西村章三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西村 章三(にしむら しょうぞう、1933年昭和8年)12月18日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(通算6期)。民社党委員長を務めた西村栄一の甥。衆議院議員の西村眞悟は従弟。

概要[編集]

大阪府出身[1]1958年昭和33年)立命館大学法学部[2]西村栄一の秘書を15年務めたあと、大阪府議1期を経て、1976年(昭和51年)民社党から衆院議員に当選[1]1990年(平成2年)落選[1]1996年(平成8年)新進党の比例四国ブロックより返り咲く[1]1998年(平成10年)1月自由党に参加[1]。通算6期務めた[1]2000年(平成12年)引退[1]2004年(平成16年)、旭日重光章を受章[2]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』466頁
  2. ^ a b 2004年春の叙勲・褒章を受賞された校友