村上誠一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村上 誠一郎
むらかみ せいいちろう
Seiichiro Murakami 200409.jpg
入閣した際に公表された肖像写真
生年月日 (1952-05-11) 1952年5月11日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 愛媛県越智郡宮窪町(現・今治市
出身校 東京大学法学部卒業
前職 河本敏夫衆議院議員秘書
所属政党 自由民主党高村派→無派閥)
称号 法学士(東京大学)
親族 村上紋四郎曾祖父
村上信二郎
村上孝太郎伯父
岡田克也義弟
公式サイト 村上誠一郎公式サイト-自由民主党衆議院議員

内閣 第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
在任期間 2004年9月27日 - 2005年10月31日

日本の旗 衆議院議員
選挙区旧愛媛2区→)
愛媛2区
当選回数 12回
在任期間 1986年7月6日 - 現職
テンプレートを表示

村上 誠一郎(むらかみ せいいちろう、1952年昭和27年〉5月11日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(12期)、自由民主党愛媛県連会長[1]

第2次小泉改造内閣第3次小泉内閣内閣府特命担当大臣規制改革産業再生機構)、第2次森改造内閣第1次小泉内閣財務副大臣などを務めた。

愛媛県議会議長、衆議院議員を務めた村上信二郎は父。衆議院議員の岡田克也は義弟(妹の夫)。

来歴[編集]

愛媛県越智郡宮窪町(現・今治市)生まれ。1965年昭和40年)に東京教育大学附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1971年(昭和46年)に東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。1977年東京大学法学部第3類(政治コース[2])を卒業[3]

東大在学中、亡父・信二郎が所属していた三木派を引き継いだ河本敏夫の知己を得て、東大卒業後は河本の秘書を務める[要出典]

1983年(昭和58年)、第37回衆議院議員総選挙旧愛媛2区(定数3)から無所属で出馬したが、森清井原岸高越智伊平と自民党候補が既に3人いたこともあり、落選。なお旧愛媛2区は父・信二郎の選出選挙区でもあるが、信二郎は1972年に議員在職のまま死去し、誠一郎は同年の補欠選挙に出馬しなかったために1983年の誠一郎の出馬まで別の自民党候補3人と社会党候補一人で定数3の議席を争う形の選挙区となっていた。

自民党公認・初当選以後[編集]

1986年(昭和61年)、選挙区の自民党公認候補の一人であった井原岸高が政界引退し、前回の無所属から自民党公認を受けて第38回衆議院議員総選挙に再び旧愛媛2区から出馬し、初当選。定数3人が全員自民党公認候補であった[4]新政策研究会(河本派)に所属。1996年10月に河本敏夫が政界引退後は、番町政策研究所へと改名された高村派に所属し、同派事務総長も務めた。

1993年平成5年)、自由民主党財政部会長に就任。同年3月、自民党愛媛県連会長に就任。1994年(平成6年)に、衆議院議事進行係に就任する。

1996年第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い愛媛2区から出馬し、4選。以後、愛媛2区で連続8選。2001年第2次森改造内閣で初代財務副大臣(原則として衆議院関係と日銀金融政策決定会合の担当[5])に任命され、第1次小泉内閣まで務める。

2003年自由民主党総裁選挙では派閥領袖の高村正彦の推薦人に名を連ねるが、高村は現職の小泉純一郎首相らに敗れ、落選した。翌年の2004年(平成16年)には第2次小泉改造内閣内閣府特命担当大臣規制改革産業再生機構)として初入閣し、また、行政改革担当、構造改革特区地域再生担当の国務大臣にも同時に就任した。2005年(平成17年)の郵政解散では当初閣議で異論を唱えたが、小泉首相の説得を受け、解散に同意した。第3次小泉内閣では全閣僚が再任され、第3次小泉改造内閣発足により退任。ポスト小泉をめぐる2006年自由民主党総裁選挙では谷垣禎一財務大臣を支持し推薦人にも名を連ねたが、谷垣は最下位に終わった。2007年自由民主党総裁選挙では福田康夫を、2008年自由民主党総裁選挙では与謝野馨の推薦人に名を連ねた[6]が、2007年(平成19年)の総裁選で高村派は福田、麻生支持が割れ、2008年(平成20年)の総裁選では、高村派会長の高村正彦は麻生支持を決定した[要出典]

2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では自民党に逆風が吹き荒れる中、対立候補に比例復活を許さず8選。

2010年(平成22年)1月21日、高村派を退会[7]

2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙では愛媛2区で9選。なお村上は小選挙区比例代表並立制の導入以降、5回の総選挙で対立候補に比例復活を許してこなかったが、この総選挙では初めて対立候補(日本維新の会公認・みんなの党推薦の西岡新)が比例四国ブロックで復活した。2014年(平成26年)の第47回衆議院議員総選挙では愛媛2区で10選[8]

2017年(平成29年)の第48回衆議院議員総選挙では愛媛2区で11選[9]。2020年の自民党総裁選では石破茂の推薦人となった[10]

2021年(令和3年)の第49回衆議院議員総選挙では愛媛2区で12選[11]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2017年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[12]。2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[13]
  • 9条改憲について、2021年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[14]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[14]

外交・安全保障[編集]

  • 安全保障関連法の成立について、2017年のアンケートで「どちらかと言えば評価しない」と回答[12]
  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「反対」と回答[13]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2017年、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[12][13]
  • 普天間基地辺野古移設について、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[13]
  • 安倍内閣が推進している集団的自衛権行使のための憲法解釈変更に批判的な言動を続けており、「行政府が法解釈して自分で勝手にやれば、立憲主義を否定することになる[15]」「(ナチスと)同じ愚を繰り返す[16]」と発言している。2015年5月12日に開催された自民党の総務会では安全保障関連法案について「憲法が有名無実化する」「憲法改正なしで集団的自衛権を行使することには疑念がある」と反対したが、最終的に挙手採決に持ち込まれ、村上は途中退席し全会一致での了承となった[17][18]。一方、2012年の毎日新聞のアンケート[19]では、集団的自衛権行使のために憲法解釈を見直すべきだと回答しており、過去と現在の主張が異なっている。

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[12][13]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[12][13]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[13]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「反対」と回答[14]

原子力発電[編集]

特定秘密保護法[編集]

  • 2013年(平成25年)11月26日衆議院本会議で行われた特定秘密保護法案の採決に際し、体調不良を訴え、議場から退席。記者に対し「いろいろな問題が残っているのに、政治家として(賛成する)自信があるかと言ったら、あるわけない」「まだまだ議論の余地がある重要法案なのに、こう拙速に決めていいのか」と述べ、また「多数決は100人のうち99人が間違っていても、そっちが正義になっちゃうんだ。ファシズムなんていつでも起きる危険性があるんだよ」と、議会で大多数を占める与党による衆議院国家安全保障に関する特別委員会での採決を批判した[21]。自民党で投票を棄権したのは村上ただ一人である[17]

経済政策[編集]

  • 第2次安倍内閣の経済政策について、2014年9月に「物価消費税率だけ上がって給料が上がらない。方向転換しないといけない」「金融緩和の出口戦略を真剣に考えるべきだ」と述べた[22]
  • 財政規律派の急先鋒として知られ、2016年に安倍晋三首相が翌年の消費増税延期を決断した際には、「首相が言ったら全て従うのか。今後の見通しを示さないまま増税を見送って、誰が財政規律を体を張って守るのか。こんな自民党ではなかった」と批判した[23]。同じく消費増税延期で安倍首相と対立した野田毅らと共に、脱アベノミクスを考える「財政・金融・社会保障制度に関する勉強会」を立ち上げた[24]。その為、アベノミクスについては、2017年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[25]

その他[編集]

  • 安倍内閣による森友学園問題加計学園問題への対応について、2017年のアンケートで「評価しない」と回答[12]。2022年には毎日新聞の取材に「森友・加計・桜を見る会は国民の不信を完全には払拭できていないのではないか。森友問題では近畿財務局の職員が自死に追い込まれた。これらの政治的、道義的責任は安倍氏の功績とは別次元の話です」と話しており、加計問題の焦点となった岡山理科大学獣医学部が自身の選挙区内の今治市に開設されたことから、疑惑が解明されていないことに、忸怩たる思いがあるという[26]
  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[27]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「さらに調査や説明をすべき」と回答[14]
  • 「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」との問題提起に対し、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[12]
  • 首相の靖国神社参拝について、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[12]
  • 中選挙区復活を主張している。その際、連記式にすべきとしている[28]
  • 2002年(平成14年)、城山三郎個人情報保護法案に反対し、「法案が通ったら私は『言論の死』の碑を建てる。そこに法案に賛成した議員全員の名前を記すつもりだ」と批判した。村上は自民党PRチームの会合で、「法案内容を言うのでなく、こうした発言自体が言論統制じゃないか。城山さんは多分ボケているから(反対論を)言ったんだと思う。抗議すべきだ」と城山を非難した[29]。なお、個人情報保護法は2003年(平成15年)に可決している。
  • 永住外国人への地方選挙権付与に反対しており、2000年(平成12年)11月、「外国人参政権の慎重な取り扱いを要求する超党派の国会議員の会」を結成し会長に就任。なお前年の1999年(平成11年)、外国人参政権を党を挙げて推進する公明党与党に加わっている。
  • 2010年(平成22年)1月20日、「外国人参政権の慎重な取り扱いを要求する国会議員の会」の会合で、民主党や公明党などが成立を目指す外国人参政権について「党を挙げて命がけで対応しなければならない」と訴えた[30]。また、この会合で同会は外国人参政権に反対する方針で一致し[31]、民主党政権が永住外国人に地方参政権を付与する法案を提出した場合、成立阻止に全力を挙げることで一致した[32]
  • 女性宮家に反対していた[19]。2017年の第48回衆議院選、2021年の第49回衆議院選での毎日新聞の候補者アンケートでは賛成に転じている[33][14]
  • 菅義偉内閣による日本学術会議会員の任命問題については、言語道断として、「学問への畏敬の念、リスペクトがあまりになさ過ぎる」、「説明が必要」としている[34]
  • 元内閣総理大臣の安倍晋三の国葬に反対している。毎日新聞のインタビューに「非業の死を遂げた方を弔うのは自分としても感情的には理解できる」としながらも、「判断の明確な基準が必要です。例えば佐藤栄作さんや中曽根さん、おじいさまの岸信介さんも国葬ではなかった。なぜ安倍さんだけ国葬なのかというと、なかなか説明が難しい」「時の政権の恣意的なやり方だとの批判を免れない。もう少し腰を据えて幅広く考えるべきだったのではないか」と話している[26]。当選同期で元内閣総理大臣の鳩山由紀夫はtwitterで村上から電話があったと明かし、「安倍元総理の国葬はおかしいと思うが永田町では面と向かっておかしいと言う議員がいないと。それでキャンペーンを張ろうと思うが名前を貸してくれと(伝えられた)。もちろん喜んでと答えた」と投稿した[35]。2022年9月20日には、国葬への欠席を表明し、安倍の政権運営についても「財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊した。国賊だ」と答えた[36]
  • 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)については、「私は応援してもらっていません。統一教会系からの選挙応援や秘書を派遣してもらうかどうかは個々の議員の考え方次第ですが、霊感商法や家庭崩壊などの問題があると言われている団体から応援を受けるのはいかがなものかというのが私の判断です」としている[26]

政治資金[編集]

義弟の岡田克也議員の実父である実業家の岡田卓也から2015年2月12日に100万円の寄付金を得ている。その寄付金が平成27年度(2015年度)の政治団体や個人からの寄付の約4分の1を占めている[37]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率
(%)
得票順位
/候補者数
定数 票差
(と次点者)
惜敗率
(%)
比例区
順位
政党当選者数
/政党候補者数
第37回衆議院議員総選挙 1983年12月18日 旧愛媛2区 無所属 51,423 16.84 4/6 3 - 86.90 - -
第38回衆議院議員総選挙 1986年07月06日 旧愛媛2区 自由民主党 79,171 25.07 2/5 3 8,912 - - -
第39回衆議院議員総選挙 1990年02月18日 旧愛媛2区 自由民主党 64,084 20.29 3/5 3 2,440 - - -
第40回衆議院議員総選挙 1993年07月18日 旧愛媛2区 自由民主党 72,924 24.43 2/5 3 6,135 - - -
第41回衆議院議員総選挙 1996年10月20日 愛媛2区 自由民主党 118,966 70.32 1/3 1 91,906 - - -
第42回衆議院議員総選挙 2000年06月25日 愛媛2区 自由民主党 113,616 64.10 1/3 1 70,943 - - -
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月09日 愛媛2区 自由民主党 99,208 58.32 1/4 1 55,655 - - -
第44回衆議院議員総選挙 2005年09月11日 愛媛2区 自由民主党 115,297 59.21 1/3 1 50,423 - - -
第45回衆議院議員総選挙 2009年08月30日 愛媛2区 自由民主党 94,843 47.99 1/4 1 9,544 - - -
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 愛媛2区 自由民主党 77,078 46.76 1/4 1 28,316 - - -
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 愛媛2区 自由民主党 57,168 48.03 1/4 1 26,891 - - -
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 愛媛2区 自由民主党 62,516 48.85 1/4 1 28,622 - - -
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 愛媛2区 自由民主党 72,861 57.49 1/3 1 30,341 - - -
当選回数12回 (衆議院議員12)

不祥事[編集]

情報流出[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

国会内統計[編集]

国会議員白書によると1986年7月の初当選から、2022年時点で衆議院委員会内在籍時通算出席回数907回発言回数123回。在籍期別各種会議出席30回・発言数3回[41]

1986年7月の初当選から、2022年時点で本会議発言統計衆議院在籍時通算17回18833文字(41期(1996/10/20~2000/06/24)12回10205文字)[42]

体格[編集]

体重110kgを超す巨漢で、スーツは特注。ニックネームは「兄者」や「政界の小錦」。本人曰く、何をやっても痩せないとのこと[43]

趣味・特技[編集]

クラシック音楽、漢詩、映画鑑賞、将棋[44]が趣味。

家族・親族[編集]

村上本人によれば、戦国時代に名を馳せた村上海賊の子孫で18代目である[45][28]

  • 曽祖父 村上紋四郎(農業、政治家・衆議院議員、今治市長、愛媛県議会議長、宮窪村長)
  • 祖父 村上常太郎(官僚・最高検察庁次長検事、弁護士)
  • 村上信二郎(官僚、政治家 - 衆議院議員、防衛庁審議官)
  • 妹 岡田多津子(三重県、元官僚、衆議院議員岡田克也の妻)
  • 伯父 村上孝太郎(官僚、政治家 - 大蔵事務次官、参議院議員)

系譜[編集]

村上家(愛媛県今治市[46]
村上伊勢吉
 
村上紋四郎
 
村上常太郎
 
村上孝太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
村上信二郎
 
村上誠一郎
 
 

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自由民主党愛媛県連 - 党役員表
  2. ^ 『政官要覧 - 第1号』政策時報社、1985年発行、240ページ
  3. ^ “国会議員情報:村上誠一郎”. 時事通信. (2012年1月20日). http://www.jiji.com/jc/giin?d=141856bb5eefc53d8805d6f833c6b49b&c=syu&rel=ja 2012年11月30日閲覧。 
  4. ^ 村上誠一郎 | 衆議院選挙結果 | 国会議員白書”. kokkai.sugawarataku.net. 菅原琢. 2022年9月20日閲覧。
  5. ^ 宮澤財務大臣閣議後記者会見の概要(平成13年1月6日(土)) 財務省ホームページ
  6. ^ “総裁候補の推薦人名簿 自民党”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年9月10日). オリジナルの2013年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130702205740/http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091001000300.html 2015年4月15日閲覧。 
  7. ^ “村上・山本両氏が高村派を離脱 残り3人に、派閥衰退象徴”. 共同通信社. (2010年1月21日). http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012101000861.html 2010年1月31日閲覧。 
  8. ^ 愛媛 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  9. ^ 愛媛-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  10. ^ 石破氏推薦人名簿” (日本語). 日本経済新聞 (2020年9月8日). 2022年8月13日閲覧。
  11. ^ 衆議院選挙2021 愛媛(松山・今治など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h 村上誠一郎”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g 村上誠一郎”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  14. ^ a b c d e 自民 愛媛2区 村上誠一郎”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  15. ^ “「行政府の法解釈、立憲主義の否定」自民・村上誠一郎氏”. 朝日新聞. (2014年4月14日). http://www.asahi.com/articles/ASG4F7RPNG4FUTFK007.html 2014年5月3日閲覧。 
  16. ^ “「ナチスと同じ愚」 元自民党大臣が集団的自衛権で首相を批判”. 産経新聞. (2014年4月9日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140409/stt14040919245001-n1.htm 2014年5月3日閲覧。 
  17. ^ a b “村上誠一郎議員、自民総務会を退席“憲法が有名無実化する””. しんぶん赤旗. (2015年5月13日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-05-13/2015051302_03_1.html 2015年5月17日閲覧。 
  18. ^ “自民、安保法案を了承=村上氏退席、15日に国会提出” (日本語). wsj.com (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2015年5月12日). http://jp.wsj.com/articles/JJ12577414673188814075419526239390381079828 2015年5月17日閲覧。 
  19. ^ a b 2012衆院選 愛媛2区 村上誠一郎 - 毎日jp(毎日新聞)” (日本語). senkyo.mainichi.jp. 2022年8月13日閲覧。
  20. ^ “原発推進の安倍政権に異議 自民若手にも再稼働慎重派”. 朝日新聞デジタル. (2013年10月5日). http://www.asahi.com/special/news/articles/TKY201310040559.html 2014年1月4日閲覧。 
  21. ^ “<秘密保護法案>与党議員も疑問や戸惑い”. 毎日新聞. (2013年11月27日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131126-00000128-mai-pol 2013年11月27日閲覧。 
  22. ^ 金融緩和の出口議論へ 自民党総務会MSN産経ニュース 2014年9月26日
  23. ^ 「党はなんのために存在するのか」 自民党総務会で村上誠一郎氏ら異論噴出 でも、参院選にらみ軟着陸?”. 産経新聞 (2016年5月31日). 2018年3月1日閲覧。
  24. ^ 自民40人が「脱アベノミクス」勉強会 経済政策を懸念”. 朝日新聞 (2017年6月15日). 2018年3月1日閲覧。
  25. ^ 村上誠一郎”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  26. ^ a b c 特集ワイド:安倍政治の見直し、今こそ 村上誠一郎・元行革相” (日本語). 毎日新聞. 2022年8月13日閲覧。
  27. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  28. ^ a b 宰相の羅針盤―総理がなすべき政策 改訂・日本よ、浮上せよ!
  29. ^ “メディア規制法案:城山さん「中傷」発言 自民・村上氏認める”. 毎日新聞. (2002年5月11日) 
  30. ^ “外国人参政権反対の自民議連再開”. 産経新聞. (2010年1月20日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100120/stt1001201817005-n1.htm 2010年1月31日閲覧。 
  31. ^ “外国人選挙権法案、自民が反対の方針”. 読売新聞. (2010年1月20日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100120-OYT1T01242.htm 2010年1月31日閲覧。 
  32. ^ “外国人参政権、全力で阻止=自民有志”. 時事通信社. (2010年1月20日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/2010012000875 2010年1月31日閲覧。 
  33. ^ 自民 愛媛2区 村上誠一郎”. 第48回衆院選. 毎日新聞. 2018年1月1日閲覧。
  34. ^ #排除する政治~学術会議問題を考える:学問への畏敬の念「菅さんも周囲もなさ過ぎる」 自民・村上誠一郎元行革担当相” (日本語). 毎日新聞. 2022年8月13日閲覧。
  35. ^ 鳩山友紀夫(由紀夫)Yukio Hatoyama” (日本語). Twitter. 2022年8月13日閲覧。
  36. ^ 安倍氏国葬を欠席へ 自民・村上氏” (日本語). 時事ドットコムニュース. 2022年9月20日閲覧。
  37. ^ [1]
  38. ^ “村上議員の後援会名簿流出 ウィニー感染”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年3月21日). http://www.47news.jp/CN/200603/CN2006032101005352.html 2012年12月6日閲覧。 
  39. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  40. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  41. ^ 村上誠一郎 | 衆議院委員会統計(全期間) | 国会議員白書”. kokkai.sugawarataku.net. 2022年9月20日閲覧。
  42. ^ 村上誠一郎 | 衆議院本会議発言(全期間) | 国会議員白書”. kokkai.sugawarataku.net. 2022年9月20日閲覧。
  43. ^ 岡田副総理記者会見要旨 平成24年10月23日
  44. ^ アマ七段。将棋文化振興議員連盟に所属。飛車落ちで羽生善治佐藤康光山崎隆之に勝ったことがある[2][3]
  45. ^ 国難を救った水軍魂 | 村上家紹介 | 村上誠一郎公式サイト-自由民主党衆議院議員”. 村上誠一郎. 2018年6月15日閲覧。
  46. ^ 村上紋四郎 - 村上誠一郎公式サイト

外部リンク[編集]

議会
先代
額賀福志郎
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1997年 - 1998年
次代
村井仁
先代
金子原二郎
日本の旗 衆議院石炭対策特別委員長 次代
愛野興一郎
公職
先代
金子一義
日本の旗 特命担当大臣(規制改革)
2004年 - 2005年
次代
中馬弘毅
先代
金子一義
日本の旗 特命担当大臣(産業再生機構)
2004年 - 2005年
次代
(廃止)
先代
(創設)
日本の旗 財務副大臣
若林正俊尾辻秀久と共同

2001年 - 2002年
次代
谷口隆義
尾辻秀久