大島敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大島 敦
おおしま あつし
Oshima Atsushi.jpg
生年月日 (1956-12-21) 1956年12月21日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県北本市
出身校 早稲田大学法学部
前職 日本鋼管社員
ソニー生命保険社員
所属政党民主党→)
民進党鳩山G大畠G→)
希望の党→)
旧国民民主党→)
立憲民主党
称号 法学士
サイン Atsushi Oshima signature.svg
公式サイト 衆議院議員 大島あつし(埼玉6区) 公式WEBサイト

選挙区埼玉6区→)
比例北関東ブロック→)
埼玉6区
当選回数 8回
在任期間 2000年6月26日 - 現職

その他の職歴
Democratic Party (Japan) logo.svg 第3代 民進党幹事長
(代表:前原誠司
2017年9月 - 2017年10月
テンプレートを表示

大島 敦(おおしま あつし、1956年12月21日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(8期)、立憲民主党埼玉県連代表[1]

内閣府副大臣鳩山由紀夫内閣菅直人内閣)、総務副大臣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣野田第3次改造内閣)、素交会会長、民進党幹事長(第3代)、希望の党幹事長政策調査会長、希望の党代表代行、旧国民民主党選挙対策委員長、立憲民主党組織委員長などを務めた。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

埼玉県北本市生まれ。京華高等学校早稲田大学法学部卒業(ゼミは会社法[2]1981年に大学卒業後、日本鋼管(現JFEスチールJFEエンジニアリング)へ入社[3]。同社に14年間勤務し、輸出営業を担当、3年半のドイツ駐在を経験する。その後、ソニー生命保険に入社し、5年間営業職を務め、ソニー生命での新規顧客の開拓を担当していた[4]

政界入り・民主党[編集]

通勤途中の高崎線で民主党の候補者募集ポスターを見たことが政界入りのきっかけ[4]2000年第42回衆議院議員総選挙埼玉6区から民主党公認で出馬し、公明党若松謙維らを破り初当選(若松も比例復活)。2003年第43回衆議院議員総選挙では、重複立候補せずに背水の陣で臨んだ若松に大差をつけ、再選。郵政解散による2005年第44回衆議院議員総選挙では自由民主党新人の中根一幸を1,500票差で破り、3選(中根は比例復活)。2009年第45回衆議院議員総選挙では、自民党の中根をダブルスコアで破り4選。大島が獲得した186,993票は、全国300の小選挙区で第3位の得票数であった[5]

同年9月、鳩山由紀夫内閣内閣府副大臣沖縄及び北方対策公務員制度改革消費者及び食品安全共生社会政策など)に就任。2010年6月に発足した菅直人内閣でも再任。

2011年民主党代表選挙・鹿野グループ時代[編集]

2011年8月の民主党代表選挙では、鹿野道彦農林水産大臣の推薦人に名を連ねる。代表選後、素交会(鹿野グループ)の旗揚げに参加した。2012年4月、野田第1次改造内閣総務副大臣に任命され、野田第2次改造内閣野田第3次改造内閣でも留任。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、与党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、埼玉6区でこれまで2回連続で下した自民党元職の中根一幸に198票の僅差で敗北。重複立候補していた比例北関東ブロックで復活し、5選。同月の民主党代表選挙では海江田万里の推薦人となり、海江田が代表に選出されると、政策調査会長代理に就任した。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、前回敗れた自民党の中根に1万票超の差をつけ、埼玉6区で6選。2015年1月の民主党代表選挙では、元幹事長の細野豪志を支持[6]したが、細野は決選投票で岡田克也に敗れた[7]。岡田執行部において、政策調査会長に起用された細野の下で政調会長代理に就任した[8]

民進党[編集]

2016年9月の民進党代表選挙では、前原誠司の推薦人となり陣営の選対本部長に就任したが[9]、前原は蓮舫に敗れた。9月26日、衆議院懲罰委員会委員長に就任した[10]

2017年7月27日、民進党代表の蓮舫が、同月の東京都議会議員選挙の結果を受けて辞任を表明[11]。蓮舫の辞任に伴う代表選挙で前回に引き続き前原の推薦人となり、陣営の選対本部長に就任した[12][13]。9月1日、前原は枝野幸男を大差で破り、代表に選出される。翌9月2日、前原は都内のホテルの一室にこもり、大島、側近の小川淳也らと党役員人事案を練り上げた[14]。この日、代表代行に枝野と大島、幹事長に山尾志桜里を起用する方針が決められた[15]。ところが9月4日、「週刊誌が山尾と弁護士倉持麟太郎との交際疑惑を取材している」との情報がもたらされ[16]、同日午後に前原は山尾の幹事長起用を撤回した[17][18]。9月5日に行われた両院議員総会で大島は横滑りで幹事長に就任した[19][20]

希望の党[編集]

2017年9月28日、民進党両院議員総会希望の党への事実上の合流方針が了承された[21]。10月3日、希望の党は第48回衆議院議員総選挙の第1次公認192人を発表するが、その時点で大島の名はなかった[22]。10月4日夜、同党は大島を含む第2次公認9人を発表した[23]。10月22日の総選挙の結果、7選。

10月27日、希望の党の両院議員総会で、暫定的な執行部の幹事長兼政調会長の就任が決まる[24]。11月14日、希望の党共同代表選挙後に発足した正式な執行部で、代表代行に就任した[25][26]

国民民主党[編集]

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結成された国民民主党に参加し、選挙対策委員長に起用された[27]。9月11日より党副代表[28]。同日、国民民主党埼玉県連代表でもあり、立憲民主党(2017年)・国民民主党(旧民進党の後継政党)の合流新党でも埼玉県連代表となることが明かされた。立憲民主党埼玉県議によると、早期の衆院解散・総選挙も取り沙汰されている中で追い風が吹いただけの立憲民主党の状況を背景に「選挙に強い大島氏のほうが安心して臨めるという声は根強かった」と明かしている[29]

立憲民主党[編集]

2020年9月15日、旧立憲民主党と旧国民民主党は、2つの無所属グループを加えた形で新「立憲民主党」を結成[30]。大島も新党に参加。

2021年10月31日の衆議院選挙で立憲民主党公認候補として、8選(2012年の比例復活含む)[31]

政策・主張[編集]

議員立法[編集]

  • 2016年3月25日第190回国会に政官接触記録の作成等に関する法律案(衆法)を筆頭提案者大島敦他7名が共同で衆議院に提出した[36]。当該法案は、行政機関職員等が国会議員等と接触した場合における当該接触に係る記録の作成等に関する事項を定めることにより、国会議員等による特定の者の利益を図るためのあっせんその他の行政機関等の事務又は事業の公正さに対する国民の疑惑や不信を招くような行為を防止し、もって公務等に対する国民の信頼を確保することを目的としている[37]

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第42回衆議院議員総選挙 2000年6月25日 43 埼玉6区 民主党 8万342票 35.62% 1 1/4 /
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 46 埼玉6区 民主党 11万2794票 48.06% 1 1/3 /
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 48 埼玉6区 民主党 12万3159票 45.64% 1 1/3 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 52 埼玉6区 民主党 18万6993票 67.56% 1 1/3 /
比当 第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 55 比例北関東(埼玉6区) 民主党 9万673票 37.85% 1 2/5 1/3
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 57 埼玉6区 民主党 10万3918票 46.18% 1 1/3 /
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 60 埼玉6区 希望の党 10万6448票 46.75% 1 1/3 /
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 64 埼玉6区 立憲民主党 13万4281票 56.02% 1 1/2 /

所属団体・議員連盟[編集]

  • 明治の日を実現するための議員連盟(発起人)[38]
  • 日本アイルランド友好議員連盟 [4]
  • 科学技術イノベーション議員連盟[4]

脚注[編集]

  1. ^ 役員一覧 | 立憲民主党 埼玉県総支部連合会”. 立憲民主党 埼玉県総支部連合会. 2022年8月27日閲覧。
  2. ^ 第186回国会 法務委員会 第12号
  3. ^ https://www.jiji.com/jc/giin?d=61a847f2dc017015026721f629ff1ece&c=syu
  4. ^ a b c d 衆議院議員 大島あつし(埼玉6区) 公式WEBサイト – 衆議院議員 大島あつし(埼玉6区) 公式WEBサイト” (日本語). 2021年10月31日閲覧。
  5. ^ 1位は民主党代表(当時)・鳩山由紀夫北海道9区)、2位は渡辺周静岡6区
  6. ^ “【民主代表選】松本元外相ら細野氏支持”. 産経新聞. (2014年12月31日). オリジナルの2015年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20150202025950/http://www.sankei.com/politics/news/141231/plt1412310013-n1.html 2015年2月2日閲覧。 
  7. ^ “民主代表選:新代表に岡田氏 挙党態勢を重視”. 毎日新聞. (2015年1月18日). オリジナルの2015年1月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20150118162014/http://mainichi.jp/select/news/20150118k0000e010143000c.html 2015年1月18日閲覧。 
  8. ^ 党機関(党役員・党務委員長・党幹事長室・国対役員・民主党・新緑風会常任役員) - 民主党
  9. ^ “蓮舫氏VS山尾氏 前原氏支持めぐりで“オンナの戦い”勃発 民進代表選”. 夕刊フジ. (2016年8月31日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160831/plt1608311700005-n1.htm 
  10. ^ 衆院予算委員長に浜田靖一氏 常任委員長など両院で選出 日本経済新聞 2016年9月26日
  11. ^ “民進 蓮舫代表 記者会見で辞任を表明”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年7月27日). オリジナルの2017年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/hJ7sa 2017年7月28日閲覧。 
  12. ^ “民進前原氏、代表選へ事務所開き 17日は枝野氏も”. 共同通信. (2017年8月16日). https://this.kiji.is/270466302309746172 2017年9月6日閲覧。 
  13. ^ “【民進党代表選】「安倍政治を倒す気持ちあれば政権交代できる」前原誠司元外相が事務所開き 地方票に軸足”. 産経新聞. (2017年8月16日). http://www.sankei.com/politics/news/170816/plt1708160025-n1.html 2017年9月6日閲覧。 
  14. ^ “山尾氏で刷新図る民進…難局への対応力は不透明”. 読売新聞. (2017年9月3日). オリジナルの2017年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170905144140/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00050006-yom-pol 2022年2月12日閲覧。 
  15. ^ “民進幹事長に山尾氏 代表代行は枝野、大島氏”. 東京新聞. (2017年9月4日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017090402000119.html 2017年9月6日閲覧。 
  16. ^ 安積明子 (2017年9月6日). “民進党「山尾議員スキャンダル」はヤバすぎる 前原新体制にたれこめる暗雲”. 東洋経済オンライン. https://toyokeizai.net/articles/-/187523 2022年2月9日閲覧。 
  17. ^ “山尾志桜里、9歳下のイケメン弁護士と「お泊まり禁断愛」”. 文春オンライン. (2017年11月29日). https://bunshun.jp/denshiban/articles/b532 2022年2月11日閲覧。 
  18. ^ “前原氏、早くも試練 山尾氏の幹事長起用を断念”. 日本経済新聞. (2017年9月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H09_V00C17A9EAF000/ 2017年9月6日閲覧。 
  19. ^ “Who is 大島? 民進新幹事長「地味だが…」”. 朝日新聞. (2017年9月6日). http://www.asahi.com/articles/ASK955G6LK95UTFK00Y.html 2017年9月6日閲覧。 
  20. ^ “Who is 大島?”. NHK. (2017年9月12日). http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_0912.html 
  21. ^ “ドキュメント衆院解散”. 朝日新聞. (2017年9月28日). https://www.asahi.com/special/timeline/syuinkaisan17/ 2022年2月10日閲覧。 
  22. ^ “【衆院選】希望の党・第1次公認リスト(192人)(1/4ページ)”. 産経新聞. (2017年10月3日). https://www.sankei.com/article/20171003-NK7P4VUV5BN6FHCY22UVSGOJMY/ 2022年2月2日閲覧。 
  23. ^ “民進・大島幹事長、希望で立候補 立憲の辻元氏も離党届”. 共同通信. (2017年10月4日). https://this.kiji.is/288282701945783393 
  24. ^ “希望の党、共同代表置かず 渡辺周氏を首相指名へ”. 朝日新聞. (2017年10月27日). http://www.asahi.com/articles/ASKBW5VXCKBWUTFK01C.html 2017年11月15日閲覧。 
  25. ^ “【小池代表辞任】小池百合子氏「創業者の責任を終えた」 玉木雄一郎共同代表が後任代表に”. 産経新聞. (2017年11月14日). https://www.sankei.com/article/20171114-VJL7KMXYQVINRJ3GQVMDHTCS7A/ 
  26. ^ “小池氏が希望代表辞任 世論離れ 50日で国政撤退”. 東京新聞. (2017年11月15日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201711/CK2017111502000140.html 
  27. ^ “国民民主党が結党、62人参加 幹事長に古川元久氏”. 朝日新聞. (2018年5月7日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASL574QJXL57UTFK00P.html 2018年5月10日閲覧。 
  28. ^ “【国民民主党役員人事】幹事長に平野博文氏 津村啓介氏は副代表に 党役員人事案を了承”. 産経新聞. (2018年9月11日). https://www.sankei.com/article/20180911-YG47OOENZ5PTHD65II2KQQZYGM/ 2018年9月14日閲覧。 
  29. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年9月12日). “<独自>合流新党 埼玉県連代表は国民・大島氏で調整” (日本語). 産経ニュース. 2021年10月31日閲覧。
  30. ^ 横山大輔、木谷孝洋 (2020年9月16日). “新「立憲民主」衆参150人で結党 野党第一党、枝野氏「選択肢示す」”. 東京新聞. 2021年3月16日閲覧。
  31. ^ 日本放送協会. “埼玉6区 大島敦氏(立民・前)当選確実|NHK 埼玉県のニュース”. NHK NEWS WEB. 2021年10月31日閲覧。
  32. ^ a b c d e f g 2017衆院選 朝日東大谷口研究室調査
  33. ^ a b c d e f g h i 2014衆院選 大島敦 | 毎日新聞候補者アンケート
  34. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  35. ^ 第151回国会 法務委員会 請願2060号 平成13年6月29日
  36. ^ 政官接触記録の作成等に関する法律案2016年3月28日 参議院 2016年5月18日閲覧
  37. ^ 政官接触記録の作成等に関する法律案2016年3月28日 参議院 2016年5月18日閲覧
  38. ^ https://twitter.com/1103meijinohi/status/1529187377888956416” (日本語). Twitter. 2022年7月21日閲覧。

著書[編集]

  • 『人生転換 ― 国会議員になったサラリーマン』全日法規、2001年。ISBN 4921044236

外部リンク[編集]

公職
先代
松崎公昭
黄川田徹
日本の旗 総務副大臣
松崎公昭藤末健三と共同

2012年
次代
柴山昌彦
坂本哲志
先代
増原義剛
宮澤洋一
谷本龍哉
日本の旗 内閣府副大臣
古川元久
大塚耕平
大塚耕平
平岡秀夫と共同

2009年 - 2010年
次代
東祥三
末松義規
平野達男
議会
先代
中川正春
日本の旗 衆議院懲罰委員長
2016年 - 2017年
次代
中山成彬
党職
先代
(結党)
国民民主党選挙対策委員長
初代:2018年
次代
岸本周平
先代
樽床伸二
希望の党代表代行
第2代:2017年 - 2018年
次代
国民民主党へ合流
先代
結党
希望の党幹事長
初代:2017年
次代
古川元久
先代
結党
希望の党政策調査会長
初代:2017年
次代
長島昭久
先代
野田佳彦
民進党幹事長
第3代:2017年
次代
増子輝彦
先代
大畠章宏
素交会会長
第3代:2015年 - 2018年
次代
(廃止)