荒木宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒木 宏(あらき ひろし、1928年4月1日 - 1995年1月14日)は日本教育者弁護士政治家衆議院議員日本共産党公認、2期)を務めた。自由法曹団幹事[1]

来歴[編集]

兵庫県出身。1954年関西大学二部法学部卒業後[2]小学校教諭[3]から弁護士に転身。1959年には自由法曹団に加入し、労働運動の弁護などに携わった[4]1972年第33回衆議院議員総選挙旧大阪5区堺市岸和田市泉大津市貝塚市泉佐野市和泉市高石市泉南市泉南郡泉北郡[5])から出馬し初(トップ)当選。

続く1976年第34回衆議院議員総選挙でも同区から出馬し再選を果たすも、体調不良により1979年第35回衆議院議員総選挙には出馬せず引退を表明する。地盤は引退当時、堺市選出の大阪府議会議員であった藤田スミに譲る[6]

1995年1月14日、脳梗塞のため大阪府大阪狭山市の病院で死去[7]。66歳。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞1976年12月6日付5面「総選挙130区当選の511人」
  2. ^ 衆議院総選挙で十名が当選関大(関西大学新聞 昭和52年1月1日)
  3. ^ 朝日新聞1972年12月11日5面「当選した491人」
  4. ^ 東中光雄・関西合同法律事務所編著「特攻隊から共産党代議士へ 東中光雄という生き方」の紹介自由法曹団通信 1352号 大阪支部 石川元也
  5. ^ いずれも選挙当時の自治体名
  6. ^ 泉北NTで藤田スミさんや女性後援会と宣伝、岸和田で「しんぶん赤旗」のおすすめ宮本岳志日本共産党衆議院議員のブログより
  7. ^ 朝日新聞1995年1月15日付31面

参考文献[編集]

関連項目[編集]