コンテンツにスキップ

青木正久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青木 正久
あおき まさひさ
生年月日 (1923-01-22) 1923年1月22日
出生地 日本の旗 埼玉県
没年月日 (2001-08-06) 2001年8月6日(78歳没)
出身校 東京帝国大学法学部卒業
前職 東京新聞記者
所属政党 自由民主党中曽根康弘→渡辺美智雄派
称号 勲一等瑞宝章
親族 父・青木正(自治庁長官)

日本の旗 第20代 環境庁長官
内閣 竹下改造内閣
在任期間 1988年12月27日 - 1989年6月3日

選挙区 旧埼玉4区
当選回数 7回
在任期間 1967年1月29日 - 1972年11月13日
1976年12月5日 - 1979年9月7日
1980年6月22日 - 1993年6月18日
テンプレートを表示

青木 正久(あおき まさひさ、1923年1月22日 - 2001年8月6日)は、日本政治家環境庁長官(第20代)、衆議院議員(7期、自由民主党)。

父は自治庁長官を務めた青木正

経歴

[編集]

埼玉県出身。東京大学法学部卒業後の1947年東京新聞社に入社。ロンドン支局長、ニューヨーク支局長、政治部長、編集局長などを歴任した後、1966年退社し[1]、翌1967年の衆院選に父・正の地盤を継ぎ旧埼玉4区から出馬し初当選。自民党内では中曽根康弘→渡辺美智雄派に属す。1988年12月、竹下改造内閣環境庁長官として初入閣。翌年6月まで務めた。それ以降は地球環境問題をライフワークとするようになり、1992年環境と開発に関する国際連合会議に参加。また同年発足した地球環境行動会議(初代会長は竹下登)の事務総局長を務めたが、1993年の衆院選で落選した。当選通算7回。

小選挙区比例代表並立制が導入された1996年の衆院選時、青木は当初埼玉13区の自民党支部長となり、自民党の公認も得て立候補の準備を進めていたが、選挙直前に埼玉県知事土屋義彦の次女土屋品子が埼玉13区から無所属で出馬することを表明。土屋父子に配慮した新進党民主党は候補者擁立を見送った。青木はなおも出馬の意向であったが、土屋父子の地元春日部市での品子の大量得票が予想され、自民党は青木の当選は困難と判断。青木は小選挙区出馬を断念し、比例北関東ブロックからの立候補を検討したが、当選可能な名簿順位を得られない見通しとなり、選挙不出馬となった。同年秋の叙勲で勲一等瑞宝章受章[1]

その後も国政復帰の意思を示し、後援会も存続。1999年第14回統一地方選挙埼玉県議会議員選挙に自身の秘書を20年以上にわたって務めた鈴木聖二が東1区(行田市)から立候補。青木と青木後援会はその応援に回った。鈴木は初当選を果たし、青木は後援会を鈴木に託して政界を引退した。国会を離れてからも地球環境問題に関する著作を発表するなど、精力的に地球環境問題に取り組んだ。2001年8月6日心不全のため死去、78歳没[2]

受賞(章)歴

[編集]

著書

[編集]
  • 『薔薇 : バラの文化史』作品社、1956年。
  • 『これからのバラ作り』誠文堂新光社、1959年。
  • 『海外特派員』角川書店、1959年。
  • 『世界バラの旅』社会思想社現代教養文庫〉、1962年。
  • 『薔薇物語』光和堂、1965年。
  • 『世界のバラ』海南書房、1971年。
  • 『魔女のガウン 地球環境物語』ぎょうせい、1994年。 ISBN 4-324-04256-X
  • 『国会議員のふつうの生活』文藝春秋、1994年。 ISBN 4-16-349330-1

脚注

[編集]
  1. ^ a b c d e "青木 正久". 新訂 政治家人名事典 明治~昭和. コトバンクより2023年9月10日閲覧
  2. ^ “訃報”. 産経新聞. (2001年8月7日). オリジナルの2001年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010905195422/http://www.sankei.co.jp/databox/paper/0108/07/paper/today/dead/07dea002.htm 2023年9月10日閲覧。 
議会
先代
阿部文男
三ツ林弥太郎
日本の旗 衆議院文教委員長
1986年
1981年 - 1982年
次代
愛知和男
葉梨信行
公職
先代
堀内俊夫
日本の旗 環境庁長官
第20代:1988年 - 1989年
次代
山崎竜男