亀岡偉民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 亀岡 偉民
生年月日 1955年9月10日(60歳)
出身地 日本の旗栃木県下都賀郡国分寺町(現・下野市
出身校 早稲田大学教育学部
学位・資格 教育学士
前職 衆議院議員秘書
所属委員会 内閣委員会(理事)
東日本大震災復興特別委員会(理事)
世襲 2世
養父・叔父:亀岡高夫
選出選挙区 福島1区
当選回数 3回
所属党派 自由民主党細田派
党役職 教育・文化・スポーツ関係団体委員会副委員長
国土・建設関係団体委員会副委員長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館1006号室
ウェブサイト 亀岡よしたみ 公式サイト
テンプレートを表示

亀岡 偉民(かめおか よしたみ、1955年9月10日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。旧姓は小倉。

来歴・人物[編集]

偉民が中学3年に進級する直前の1970年3月に、自身の実姉・睦美が亀岡高夫衆議院議員の実兄・金一の三男・隆之と結婚(二人は1983年に離婚)。 高校時代は作新学院高等学校野球部の捕手として江川卓とバッテリーを組み、甲子園に2度出場[1]。進学した早稲田大学野球部では山倉和博の控え捕手。

早稲田大学教育学部卒業後は株式会社熊谷組に入社し、熊谷組野球部に所属[1]。のちに、母校である早稲田大学野球部の助監督を務める[2]

1986年秋に前出の亀岡高夫と養子縁組[要出典]、選挙地盤を引き継ぐ後継者として1990年第39回衆議院議員総選挙から1996年第41回衆議院議員総選挙を除いて4回に渡り立候補するも、すべて落選した。1991年11月に田名部匡省農水相の秘書となり、1993年第40回衆議院議員総選挙では自由民主党の公認を得て、田名部の属する政真会加藤六月グループ)の新人候補として立候補した[要出典]。亀岡高夫の秘書を経る[3]

2003年11月9日の第43回衆議院議員総選挙で偉民を公認した無所属の会2004年夏に解党。2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では、自民党は偉民と選挙区が競合する佐藤剛男比例東北ブロックに回したため、偉民は福島1区から自民党公認で出馬し、初当選。当選後に清和政策研究会へ入会した[要出典]

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では、公明党の推薦を受け、前回と同じ福島1区で立候補したが、比例復活もならず落選[4]

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙で前回の屈辱を晴らして2度目の当選を果たし、国政に復帰。同年12月発足の第2次安倍内閣では内閣府大臣政務官に任命される(2014年9月退任)。その後自由民主党政務調査会内閣部会部会長代理、同農林部会部会長代理に就任[5]

不祥事[編集]

  • 偉民の後援会が2008年9月に偉民の誕生日を祝うためのゴルフコンペを福島県伊達市で開催し、偉民も支援者と共に参加したが、参加者の中に山口組系組長など暴力団関係者の妻が含まれていたことが2013年2月19日に判明した[6]。組長はコンペ開催の3か月前、乗用車の名義について虚偽の申請をおこなったとして、申請に協力した福島県内の不動産会社の元社長とともに県警に逮捕されており、コンペには同不動産会社の幹部も参加していた[6]。偉民は時事通信社の取材に対し、組長らについて「名前も知らず、一度も会ったことはない」と述べ、組長の妻らについては「会っているかもしれないが覚えていない。面識はない」と関係を否定した。不動産会社元社長については「付き合いがあり、ゴルフも以前に参加してもらったと思う。逮捕されたことは知らなかった」と語った[6]。偉民の後援会事務所では、コンペでは参加者から1万円前後の参加費を徴収したが、政治資金には充てていないとしている[6]

その他[編集]

主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “プロフィール”. 公式サイト. http://www.kameokayoshitami.com/egao/profile/ 2015年5月3日閲覧。 
  2. ^ 亀岡偉民君衆議院
  3. ^ 「亀岡偉民君」衆議院
  4. ^ http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090730-OYT1T00850.htm
  5. ^ 「亀岡偉民君」衆議院
  6. ^ a b c d 亀岡政務官、組長妻らとゴルフ=後援会主催のコンペで-「面識ない」と関係否定”. 時事通信(2013年2月19日). 時事通信社. 2013年3月23日閲覧。
  7. ^ ベースボール博物館 その84 安倍晋三首相のサイン入りホームプレート”. 週刊ベースボール(2007年2月24日). 野球殿堂博物館. 2013年8月11日閲覧。
  8. ^ 全面広告画像
  9. ^ 亀岡偉民手記 亀岡よしたみ 公式サイト
  10. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞(2013年12月14日). 東京新聞社. 2014年12月13日閲覧。
  11. ^ 朝日新聞2014年衆院選(朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年)
  12. ^ 毎日新聞2014年衆院選アンケート
  13. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
加賀谷健
郡和子
金子恵美
稲見哲男
岸本周平
大野元裕
本多平直
高山智司
日本の旗 内閣府大臣政務官
山際大志郎小泉進次郎
北村茂男伊藤忠彦
島尻安伊子福岡資麿
平将明松本文明
秋野公造磯崎仁彦
浮島智子と共同

2012年 - 2014年
次代:
小泉進次郎
越智隆雄
松本洋平
岩井茂樹
福山守
先代:
郡和子
金子恵美
加賀谷健
橋本清仁
日本の旗 復興大臣政務官
徳田毅
長島忠美
坂井学
島尻安伊子と共同

2012年 - 2013年
次代:
小泉進次郎
山本朋広
岩井茂樹
坂井学