福井照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福井 照
ふくい てる
Teru Fukui 201802.jpg
入閣に際して公表された肖像写真
生年月日 (1953-12-14) 1953年12月14日(64歳)
出生地 日本の旗 大阪府大阪市阿倍野区
出身校 東京大学工学部土木工学
前職 国家公務員建設省
所属政党 自由民主党二階派
称号 工学士
公式サイト 衆議院議員 福井てる

内閣 第4次安倍内閣
在任期間 2018年2月27日 - 現職

選挙区 高知1区→)
比例四国ブロック
当選回数 7回
在任期間 2000年6月26日 - 現職
テンプレートを表示

福井 照(ふくい てる、1953年12月14日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(7期)、内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策消費者及び食品安全海洋政策)、領土問題担当大臣、自由民主党高知県連会長。

文部科学副大臣第2次安倍内閣)、農林水産大臣政務官第1次安倍内閣)、衆議院文部科学委員長沖縄及び北方問題に関する特別委員長等を務めた。

来歴[編集]

大阪府大阪市阿倍野区生まれ[1]灘高等学校東京大学工学部土木工学科卒業[1]1976年建設省(現国土交通省)に入省し、マレーシアクアラルンプールへの派遣や掛川市役所への出向も経験する[1]1999年、建設省を退官[1]

2000年第42回衆議院議員総選挙自由民主党公認で高知1区から出馬し、民主党五島正規公明党石田祝稔らを破り初当選した。当選後は宏池会に入会し、同年10月の加藤の乱に際しては、宏池会会長の加藤紘一に同調する形で森内閣不信任決議案を採決する衆議院本会議を単独で欠席した[2](後に宏池会を退会し、二階派入り[3])。2003年第43回衆議院議員総選挙2005年第44回衆議院議員総選挙でも高知1区で連続当選(五島がいずれも比例復活)。2006年第1次安倍内閣農林水産大臣政務官に任命された[1]2009年第45回衆議院議員総選挙では、民主党の新人候補に加え、元高知県知事橋本大二郎無所属で立候補し、高知1区の議席を争ったが、福井が4選[1]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙でも、高知1区で民主党、日本共産党日本維新の会の3候補に比例復活を許さず、5選。選挙後に発足した第2次安倍内閣文部科学副大臣科学技術学術スポーツ等を担当[4])に任命され、2013年9月まで務める。

2014年第47回衆議院議員総選挙に際し、選挙区の区割り改定に伴う高知県の選挙区の定数削減に伴い、比例四国ブロックへ転出[5]。同ブロックの単独1位に登載され[6]、6選[7]。同年12月より衆議院文部科学委員長[1]2016年、それまで所属していた岸田派を退会し、9月29日付で二階派への入会が承認されたが、入会が認められた会合での発言がきっかけで、衆議院環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会の理事を辞任に追い込まれた[8]

2017年第48回衆議院議員総選挙においても比例四国ブロック単独1位で立候補し、7選。2018年2月27日、健康上の理由により辞任した同じ二階派に所属する江崎鐡磨の後任の内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策消費者及び食品安全海洋政策)、領土問題担当大臣に任命され、初入閣した[9][10]

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 2002年1月20日、高知市の県民文化ホールで開催された統一協会の偽装組織のイベントである世界平和連合高知県連合結成大会に出席した[16]
  • 2016年9月に岸田派から二階派へ移籍して以来、二階俊博自由民主党幹事長の側近であり、二階派の閥務を取り仕切る事務総長を務める[5]

不祥事[編集]

  • 2008年4月、福井の後援団体「新アジア再生連合」の幹事長を務めていた男性が2005年から2006年にかけ、実現性のない事業計画を提示して出資金を募り、2人の出資者から損害賠償を請求する訴訟が大阪地方裁判所に起こされた。2011年3月、大阪地裁は「事業の具体的な見通しも無いのに、『環境省の許可が得られる』との虚偽の説明をして金を騙し取った」として、被告の男性に賠償を命じる判決を言い渡した。さらに同年10月、控訴審の大阪高等裁判所も男性の控訴棄却した。また、一審では福井本人に対する請求は棄却されたものの、控訴審では「福井は、(被告の)男性が2006年に事業の説明会を開催した際に、政策秘書と共に説明会に出席し、事業への支援を求めた」と指摘し、福井の関与を認定している[17]
  • 2008年8月28日、福井の政治団体である「福井照政策フォーラム実行委員会」「人間都市文化研究会」「福井照君を育てる会」が、福井の秘書の自宅を事務所として届け出たうえで、2005年から2006年までの2年間、合計約1570万円の事務所費を計上していた[18]
  • 2009年に、福井が代表を務める政治団体が在日韓国人男性が経営する会社から計750万円の献金を受けていた[19]
  • 2016年9月29日、所属する二階派の会合で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加盟をめぐり、「(TPP特別)委員会西川(公也)先生の思いを強行採決という形で実現するように頑張る」と発言。直後に竹下亘国会対策委員長に特別委員会理事の辞任を申し入れ、了承された[8]。なお、TPP特別委員会の前委員長である西川公也も二階派に所属していた[8]
  • 2018年2月27日、閣僚就任後初の記者会見で北方領土の色丹島(しこたんとう)を「しゃこたんとう」と言い間違え、会見中に発言を訂正した[20]。会見では北方領土の視察予定について質問を受けた際、「私自身、ビザなし交流で、しゃこたん島だったが、一度参加させていただいた。沖縄もしかり、北方領土の問題もしかり、重要な問題だと認識している」と答え、その後も会見を続けていたが、事務方から紙を差し入れられて言い間違いに気づき、「先ほど『しゃこたん島』と言ったかもしれないが、『しこたん島』と訂正させていただきたい」と述べた[21]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロフィール - 衆議院議員 福井てる
  2. ^ “2003衆院選高知 候補の横顔 高知1区・福井照候補”. 高知新聞. http://ns.tosasearch.com/senkyo/03yokofuku.htm 2018年3月3日閲覧。 
  3. ^ “沖縄・北方担当相の横顔 福井照氏(64) 二階氏のブレーン”. 毎日新聞. (2018年3月1日). https://mainichi.jp/articles/20180301/ddm/005/010/111000c 2018年3月3日閲覧。 
  4. ^ 文部科学省 福井副大臣、谷川副大臣、丹羽政務官、義家政務官合同会見録(平成24年12月27日)
  5. ^ a b “横顔 福井照氏 二階氏の懐刀”. 日本経済新聞. (2018年2月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27455540X20C18A2PP8000/ 2018年3月3日閲覧。 
  6. ^ “自民・村上氏 衆院比例四国ブロック対応で要請”. 愛媛新聞. (2014年11月19日). http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20141119/news20141119022.html 2018年3月3日閲覧。 
  7. ^ “四国ブロック(比例区) - 開票速報 - 2014衆院選”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/kaihyo/B10.html 2018年3月3日閲覧。 
  8. ^ a b c “TPP特別委の自民・福井照理事が辞任 「強行採決で実現する」と発言”. 産経新聞. (2016年9月29日). http://www.sankei.com/politics/news/160929/plt1609290039-n1.html 2018年3月3日閲覧。 
  9. ^ “入院の江崎沖縄・北方相交代へ、後任に福井照氏”. 読売新聞. (2018年2月27日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180227-OYT1T50052.html 2018年3月3日閲覧。 
  10. ^ “江崎沖北相が辞任へ 後任に福井照”. 日本経済新聞. (2018年2月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27434170X20C18A2MM0000/ 2018年3月3日閲覧。 
  11. ^ 野田聖子「選択的夫婦別姓制度」2001年11月6日
  12. ^ 夫婦別姓制度の導入を図る民法改正反対に関する請願、第154回国会法務委員会、請願2132号
  13. ^ “衆院本会議採決、合区対象県の3氏が欠席、2氏が採決前に退席”. 産経新聞. (2015年7月28日). http://www.sankei.com/politics/news/150728/plt1507280027-n1.html 2015年7月28日閲覧。 
  14. ^ “自民党・福井照議員「高知にお世話になった者として賛成しがたい」 公選法改正案の採決で退席”. 産経新聞. (2015年7月28日). http://www.sankei.com/politics/news/150728/plt1507280036-n1.html 2015年7月28日閲覧。 
  15. ^ a b c d e “第48回衆院選 自民 四国 福井 照”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=D10001001001 2018年3月3日閲覧。 
  16. ^ “福井照衆議院議員(自民)が統一協会集会に出席”. 高知民報. (2002年5月5日). http://jcpkochi.jp/touitukyokai.htm 2018年3月3日閲覧。 
  17. ^ “福井副文科相:後援団体元幹部、出資金詐取で敗訴”. 毎日新聞. (2013年9月22日). http://mainichi.jp/select/news/20130922k0000m040098000c.html 2013年9月22日閲覧。 
  18. ^ “元農水政務官も「秘書宅」計上 事務所経費1124万円”. 産経新聞. (2008年8月28日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080828/crm0808280144001-n1.htm 2008年8月28日閲覧。 
  19. ^ “福井照氏にも〝外国献金〟”. 高知新聞. (2011年8月6日). http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=277940&nwIW=1&nwVt=knd 2011年8月6日閲覧。 
  20. ^ “新任の福井照沖北相が就任会見で言い間違え 「色丹島」を「シャコタン島」”. 産経新聞. (2018年2月27日). http://www.sankei.com/politics/news/180227/plt1802270039-n1.html 2018年3月3日閲覧。 
  21. ^ “就任会見で「色丹島」を言い間違え 福井・沖縄北方相”. 朝日新聞. (2018年2月27日). https://www.asahi.com/articles/ASL2W75DTL2WUTFK027.html 2018年3月3日閲覧。 
  22. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]


公職
先代:
江崎鐡磨
日本の旗 特命担当大臣沖縄及び北方対策
第27代:2018年 -
次代:
現職
先代:
江崎鐡磨
日本の旗特命担当大臣消費者及び食品安全
第16代:2018年 -
次代:
現職
先代:
笠浩史
松本大輔
日本の旗 文部科学副大臣
谷川弥一と共同
2012年 - 2013年
次代:
櫻田義孝
西川京子
議会
先代:
西川京子
日本の旗 衆議院文部科学委員長
2014年 - 2016年
次代:
谷川弥一