鈴木淑夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木淑夫
生誕 1931年10月12日
研究分野 金融論
テンプレートを表示

鈴木 淑夫(すずき よしお、1931年10月12日 - )は日本エコノミスト政治家衆議院議員 (2期)を務めた。経済学博士東京大学)。鈴木政経フォーラム代表。公益財団法人日本国際フォーラム政策委員[1]

人物[編集]

鈴木一平大修館書店創業者。三代目社長の鈴木敏夫(1987年没)と、四代目の鈴木荘夫(2009年没)が兄にあたる。末弟の鈴木康司フランス文学者、中央大学学長。

日本銀行、また野村総研時代はエコノミストとして、また政治家になってからは新進党小沢一郎党首の下で「明日の内閣」の大蔵経済企画大臣をつとめるなど、経済政策の提言を積極的に行った。

『金融政策の効果』で第10回日経・経済図書文化賞を受賞。

経歴[編集]

附属中高の同期には、藤井裕久(元財務大臣)、小林信彦小説家)、中江陽三(元NHKアナウンサー)、吉田庄一郎(元ニコン会長)などがいた。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]