山本公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山本 公一
やまもと こういち
Kōichi Yamamoto.jpg
環境大臣入閣に際し公表された肖像写真
生年月日 (1947-09-04) 1947年9月4日(74歳)
出生地 日本の旗 日本 愛媛県宇和島市
出身校 慶應義塾大学経済学部
前職 盛運汽船社長
所属政党 自由民主党谷垣グループ
称号 旭日大綬章
経済学士
親族 父・山本友一(宇和島市長・衆議院議員・盛運汽船社長)

内閣 第3次安倍第2次改造内閣
在任期間 2016年8月3日 - 2017年8月3日

選挙区旧愛媛3区→)
愛媛4区
当選回数 9回
在任期間 1993年7月18日 - 2021年10月14日

当選回数 1回
在任期間 1991年 - 1993年
テンプレートを表示

山本 公一(やまもと こういち、1947年9月4日 - )は、日本政治家実業家

衆議院議員(9期)、環境大臣第23代)、内閣府特命担当大臣原子力防災)、総務副大臣第2次小泉改造内閣第3次小泉内閣)、衆議院内閣委員長沖縄及び北方問題に関する特別委員長国家基本政策委員長政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員長盛運汽船代表取締役社長等を歴任した。

父は宇和島市長、衆議院議員、盛運汽船社長を務めた山本友一

来歴[編集]

愛媛県宇和島市生まれ。愛媛県立宇和島南高等学校慶應義塾大学経済学部卒業[1]。大学卒業後、1970年関西汽船株式会社に入社[1]1973年、父・山本友一が経営する盛運汽船株式会社に入社し、1981年から1992年まで同社代表取締役社長。また宇和島ケーブルテレビ株式会社取締役や愛媛経済同友会幹事を歴任した[1]

1991年愛媛県議会議員選挙に出馬し、初当選。1993年、1期目の任期途中で県議を辞職し、引退する今井勇の後継で第40回衆議院議員総選挙旧愛媛3区(定数3)から出馬。同区トップで初当選。小選挙区比例代表並立制導入により、第41回衆議院議員総選挙以降は愛媛4区から出馬し、通算6期連続当選。1996年第2次橋本改造内閣環境政務次官に任命された[1]

2000年第2次森内閣不信任決議案をめぐる、加藤紘一による倒閣運動(いわゆる加藤の乱)では、加藤派の所属議員が野中広務幹事長らに切り崩される中、不信任案に賛成票を投じるため本会議場へ向かう加藤を最後まで慰留し、最終的に断念させる。この時、共に加藤を慰留したのが谷垣禎一だった[2]2004年9月、第2次小泉改造内閣総務副大臣郵政IT担当[1])に任命され、第3次小泉内閣まで務める[1]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、全国的に与党への猛烈な逆風が吹き荒れる中、愛媛4区で民主党高橋英行無所属桜内文城らを破り、6選(高橋は比例復活)。同年、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長に就任[1]。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では自民党公認で愛媛4区から出馬し、7期目の当選を果たしたが、日本維新の会から出馬した桜内文城に比例復活を許した(民主党前職の高橋英行は落選)。選挙後、衆議院国家基本政策委員長に就任[1]

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、次世代の党から出馬した桜内を比例復活すら許さない大差で破り、8選。2016年8月3日第3次安倍第2次改造内閣環境大臣ならびに内閣府特命担当大臣原子力防災)に任命され、初入閣した[3]2017年8月3日第3次内閣改造で大臣を退任。同年10月の第48回衆議院議員総選挙希望の党から出馬した桜内らを破り9選。

2019年9月、病気療養などに伴い次期衆議院議員総選挙に出馬しない意向を示した[4]。体調不良のため入院しており、2020年に続いて2021年の自由民主党総裁選挙の投票を棄権した[5]

2022年春の叙勲旭日大綬章を受章[6][7]

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

盛運汽船への補助金返還訴訟[編集]

2012年、山本の妻や長男ら、親族が所有・経営する盛運汽船株式会社に対して宇和島市が支払った離島航路補助金について、2005年10月から2010年9月に宇和島市から支払われた約3億円弱の補助金を盛運汽船から市に返還させるよう、石橋寛久市長に求める住民訴訟松山地方裁判所に起こされた[11]が、松山地裁は原告住民側の訴えを全て退けた。

政治資金で真珠を購入[編集]

山本の資金管理団体「地域政経研究会」が、真珠を購入するために2012年から2013年にかけて2度、計31万5千円を政治資金から支出していた[12]。山本は真珠の購入について、愛媛4区の有権者以外に真珠産業振興の目的で贈答するためであり「まったくもって適法」と、8月5日閣議後の記者会見で説明した[13]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 山本公一・プロフィール - 衆議院議員 山本公一 オフィシャルサイト
  2. ^ 第3次安倍再改造内閣 閣僚・自民党執行部の横顔” (2016年8月4日). 2016年8月6日閲覧。
  3. ^ 環境相に山本公一氏 第3次安倍再改造内閣” (2016年8月3日). 2016年8月6日閲覧。
  4. ^ “次期衆院選 山本氏、不出馬の意向”. 愛媛新聞. https://www.ehime-np.co.jp/article/news201909180129 2019年9月18日閲覧。 
  5. ^ “山本元環境相、総裁選棄権へ”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2021年9月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091701143&g=pol 2021年9月21日閲覧。 
  6. ^ “ことしの「春の叙勲」各界の計4034人が受章”. NHK. (2022年4月29日). https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20220429/1000079455.html 2022年4月30日閲覧。 
  7. ^ 『官報』号外第97号、令和4年5月2日
  8. ^ a b c d e “2012衆院選 愛媛4区 山本公一”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A38004003003 2014年8月20日閲覧。 
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  10. ^ 第154回国会請願2137号
  11. ^ 山本代議士親族会社への補助金返還求め宇和島市長提訴” (2012年10月2日). 2016年8月6日閲覧。
  12. ^ 山本環境相の管理団体、政治資金で真珠購入 31万円” (2016年8月5日). 2016年8月6日閲覧。
  13. ^ 政治資金で真珠製品購入、山本環境相「適切」” (2016年8月5日). 2016年8月6日閲覧。
  14. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
丸川珠代
日本の旗 環境大臣
第23代:2016年 - 2017年
次代:
中川雅治
先代:
丸川珠代
日本の旗 特命担当大臣原子力防災
第7代:2016年 - 2017年
次代:
中川雅治
先代:
田端正広
山口俊一
日本の旗 総務副大臣
今井宏と共同

2004年 - 2005年
次代:
菅義偉
山崎力
議会
先代:
山本拓
日本の旗 衆議院政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員長
2016年
次代:
竹本直一
先代:
古賀一成
日本の旗 衆議院国家基本政策委員長
第15代:2012年 - 2014年
次代:
宮路和明
先代:
前原誠司
日本の旗 衆議院沖縄及び北方問題
に関する特別委員長

2009年 - 2010年
次代:
北村誠吾
先代:
佐々木秀典
日本の旗 衆議院内閣委員長
2003年 - 2004年
次代:
松下忠洋