関西大学法学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関西大学 > 関西大学法学部

関西大学法学部(かんさいだいがくほうがくぶ、英称:Faculty of Law)は、関西大学に設置されている法学部である。

概要[編集]

関西大学法学部は、お雇い外国人法学者ギュスターヴ・エミール・ボアソナードの影響を受けた井上操小倉久堀田正忠らが1886年に設立した関西法律学校を源流とする[1][2]。学科としては法学政治学科1学科が置かれており、法学政治学の分野横断的教育が行われている[3][4]

沿革[編集]

  • 1887年 関西法律学校を開設[1]
  • 1948年 新制関西大学法学部が発足[1]
  • 1959年 経済・政治研究所を設立[1]

学科[編集]

  • 法学政治学科[4]
    • 入学定員715人・収容定員2860人[4]

著名な出身者[編集]

政治[編集]

行政、法曹[編集]

経済[編集]

マスコミ[編集]

研究[編集]

文化[編集]

芸能、スポーツ[編集]

アナウンサー[編集]

博士号取得者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 関西大学のあゆみ(年表)関西大学
  2. ^ [1]関西大学経済学部
  3. ^ 「学部長からの挨拶」関西大学法学部
  4. ^ a b c 学生数(入学定員・収容定員)関西大学

外部リンク[編集]