THE FACTS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

THE FACTS(ザ・ファクツ)は、すぎやまこういち屋山太郎櫻井よしこ花岡信昭西村幸祐の5人で構成された「歴史事実委員会」が、慰安婦問題に関して『ワシントン・ポスト』(2007年6月14日付)に出した意見広告。「慰安婦強制連行の証拠はない」という主張を展開している[1]。題名の『THE FACTS』は「事実」の意[1]。広告費用はすぎやまが全額負担した。また、国会議員44人、有識者13人が賛同者として名を連ねた[2]

経緯と影響[編集]

第1次安倍内閣慰安婦について「狭義の強制の証拠はなかった」と閣議決定した事に対して、米国では反感が強まっていた。国家安全保障会議上級アジア部長であったマイケル・グリーンは「強制連行されたかどうかは関係ない。・・・・問題は慰安婦が悲惨な目に遭ったという事であり、永田町政治家たちはこの事実を忘れている」と述べている[3]

この広告に対し、アメリカ合衆国海軍戦後日本に作られた特殊慰安施設協会に関する広告の主張に対し反論を行うと表明した[4]しんぶん赤旗ディック・チェイニー合衆国副大統領も「このような意見広告が何故掲載されたのか」と不快感を示したと報じた[5][6]

日本側は、この広告によって日米同盟の重要性が再認識され、決議案可決の流れが止まることを期待していたが[7]6月26日下院外交委員会の採決では、「賛成39、反対2」で決議案は可決された。外交委員長のトム・ラントスは採決に当たり、この広告に日本の国会議員が名を連ねたことについて、「慰安婦制度の中で生き残った人々を中傷するものだ」と批判した[8]

ただし、決議案は原案から修正され、「日本国首相の公式の声明としての謝罪」を「首相が公式な声明として謝罪すれば、これまでの声明の誠意に関して繰り返される疑問を晴らすのに役立つだろう」に修正して、日米同盟の重要性を指摘する文章も追加された[8][9]

この後、世界各国の国会国際機関から、日本政府慰安婦問題解決を促す決議が相次いだ(オランダ下院慰安婦問題謝罪要求決議カナダ下院慰安婦問題謝罪要求決議国際連合人権理事会フィリピン台湾欧州議会)。

内容[編集]

事実[編集]

原文

The Facts

The purpose of this paid public comment is to present historical facts.

At the end of April, an advertisement purporting to tell "The Truth about Comfort Women" appeared in the Washington Post.

The claims contained in these statements, though, were anything but the "truth."

Rather than being based on "facts," they appeared, if anything, to be the products of "faith."

The people of Japan have the highest respect for the United States as a fellow democratic nation and as a strong and reliable ally. For democracy to operate effectively, though, the freedom of speech, thought, academic research, and religion must be guaranteed so that individual citizens can draw their own appropriate conclusions.

To enable this, people must have access to correct facts, rather than fallacies, distortions, biases, and factual errors.

This public comment seeks to present a number of historical facts relating to "comfort women" that have not been adequately brought to light so as to enable the readers of this respected publication to draw their own conclusions.

訳文

この有料意見広告の目的は歴史的事実を提供することである。

4月末、「慰安婦の真実」を述べることを目的とした広告がワシントンポスト紙に掲載された。
しかし、この声明文に含まれる主張は「真実」とは程遠いものであり、どちらかと言えば、「事実」に基づくというより「信条」の産物のように見受けられた。日本国民は、民主主義国家の盟友として、また、強力で信頼できる同盟国として、アメリカ合衆国に最高の敬意を払っている。
しかし、民主主義が効率的に機能するには、言論の自由、思想の自由、学術研究の自由、そして信仰の自由が保障されていなければならない。
その上で、個々の市民が自身にとって妥当な結論を出すことができる。
これを可能にするためには、虚偽、歪曲、偏向、事実誤認ではなく、正確な事実を国民が自由に入手できるようにしなければならない。
この意見広告のねらいはこれまで充分に明らかにされていなかった「慰安婦」に関する歴史的事実を何点か提示し、その上で、本誌の読者が自身の結論を出せるようにすることである。

事実1[編集]

Fact 1

No historical document has ever been found by historians or research organizations that positively demonstrates that women were forced against their will into prostitution by the Japanese army. A search of the archives at the Japan Center for Asian Historical Records, which houses wartime orders from the government and military leaders, turned up nothing indicating that women were forcibly rounded up to work as ianfu, or comfort women."

On the contrary, many documents were found warning private brokers not to force women to work against their will

Army memorandum 2197, issued on March 4, 1938, explicitly prohibits recruiting methods that fraudulently employ the army's name or that can be classified as abduction, warning that those employing such methods have been punished. A Home Affairs Ministry directive (number 77) issued on February 18, 1938, states that the recruitment of "comfort women" must be in compliance with international law and prohibits the enslavement of abduction of women. A directive (number 136) issued on November 8 the same year, moreover, orders that only women who are 21 years old or over and are already professionally engaged in the trade may be recruited as "comfort women." It also requires the approval of the woman's family or relatives.

A historian who claims that the number of "comfort women" reached 200,000 - a contention frequently quoted in the US media - believes, on the other hand, that the memorandum offers proof of the army's active involvement.

訳文

日本軍によって、女性が、その意思に反して、売春を強制されたことをはっきりと明示した歴史文書を発見した歴史家歴史学者や研究機関はまだない。当時の政府や軍指導者からの戦時命令を保管しているアジア歴史資料センターでの調査でアーカイブ検索で、女性を強制的に拉致し慰安婦として働かされたことを示す文書は一つとしてないことが明らかになった。

逆に、女性をその意思に反して強制して働かせることのないよう民間業者に対して警告している文書が多数発見されたのである。
1938年3月4日に出された陸軍通牒Army memorandum 2197(軍慰安所従業婦等募集に関する件陸支密受第2197号)では、軍の名を不正に利用した募集方法や誘拐に類する募集方法を明確に禁止しており、そのような募集方法を使った業者はこれまでと同じように罰すると警告している。
1938年2月18日に出された内務省通牒number 77(支那渡航婦女の取扱に関する件)は、「慰安婦」の募集では国際法を遵守せねばならないと記述しており、女性の奴隷化や誘拐を禁じている。
同年11月8日に出された通牒number 136(南支方面渡航婦女の取り扱いに関する件[10]支那渡航婦女に関する件伺[11])では、21歳以上かつ既に売春を職業としている女性に限ってのみ「慰安婦」として募集することを許可すると命じており、また、当該女性の家族か親族の承諾を必要としている。

一方で、「慰安婦」の総数が20万に達すると主張(米メディアで頻繁に引用されている主張)しているある歴史学者は、この通牒が旧日本陸軍の積極的な関与を示す証拠であると考えている。


事実2[編集]

Fact 2

There are many newspaper articles, moreover, that demonstrate that these directives were dutifully carried out. The August 31, 1939, issue of Dong-A Ilbo, published in Korea, reports of brokers who forced women to become ianfu against their will being punished by the local police, which was under Japanese jurisdiction at the time. This offers proof that the Japanese government dealt severely with inhumane crimes against women.


Unscrupulous Brokers Run Rampant

Abduction of Rural Women and Girls

More than 100 Women Victimized Pusan Police Officers Dash Off to Mukden

Pusan - Unscrupulous brokers have been conspiring to abduct women from poor families by promising them generous rewards in Manchuria (where Japanese soldiers are claimed to be visiting brothels in swarms). Forty-five such brokers were found to be working in Pusan, where they hired unsuspecting young women away from their families and sold them into prostitution in Manchuria. Over 100 women have already been victimized. Intensive investigation by Pusan police has revealed the identity of a Mukden dealer involved in these activities, and six officers were dispatched in the evening of August 20 to the city to arrest this dealer. The arrest is expected to fully expose the nightmarish activities of these brokers.

訳文

さらに、これらの指令が忠実に実行されたことを明示する新聞記事が多くある。
1939年8月31日、東亜日報(韓国で発行)において、女性を強制的に慰安婦にした仲介業者が、当時日本の管轄下にあった現地警察に処罰された、という記事が掲載された。
このことは日本政府が女性に対する非人道的な犯罪にたいして厳正な対応をとった証拠を示す。

1939年8月31日 東亜日報
悪徳紹介業者が跋扈
農村の婦女子を誘拐
被害女性が百名を超える
釜山刑事、奉天に急行

【釜山】満州では売春宿が多くの日本兵で賑わっており、その景気が非常に良くなっていると宣伝し、朝鮮の農村で生活に困っている婦女子を相手に都会の紹介業者が跋扈している、最近、釜山府内でも悪徳紹介業者45名が結託し、純真な婦女子らを言葉巧みに誘惑し満州方面に売り飛ばした人数が百名を超えたとされる。釜山署司法係が厳重な取り調べをする中で、同事件の関係者として浮かび上がった奉天の某紹介業者を逮捕するため、8月20日夜、ユ警部補以下刑事6名が奉天に急行した。同犯人を逮捕すれば悪魔のような彼らの活動経緯をすべて暴露されると見られている。

事実3[編集]

Fact 3

There were admittedly cases, though, of breakdowns in discipline. On the island of Semarang in the Dutch East Indies (now Indonesia), for instance, an army unit forcibly rounded up a group of young Dutch women to work at a "comfort station." The station was shut down under army orders, though, when this incident came to light, and the responsible officers were punished. Those involved in this and other war crimes were subsequently tried in Dutch courts and received heavy sentences, including the death penalty.

訳文

しかしながら、規律違反の例があったことも確かである。例えば、オランダ領東インド(現在のインドネシア)、スマラン島では、一陸軍部隊がオランダ人若い女性の一団を強制的に拉致し「慰安所」で働かせていた。しかし、この事件が明らかになった時点で、この慰安所は軍の命令により閉鎖され、責任のある将校は処罰された。これらの戦争犯罪に関与した者はその後オランダ法廷で裁判にかけられ、死刑を含む重い判決を受けた。

事実4[編集]

Fact 4

House Resolution 121 sponsored by US Representative Mike Honda and other charges of Japanese maltreatment of "comfort women" are mostly based on testimonies by former ianfu. In none of their initial statements are there references to their being coerced to work by the army or other units of the Japanese government.

Their testimonies have undergone dramatic changes, though, after the start of the anti-Japanese campaign. Those who testified in a House of Representatives public hearing first reported that they were whisked away by brokers, but then later claimed that their abductors were clothing that "looked like police uniforms."

訳文

マイク・ホンダ米下院議員が提案した下院決議121や、日本軍による「慰安婦」の虐待に関する他の非難決議は、元慰安婦の証言に基づいているものがほとんどである。慰安婦の初期の供述では、旧日本軍や他の日本政府機関によって強制され働かされたとの言及はない。しかしながら、反日キャンペーン後、慰安婦の証言は劇的に変化したのである。下院公聴会で証言した慰安婦たちは、最初は業者に連れ去られたと証言していたが、後に誘拐犯は「警官の制服に見える」服を着ていたと主張するようになった。

事実5[編集]

Fact 5

The ianfu who were embedded with the Japanese army were not, as is commonly reported, "sex slaves."

They were working under a system of licensed prostitution that was commonplace around the world at the time. Many of the women, in fact, earned incomes far in excess of what were paid to field officers and even generals (as reported by the United States Office of War Information, Psychological Warfare Team Attached to U.S. Army Forces, India-Burma Theater, APO 689), and there are many testimonies attesting to the fact that they were treated well.

There are records of soldiers being punished for acts of violence against the women. Many countries set up brothels for their armies, in fact, to prevent soldiers from committing rape against private citizens. (In 1945, for instance, Occupation authorities asked the Japanese government to set up hygienic and safe "comfort stations" to prevent rape by American soldiers.)

Sadly, many women were made to suffered severe hardships during the wretched era during World War II, and it is with profound regret that we contemplate this tragic historical reality.

At the same time, we must note that it is a gross and deliberate distortion of reality to contend that the Japanese army was guilty of "coercing young women into sexual slavery" in "one of the largest cases of human trafficking in the 20th century," as the House Resolution claims. After all, two-fifth of the approximately 20,000 ianfu during the war were Japanese women, as detailed in an academic paper by historian Ikuhiko Hata.

We are interested, foremost, in sharing the truth with the American public. Criticism for events that actually occurred must be humbly embraced. But apologies over unfounded slander and defamation will not only give the public an erroneous impression of historical reality but could negatively affect the friendship between the United States and Japan. We ask only that the Facts be objectively regarded so that we may share a correct perception of history.

Translation of an article demonstrating that there was no organized or forced recruitment: Misconceptions about comfort women and the Japanese military

訳文

日本軍に配属された慰安婦は、現在頻繁に報道されているような「性の奴隷」ではなかった。
慰安婦は公娼制度の下で働いており、当時、公娼制度は世界中で当たり前であった。実際、慰安婦の多くが佐官どころか将軍よりも遥かに高い収入を得ており(アメリカ陸軍インド・ビルマ戦域軍所属 アメリカ戦時情報局心理作戦班 *APO 689。※日本人戦争捕虜尋問レポート No.49のこと)、 慰安婦の処遇は良好であったという事実の証言も多くある。
慰安婦に対する暴力行為により処罰された兵の記録もある。
実際、一般市民の強姦を防止するため多くの国が軍用の売春施設を設置していた。
(例えば、1945年、占領軍当局は日本政府に対し米軍兵による強姦を防止する目的で衛生的で安全な「慰安所」を設置するよう要請していた。)

第二次世界大戦中の悲惨な時代に非常な困難を蒙ることを余儀なくされたことは遺憾であり、我々はこの悲劇的な歴史の実相を深い後悔の念とともに直視したい。
同時に、下院決議案が主張するような、旧日本軍が「20世紀最大の人身売買犯罪の一つ」として「若い女性を強制して性の奴隷にした」という罪を犯したとの申し立ては、真実に対する大幅かつ故意の歪曲であることも指摘しておかなければならない。
何と言っても、歴史学者の秦郁彦による学術論文で詳細に述べられているように、戦時中の約2万人の慰安婦の5分の2は日本人女性だったのである。

何よりもまず、我々はアメリカの大衆と真実を共有することに関心がある。実際に起きた事件への批判は謙虚に受け止めなければいけない。
しかし、事実に基づかない誹謗中傷に対して謝罪すれば、アメリカの大衆に歴史の実相について間違った印象を与えるばかりでなく、 合衆国と日本の友好関係に否定的な影響を及ぼすことにもなりかねない。
歴史について正しい認識を共有するために事実を客観的に捉えてほしい。
我々が望むのはただその一点のみである。

賛同者[編集]

Assentors

Diet members
The Liberal Democratic Party of japan
Masaaki Akaike, Tomomi Inada, Taku Etoh, Takashi Otsuka, Hideaki Okabe, Yuichi Ogawa, Cyube Kagita, Yoshitami Kameoka, Minoru Kihara, Tsukasa Kobiki, Manabu Sakai, Yoshinobu Shimamura, Motoshi Sugita, Keisuke Suzuki, Kentarou Sonoura, Masaaki Taira, Touru Toida, Touru Doi, Masaki Doi, Katsuko Nishimoto, Jun Hayashi, Yoshihisa Furukawa, Fumiaki Matsumoto, Youhei Matsumoto, Youji Mutoh, Kazuo Aichi, Tomohiro Yamamoto, Atsushi Watanabe, Yoshio Nakagawa
The Democratic Party of Japan
Kenko Matsuki, Hirofumi Ryu, Yoshio Maki, Izumi Yoshida, Takashi Kawamura, Takashi Ishizeki, Kenta Izumi, Hideo Jinpu, Kenji Tamura, Eiichirou Washio, Keirou Kitagami, Jin Matsubara, Sinpei Matsushita
Independent
Shingo Nishimura, Takeo Hiranuma
Professors/Political Commentators/Journalists
Professors: Hayaru Fukuda, Kohichi Endoh, Masahiro Miyazaki, Shudo Higashinakano, Kazuhiro Araki, Youichi Shimada, Tsutomu Nishioka, Nobukatsu Fujioka
Political Commentators: Hideaki Kase, Kanji Nishio, Kouichirou Tomioka, Hisahiko Okazaki
Journalists Shigeharu Aoyama, Hiromichi Moteki

We, the undersigned members of the Committee for Historical Facts, endorse the public comment presented above

Taro Yayama, political commentator
Yoshiko Sakurai, journalist
Nobuaki Hanaoka, political commentator
Koichi Sugiyama, musician
Kohyu Nishimura, journalist

Itopia Minamiazabu 603 16-8, Minamiazabu 3-chome, Minato-ku, Tokyo 106-0047, Japan

国会議員
自由民主党

愛知和男赤池誠章稲田朋美江藤拓大塚高司岡部英明小川友一鍵田忠兵衛亀岡偉民木原稔木挽司坂井学島村宜伸杉田元司鈴木馨祐薗浦健太郎平将明土井亨土井真樹戸井田徹西本勝子林潤古川禎久松本文明松本洋平武藤容治山本朋広渡部篤中川義雄

民主党

石関貴史泉健太河村たかし北神圭朗神風英男田村謙治牧義夫松木謙公松原仁吉田泉笠浩史鷲尾英一郎松下新平

無所属

西村眞悟平沼赳夫

有識者

脚注[編集]

  1. ^ a b 花岡信昭 (2007年6月21日). “我々の国家はどこに向かっているのか 第64回 ワシントン・ポスト紙に「慰安婦意見広告」― その経緯と波紋”. 日経BP. p. 1. 2011年5月13日閲覧。
  2. ^ 花岡信昭 (2007年6月21日). “我々の国家はどこに向かっているのか 第64回 ワシントン・ポスト紙に「慰安婦意見広告」― その経緯と波紋”. 日経BP. p. 2. 2011年5月13日閲覧。
  3. ^ 「朝日新聞」2007-3-10
  4. ^ “「強制性否定」が逆効果=採択濃厚の慰安婦決議案-米下院”. 時事通信社. (2007年6月19日). http://megalodon.jp/?url=http://www.jiji.com/jc/c%3fg%3dpol_30%26k%3d2007061900700&date=20070619202745 2009年12月20日閲覧。 
  5. ^ “「従軍慰安婦」強制を否定 自民・民主議員ら 米紙への意見広告 批判・怒り世界から 米副大統領も「不愉快」”. しんぶん赤旗. (2007年6月24日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-24/2007062403_01_0.html 2009年12月20日閲覧。 
  6. ^ “日本の慰安婦関連広告、米副大統領や議員が猛反発”. 聯合ニュース. (2007年6月18日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2007/06/18/0800000000AJP20070618001000882.HTML 2010年4月22日閲覧。 
  7. ^ 西村幸祐 (2007年6月). “酔夢ing Voice - 西村幸祐 -”. 2009年12月20日閲覧。
  8. ^ a b “米下院外交委「慰安婦」決議を採択…日本政府に謝罪要求”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2007年6月27日). オリジナル2007年7月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070701173333/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070627it02.htm 2015年8月7日閲覧。 
  9. ^ 『読売新聞』2007年6月27日付朝刊
  10. ^ 警保局警発甲第一三六号 ((昭和十三年)十一月八日施行) 大阪、京都、兵庫、福岡、山口各府県知事宛。『政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成』第1巻
    http://www.awf.or.jp/pdf/0051_1.pdf
  11. ^ 同日付の文書。 (秘)施行十一月八日 警保局長

外部リンク[編集]