山本公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 山本 公一
生年月日 1947年9月4日(68歳)
出身地 日本の旗愛媛県宇和島市
出身校 慶應義塾大学経済学部
学位・資格 経済学士
前職 愛媛県議会議員
所属委員会 国土交通委員会
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会(委員長)
世襲 2世
父・山本友一(宇和島市長・衆議院議員)
選出選挙区 旧愛媛3区→)
愛媛4区
当選回数 8回
所属党派 自由民主党谷垣グループ
党役職 愛媛県第4選挙区支部長
会館部屋番号 衆議院第2議員会館703号室
ウェブサイト 山本公一オフィシャルサイト
テンプレートを表示

山本 公一(やまもと こういち、1947年9月4日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(8期)、自民党愛媛県連会長、衆議院政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員長

総務副大臣第2次小泉改造内閣第3次小泉内閣)、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、衆議院国家基本政策委員長愛媛県議会議員(1期)等を歴任。

父は宇和島市長衆議院議員を務めた山本友一

来歴[編集]

愛媛県宇和島市生まれ。愛媛県立宇和島南高等学校慶應義塾大学経済学部卒業。1970年、慶大を卒業し関西汽船に入社する。1981年盛運汽船取締役社長に就任。その後宇和島ケーブルテレビ取締役、愛媛経済同友会幹事を歴任[要出典]

1991年愛媛県議会議員選挙に出馬し、初当選。1993年、1期目の任期途中で県議を辞職し、引退する今井勇の後継で第40回衆議院議員総選挙旧愛媛3区から出馬。同区トップで初当選。小選挙区比例代表並立制導入により、第41回衆議院議員総選挙以降は愛媛4区から出馬し、通算6期連続当選。

1996年第2次橋本改造内閣環境政務次官に就任[要出典]

2004年3月、自民党愛媛県連会長に就任。同年9月、第2次小泉改造内閣総務副大臣に任命され、第3次小泉内閣まで務める[要出典]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、愛媛4区で民主党高橋英行無所属桜内文城らを破り、6選。同年、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長に就任[要出典]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、愛媛4区で7選。選挙後、衆議院国家基本政策委員長に就任[要出典]

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、愛媛4区で8選。

訴訟[編集]

2012年、山本の親族らが経営する「盛運汽船」(宇和島市栄町港2丁目)に宇和島市が支払った離島航路補助金は、前提事実が誤っており違法として、2005年10月~2010年9月に支払った補助金計約2億9849万円を同社などに返還させるよう石橋寛久市長に求める住民訴訟松山地裁に起こされた[1]。 2016年2月24日、松山地裁は、盛運汽船側に不正または違法とされる事実はなく補助金交付決定は適法であると判示して、原告住民側の訴えをすべて退けた [2]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「山本代議士親族会社への補助金返還求め宇和島市長提訴」、愛媛新聞 2012年10月2日
  2. ^ 「宇和島離島航路補助金訴訟 住民側の請求を棄却」愛媛新聞2016年2月25日
  3. ^ a b c d e “2012衆院選 愛媛4区 山本公一”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A38004003003 2014年8月20日閲覧。 
  4. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  5. ^ 第154回国会請願2137号

外部リンク[編集]


議会
先代:
山本拓
日本の旗 衆議院政治倫理の確立
及び公職選挙法改正
に関する特別委員長

2016年 -
次代:
現職
先代:
古賀一成
日本の旗 衆議院国家基本政策委員長
2012年 - 2014年
次代:
宮路和明
先代:
藤村修
日本の旗 参議院沖縄及び北方問題
に関する特別委員長

2009年 - 2010年
次代:
北村誠吾
先代:
佐々木秀典
日本の旗 衆議院内閣委員長
2003年 - 2004年
次代:
松下忠洋
公職
先代:
田端正広
山口俊一
日本の旗 総務副大臣
今井宏と共同
2004年 - 2005年
次代:
菅義偉
山崎力