ^ 日本維新の会衆議院愛知県第10選挙区支部 政治資金収支報告書(平成30年分定期公表) (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2019年11月28日). 2019年12月2日閲覧。
  2. ^ 杉本 和巳(衆議院議員・みんなの党)の議員情報 | 【SUNチャンネル】
  3. ^ MC/MPA (Mid-Career Master in Public Administration) 1992.
  4. ^ Harvard University John F. Kennedy School Of Government 1998 Alumni Directory. Bernard C. Harris Publishing Company, Inc.. (1998). p. 346 
  5. ^ 杉本かずみ 国会議員 衆議院議員 愛知第10区 プロフィール”. 2013年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月14日閲覧。
  6. ^ “揺らぐ王国、民主苦悩杉本議員離党届”. 中日新聞. (2012年10月6日). オリジナルの2012年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121007031031/http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20121006/CK2012100602000035.html?ref=rank 
  7. ^ “民主の杉本氏離党届、みんなの党へ 単独過半数割れまであと5人”. 産経新聞. (2012年10月5日). オリジナルの2012年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121005055647/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121005/stt12100511370005-n1.htm 
  8. ^ “民主党:衆院過半数割れまであと5人”. 毎日新聞. (2012年10月5日). オリジナルの2012年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121008004514/http://mainichi.jp/select/news/20121006k0000m010120000c.html 
  9. ^ “民主が杉本氏を除名 みんなの党会派入り”. 産経新聞. (2012年10月30日). [2012-10-30 オリジナル]の2012年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121030113347/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121030/stt12103019400008-n1.htm 
  10. ^ “「みんな」入党の杉本和巳議員、除籍処分…民主”. 読売新聞. (2012年10月31日). オリジナルの2012年11月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20121105144904/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121031-OYT1T00291.htm 
  11. ^ “みんなの党、杉本氏の入党を承認”. 産経新聞. (2012年10月16日). オリジナルの2012年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121020235906/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121016/stt12101617350004-n1.htm 
  12. ^ “みんなの党:柏倉氏、杉本氏が離党届 民主に転身”. 毎日新聞. (2014年11月21日). http://mainichi.jp/select/news/20141122k0000m010134000c.html 2014年12月10日閲覧。 
  13. ^ “無所属で出馬正式表明 10区の杉本氏会見”. 中日新聞. (2014年11月23日). http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/shuin2014/aichi/CK2014112302000220.html 
  14. ^ “民主、愛知10区で小林氏を擁立へ 県内空白区ゼロに”. 中日新聞. (2014年11月28日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014112890090417.html 2014年12月10日閲覧。 
  15. ^ 【2015.09.01】松木けんこう幹事長代行 定例記者会見 | 動画 | 活動情報 | 維新の党
  16. ^ “橋下氏ダブル選照準、1つ落とせば埋没危機 「おおさか維新の会」31日結党”. 産経新聞. (2015年10月26日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00000049-san-pol 2015年10月26日閲覧。 
  17. ^ “おおさか維新の会衆議院支部長選任者リスト” (プレスリリース), おおさか維新の会, (2016年2月9日), https://o-ishin.jp/news/2016/images/3c22506e8e6c1312652f8fcbf6047ff861507e31.pdf 
  18. ^ “維新県総支部が発足 井上代表「全選挙区に候補を」”. 中日新聞. (2016年12月20日). オリジナルの2016年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161220225436/http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20161220/CK2016122002000052.html 
  19. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  20. ^ 衆議院選挙2021 愛知(名古屋・豊橋など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  21. ^ a b 佐藤直子、稲垣太郎「こちら特捜部 『表現の不自由展』中止の衝撃(上) 脅迫に屈する『悪しき前例』 市長や政権 攻撃あおる 芸術監督・津田大介氏『文化に対する暴力テロ事件』」『東京新聞』2019年8月6日付朝刊、特報1面、22頁。
  22. ^ 『中日新聞』2019年8月3日付朝刊、二社、30面、「あいちトリエンナーレ2019 慰安婦像の撤去要請 河村市長、大村知事に」。
  23. ^ 衆議院議員 杉本和巳 Facebook 2019年8月3日
  24. ^ 杉本和巳 Instagram 2019年8月3日
  25. ^ 佐藤英彬 (2019年8月5日). “展示中止言及「憲法違反が濃厚」 大村知事が河村氏批判”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM853C9KM85OIPE008.html 2021年3月5日閲覧。 
  26. ^ “トリエンナーレ不自由展、2日目も抽選に800人並ぶ”. 朝日新聞. (2019年10月9日). https://www.asahi.com/articles/ASMB943V3MB9OIPE00N.html 2021年5月27日閲覧。 
  27. ^ 愛知維新の会 Facebook 2019年10月12日
  28. ^ 高須克弥「リコール運動、私の真意」『月刊Hanadaセレクション "愛知のテドロス"大村知事リコール!高須克弥院長熱烈応援号』、飛鳥新社、2020年8月12日、 41-42頁。
  29. ^ “愛知県・大村知事のリコール呼びかけ 高須院長らが会見(2020年6月2日)”. THE PAGE. (2021年6月3日). https://www.youtube.com/watch?v=7bxs8jPHI4o 2021年3月4日閲覧。 
  30. ^ 『中日新聞』2020年8月26日付朝刊、二社、28面、「大村知事リコール 署名集めスタート 高須氏代表の団体」。
  31. ^ 愛知維新の会 Facebook 2021年3月27日
  32. ^ ごとうみゆき(一宮市議会議員) Twitter 2020年10月22日 午後8:39
  33. ^ a b “維新苦悩、拭えぬ悪評 名古屋市長選は静観へ”. 中日新聞. (2021年3月27日). https://www.chunichi.co.jp/article/225434 2021年3月27日閲覧。 
  34. ^ “愛知知事リコール署名「83%に不正の疑い」 県選管が調査結果、刑事告発も検討”. 毎日新聞. (2021年2月1日). https://mainichi.jp/articles/20210201/k00/00m/010/195000c 2021年2月1日閲覧。 
  35. ^ 機関紙を発行しました”. 愛知維新の会 (2021年4月17日). 2021年5月27日閲覧。
  36. ^ “【独自】署名偽造、バイト動員か 愛知県知事リコール、広告下請け会社が求人”. 中日新聞. (2021年2月16日). https://www.chunichi.co.jp/article/202740 2021年3月3日閲覧。 
  37. ^ “【独自】事務局幹部「偽造署名に関与」 リコール不正「事務局長が指示」”. 中日新聞. (2021年4月16日). https://www.chunichi.co.jp/article/237341 2021年4月16日閲覧。 
  38. ^ “「ミスター こうやるんだ」 リコール事務局幹部の常滑市議証言”. 中日新聞. (2021年4月16日). https://www.chunichi.co.jp/article/237375 2021年4月16日閲覧。 
  39. ^ “リコール事務局幹部・山田豪氏の辞職日は17日”. 中日新聞. (2021年4月20日). https://www.chunichi.co.jp/article/239638 2021年4月20日閲覧。 
  40. ^ 愛知県公報 第133号 政治団体の設立等の届出 (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2020年8月28日). 2021年2月25日閲覧。
  41. ^ “愛知知事リコール 署名偽造の疑いで田中孝博事務局長を逮捕”. 毎日新聞. (2021年5月19日). https://mainichi.jp/articles/20210519/k00/00m/040/009000c 2021年5月19日閲覧。 
  42. ^ 名古屋市長 責任感じるも 関与否定 署名偽造で”. NHK (2021年5月19日). 2021年6月21日閲覧。
  43. ^ “「“信者”とマントラ」 維新4回生議員が議員会館を不適切使用の疑い”. 文春オンライン. (2021年11月2日). https://bunshun.jp/articles/-/49788 2021年11月3日閲覧。 
  44. ^ a b c d e 杉本和巳”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  45. ^ a b c “[杉本和巳 杉本和巳]”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  46. ^ a b 『中日新聞』2017年10月17日付朝刊、愛知総合、19面、「衆院選候補者アンケート」。
  47. ^ a b c d 愛知10区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  48. ^ 憲法改正 改正すべき項目”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  49. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  50. ^ a b 毎日新聞2012年衆院選アンケート

外部リンク[編集]