西本勝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西本 勝子
にしもと かつこ
生年月日 (1950-04-01) 1950年4月1日(68歳)
出生地 日本の旗高知県高岡郡日高村
出身校 獨協大学法学部
前職 日高村村議会議員
所属政党 自由民主党高村派
称号 法学士

選挙区 比例四国ブロック
当選回数 1回
在任期間 2005年9月11日 - 2009年7月21日
テンプレートを表示

西本 勝子(にしもと かつこ、1950年4月1日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

高知学芸高等学校獨協大学法学部を卒業後、西本建設(廃業)の元代表取締役社長日高村議会議員を経て、2005年第44回衆議院議員総選挙比例四国ブロックから出馬。名簿順位14位と下位だったが、四国のほぼ全ての自民党重複候補が小選挙区当選したため、初当選した。番町政策研究所(高村派)所属。

2006年自由民主党総裁選挙では安倍晋三を支持した。

2007年6月14日ワシントン・ポストに掲載されたアメリカ合衆国下院121号決議の全面撤回を求める歴史事実委員会名義の全面広告「THE FACTS」に賛同者として名を連ねた[1]

2009年第45回衆議院議員総選挙では落選、政界から引退した[2]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]