小此木八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小此木 八郎
おこのぎ はちろう
Okonogi hachirou.jpg
2017年8月3日、内閣官房内閣広報室より
生年月日 (1965-06-22) 1965年6月22日(56歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市中区
出身校 玉川大学文学部英米文学科理財専攻[1]
所属政党 自由民主党(無派閥)→無所属
親族 祖父・小此木歌治(元衆議院議員)
父・小此木彦三郎(元通商産業大臣
公式サイト 無所属 前国務大臣 おこのぎ八郎 officialsite

内閣 菅義偉内閣
在任期間 2020年9月16日 - 2021年6月25日[2]

内閣 第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
在任期間 2017年8月3日 - 2018年10月2日

選挙区旧神奈川1区→)
比例南関東ブロック→)
神奈川3区
当選回数 8回
在任期間 1993年7月19日 - 2009年7月21日
2012年12月16日[3] - 2021年7月18日
テンプレートを表示

小此木 八郎(おこのぎ はちろう、1965年昭和40年〉6月22日 - )は、日本政治家

国家公安委員会委員長内閣府特命担当大臣防災)(第4次安倍内閣)、 経済産業副大臣第2次小泉改造内閣第3次小泉内閣)、衆議院議員(8期)、衆議院安全保障委員長自由民主党青年局長自由民主党国会対策副委員長自由民主党副幹事長自由民主党国会対策委員長代理(初代)、自由民主党神奈川県連会長等を歴任した。

来歴[編集]

神奈川県横浜市中区出身[4]。父親は元衆議院議員の小此木彦三郎、祖父は実業家で、衆議院議員を1期務めた小此木歌治藤木企業藤木幸夫が小此木彦三郎の妻に「久しぶりに男の子を産んだね」と声をかけると「次男が生まれて8年目です」という返事が返ってきたため、三男であったにもかかわらず藤木によって「八郎」と名付けられた[5]。1975年、小学校4年の時に菅義偉が父の秘書となる。菅は小此木家の自宅近くのアパートに住み、毎朝小此木の家に通った[6][7]

玉川学園高等部玉川大学文学部英米文学科理財専攻卒業[1][8]

1989年、父の事務所に入所し秘書を務める[8]。菅は2年前に横浜市会議員になっていたが、八郎の指導係を務めた。「菅さんからは選挙における挨拶まわりから〝せがれ〟としての立場の振る舞い方、頭の下げ方にいたるまで、基礎を習いました」と八郎は証言している[6]

1991年、父の彦三郎が議員会館の階段で転落し、死去。彦三郎は渡辺派に所属していたため、翌1992年、領袖の渡辺美智雄は失意の八郎を引き取り、外相秘書官に据えた[5]

衆議院議員[編集]

2017年、イタリアにて

次期衆院選に向け、小沢辰男の秘書をした長男の歌藏を後継とするか、三男の八郎にするか問題となった(次男は日本航空に勤務していたため選から外れた)。一時、歌藏に決まりかけるが、母親が「歌藏は家業を継がないといけないから」と八郎に決めてしまった。そこへ市議2期目の菅義偉が取り入り、八郎擁立が確定した[5]。彦三郎が生前「後継者は三男に」と話していたことなども決め手となった。1992年2月8日、八郎は記者会見し、衆院選出馬を表明した[9]

1993年7月に行われた衆院選に旧神奈川1区(定数4)から立候補。菅は選挙事務所の事務長として奔走し[10]、八郎は得票数3位で初当選した。

1996年第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制の導入により、神奈川3区から立候補。なお父・彦三郎の地盤だった旧1区のうち、神奈川区鶴見区が含まれる3区からは八郎が、西区が含まれる2区からは菅がそれぞれ立候補した。菅は選挙区で当選した一方、八郎は新進党西川知雄に惜敗し、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活した。

2000年第42回衆議院議員総選挙では、神奈川3区で民主党加藤尚彦改革クラブの西川知雄を破り、3選。同年、衆議院議事進行係に就任。

2001年自民党国会対策副委員長に就任。2003年衆議院安全保障委員長に就任。2004年第2次小泉改造内閣経済産業副大臣に任命され、第3次小泉内閣まで務める。2005年、自民党総務局次長に就任。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、神奈川3区で民主党岡本英子に大敗し、比例復活もならず落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙で民主党の勝又恒一郎日本未来の党岡本英子らを破り、3年ぶりに国政に復帰した[11]。当選後、石破茂幹事長の下で副幹事長(筆頭)に起用される。

2013年自民党国会対策委員長代理に就任。

2014年第47回衆議院議員総選挙で7選。

かねてから石破茂は親しい関係にあり、石破の幹事長就任後、石破を中心に結成された「無派閥連絡会」にも参加していたが[12]2015年9月に石破が水月会を結成した際は参加せず、「脱派閥」を主張してきた石破による派閥の立ち上げに懐疑的な意見を示した[13][14]

2016年2月、自身が会長を務める自民党神奈川県連が、連立政権を組んでいる公明党に対して自民党本部が検討していた「同年の第24回参議院議員通常選挙における神奈川県選挙区(定数4)での公明党公認候補の推薦」に反対する方針を決定し、小此木自身も公明党候補の推薦に反対する考えを示した[15]。結局、自民党は神奈川県選挙区で比例区から鞍替えした三原じゅん子を公認したほか、公明党の三浦信祐無所属中西健治を推薦し[16]、いずれも当選したが、県連会長だった小此木は自民党所属議員に対し、公認候補である三原以外の応援に入らないよう通達を出していた[16]

2017年8月3日第3次安倍第3次改造内閣国家公安委員会委員長及び内閣府特命担当大臣(防災) に任命されて初入閣[17][18]。その後の第48回衆議院議員総選挙で8選。2017年11月、第4次安倍内閣で国家公安委員会委員長及び防災担当大臣に再任。2018年10月2日第4次内閣改造発足により国家公安委員会委員長及び防災担当大臣を退任。

2018年10月23日、自民党治安テロ対策調査会長に就任。

2020年9月14日に行われる自民党総裁選挙で菅義偉の選挙対策本部長を務めた[19]。菅が総裁に選出され、9月16日の発足の菅義偉内閣では国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣(防災担当)内閣府特命担当大臣(海洋政策)に就任。

2021年横浜市長選挙[編集]

2021年7月18日に衆議院議員を辞職し、同年8月の横浜市長選挙に立候補した。上大岡駅前にて。

2021年5月下旬、菅義偉首相と面会し、横浜市長選挙に出馬する旨を伝えた[20]。また、担当している重要土地利用規制法案の成立に最後まで努力する旨を伝えた。菅は長い沈黙の後「わかった」とだけ言ったという[21][5]

同年6月22日、閣議後の記者会見で、同年8月22日投開票の横浜市長選挙に立候補する意向を表明[22]。6月25日、市役所で記者会見し、正式に出馬表明。統合型リゾート(IR)中止を明言した[20][注 1]。同日、菅首相に国家公安委員会委員長の辞表を提出し[27]、受理された[28]東京オリンピック・パラリンピックの警備担当トップが開幕直前に交代する事態となった[29]。6月末、党神奈川県連会長を辞任[30]

自民党横浜市連の内部では、小此木が掲げるIR誘致のとりやめを受け入れ、小此木を推薦するよう求める意見が県議を中心にあったが、IRを推進してきた市議の一部が強く反発。議論は平行線をたどり、最終的に会長の坂井学官房副長官に一任。7月11日、自民党横浜市連は、坂井の判断により自主投票を決定した[31]。7月15日、現職の林文子が立候補を正式表明し、保守分裂選挙は確定的なものとなった[32]

同年7月16日、衆議院に議員辞職願を提出した[33]。同月18日に大島理森衆議院議長により議員辞職が許可された[34]

同年7月20日、自民党の有志議員による決起集会が市内のホテルで開かれた。公明党の上田勇県本部代表も登壇し、「横浜の(公明党)県議、市議全員が、横浜のリーダーを任せることができるのは小此木先生しかいないという意見で一致した」と明言した[35]。ただし公明党本部は翌7月21日の中央幹事会で、自主投票を決定した[36]

同年7月29日、小此木の事務所は「意見広告」として、「タウンニュース」に、小此木と菅の対談記事を掲載[37]。記事の中で菅は小此木を「全面的かつ全力で応援する」と明言した[38]。以後、菅は選挙戦に力を注いでいく。

ゼネコン各社はもともと現職の林を担ぎIR誘致を進めてきた立場にあるため、陣営にとっては切り崩しが必要であった。7月後半以降、元国交官僚の和泉洋人首相補佐官は、鹿島建設の押味至一会長はじめ大手ゼネコンのトップに直接電話し、小此木支援を要請した[39]。和泉は「取引先にも周知してほしい。従わなければ今後、国内どころか、海外の事業にも影響が出るだろう」と協力を迫り、これを「脅しの電話だ」ととらえる経営者もいた[40]。菅は8月3日の党役員会で「小此木八郎をお願いします」と異例の呼びかけを行い、新田章文首相秘書官を小此木の選挙事務所に送り込んだ[39]

同年8月8日、横浜市長選挙が告示される。自民党の神奈川県議全員と、党の市議36人のうち30人が小此木の支援に回った[41][42][注 2]。中区山下町のロイヤルホールヨコハマで行われた出陣式には、菅首相と小泉進次郎を除く神奈川県選出の自民党国会議員のほとんどが駆けつけ、野田聖子浜田靖一も参加した[48][49][50][51]

同年8月10日、朝日新聞は電話調査の結果を公表。「小此木がわずかな差で先行し、山中竹春と林が激しく追う展開」と報じた[52]

ところが8月14日夜、神奈川新聞が公表した情勢分析では「山中が先行し、小此木が追う展開。林、松沢成文田中康夫が続く」という結果が出た[53]。危機を感じた小此木陣営は支持者に直接支援を訴える電話作戦に運動をシフトした。菅も、自ら支援者らに電話して小此木支持を訴えた[54]。8月16日夕方、関内駅近くのビルの5階に構えた選挙事務所に菅の側近の坂井学、神奈川県議、横浜市議らが集まり、挽回策を話し合った。約3時間に及ぶ会議で下されたのは「選挙ポスターを全て張り替える」という異例の決断だった。コロナ対策を強調することを決めた陣営は、ポスターの『強い覚悟で横浜市政へ』という文言を『災害級のコロナ危機 前防災担当大臣が横浜を守る。』に変更。また、『IR取りやめ』の文字に背景と同じ水色でかぶせてあるバツマークが「取りやめ自体を否定しているように見える」との指摘があったことから、バツマークをポスターから取り除いた[55]

同年8月18日、週刊誌が横浜市長選と政局との関わりを特集。坂井学が8月14日夕方、戸塚駅前でビラ配りをしていたことを報じた[注 3]。坂井は連日、小此木の選挙活動の様子をツイッターで発信した。8月18日、小此木、河野太郎小泉進次郎の3人はウェブ上で「緊急!災害級コロナ封じ込め会談」を行う。会談は小此木のYouTubeチャンネルで配信された[57]。8月17日と21日には石破茂が横浜入りし、駅前で応援演説を行った[58][59]

菅の介入により自民党は総力戦を展開したが[56][60]、投開票日の8月22日、NHKは投票締め切りの午後8時に「山中竹春当選確実」と報道[61][62]。得票数は325,947票(21.62%)にとどまり、506,392票(33.59%)を獲得した山中に及ばず次点にとどまった[63]。小此木は8時過ぎに菅首相に電話するがつながらなかった。ショートメールで礼の言葉を送ると、菅は「ご苦労様」と返信した[64]。自民党幹部は「党として推薦や支援をした候補ではない」として、市長選の結果を受けた取材には応じないと拒否した[65]。同日夜、小此木は記者団の取材に応じ、政界を引退する意向を明らかにした[66][67]

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 小此木のIR中止表明に先立つこと1年前、元自民党県連会長で、県議を7期、議長も務めた梅沢健治は、神奈川新聞の連載コラム「わが人生」の最終回(2020年3月6日付)で次のように書いた。「私は横浜へのカジノ誘致に反対だ。計画の撤回を求める。自民党地方議員よ。次の選挙を考えてみよ。有権者の多くは、カジノはいらない、現政権の横暴と堕落はもう許容できないと思っている。自民党からカジノ反対の声が出なければ、自民党は見限られる。私も私なりの反対運動を始める。91歳まで生かされた命で、痛快な〝命懸け〟をやってみるつもりだ」[23][24]
    梅沢は、菅義偉が小此木彦三郎の秘書を務めていたころ、預けられた菅を基礎から仕込んだ政治家と知られ、「神奈川県政のドン」とも称された[25][24]。2021年4月11日、死去[26]
  2. ^ 自民党横浜市連は自主投票を決定したが、横浜市会の最大会派「自由民主党・無所属の会」36人のうち30人は小此木の支援に回った。残りの渋谷健(南区)、田野井一雄(港南区)、松本研(中区)、山本尚志(磯子区)、横山正人(青葉区)、横山勇太朗(泉区)ら6人は現職の林を支援した[43][44][45][46][47]
  3. ^ 坂井学は官房副長官であるため、メディアは翌8月19日、「選挙活動のため、再三外出すれば、首相官邸での執務に影響しかねない」と報じた。加藤勝信官房長官は同日の記者会見で「選挙は民主主義の根幹だ。選挙活動は必ずしも不要不急ではない」と語り、問題視しない考えを示した[56]

出典[編集]

  1. ^ a b 学友会員の活動 国家公安委員長に就任されました。 玉川大学・玉川学園学友会
  2. ^ 小此木国家公安委員長 閣僚の辞表提出 横浜市長選立候補の意向NHK 2021年6月25日
  3. ^ “議員や首長の任期はいつからカウントするか。”. レファレンス協同データベース. (2011年6月16日). https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000087399 2021年8月18日閲覧。 
  4. ^ “横浜市長選、小此木防災相が出馬の意向 現職閣僚として異例”. 神奈川新聞. (2021年6月19日). http://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-545267.html 2021年6月20日閲覧。 
  5. ^ a b c d 常井健一+本誌取材班「ハマのドンめぐる大乱戦 仁義なき横浜市長選」 『文藝春秋』2021年9月号、pp. 202-211。
  6. ^ a b 森功 2021, pp. 105–108.
  7. ^ 新閣僚ってどんな人? 菅内閣20人の横顔 - 日本経済新聞 2020年9月17日
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq “プロフィール”. オフィシャルサイト. http://hachirou.com/profile 2015年5月10日閲覧。 
  9. ^ 朝日新聞1992年2月9日、神奈川。
  10. ^ 森功 2021, p. 126.
  11. ^ 平成24年(2012年)12月19日神奈川県選挙管理委員会告示第119号(衆議院小選挙区選出議員選挙において当選人と決定した者の住所及び氏名並びに当該当選人に係る候補者届出政党の名称)
  12. ^ “石破氏側近の小此木氏「石破派入らない」”. 産経新聞. (2015年9月9日). http://www.sankei.com/politics/news/150909/plt1509090013-n1.html 2016年2月22日閲覧。 
  13. ^ “石破派結成、次期総裁選へ準備 側近の小此木氏は不参加”. 朝日新聞. (2015年9月10日). http://www.asahi.com/articles/ASH995VGTH99UTFK01Q.html 2016年2月22日閲覧。 
  14. ^ “石破氏が20人で派閥旗揚げ ポスト安倍の道険しく”. 日本経済新聞. (2015年9月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H97_Y5A920C1PP8000/ 2016年2月22日閲覧。 
  15. ^ “自民県連「公明候補推薦に反対」”. 神奈川新聞. (2016年2月21日). オリジナルの2016年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20160224131656/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160221-00007352-kana-l14 2016年2月21日閲覧。 
  16. ^ a b “壮絶! 身内でバトル 自民県連会長「三原じゅん子候補以外の応援にはいかないで!」と要請文 他の推薦候補を牽制”. 産経新聞. (2016年6月27日). http://www.sankei.com/politics/news/160627/plt1606270049-n1.html 2017年8月20日閲覧。 
  17. ^ “【内閣改造】小此木八郎氏、梶山弘志氏の初入閣が内定”. 産経新聞. (2017年8月2日). http://www.sankei.com/politics/news/170802/plt1708020041-n1.html 2017年8月20日閲覧。 
  18. ^ “国家公安委員長に小此木八郎氏内定”. 日本経済新聞. (2017年8月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H6C_S7A800C1000000/ 2017年8月20日閲覧。 
  19. ^ 菅氏陣営、選対本部長に小此木氏 - 日本経済新聞 2020年9月3日
  20. ^ a b 松沢奈々子、足立優心 (2021年6月25日). “「IRやめる」 横浜市長選に出馬表明の小此木氏”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP6T6Q3NP6TUTIL02K.html 2021年8月19日閲覧。 
  21. ^ “「あらゆる自治体で嫌われ者」そんなカジノ誘致にこだわり続ける菅・二階ラインの勘違い”. プレジデントオンライン. (2021年7月15日). https://president.jp/articles/-/47905 2021年8月20日閲覧。 
  22. ^ “小此木国家公安委員長が出馬へ 横浜市長選、IR反対意向”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2021年6月22日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021062200483&g=pol 2021年6月22日閲覧。 
  23. ^ 梅沢健治 (2021年3月6日), "わが人生". 神奈川新聞。
  24. ^ a b “菅長官は真っ青…神奈川県政の“ドン”が「カジノ反対」表明”. 日刊ゲンダイ. (2021年3月11日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/270252 2021年9月11日閲覧。 
  25. ^ 森功 2021, p. 110.
  26. ^ “元自民党県連会長の梅沢健治氏が死去 92歳”. 神奈川新聞. (2021年4月12日). https://www.kanaloco.jp/news/government/article-465606.html 2021年9月11日閲覧。 
  27. ^ 自民、「菅離れ」拡大必至 お膝元敗北、政権に激震 - 横浜市長選”. JIJI.COM (2021年8月23日). 2021年8月23日閲覧。
  28. ^ 国家公安委員長に棚橋氏 小此木氏、横浜市長選出馬へ - 時事ドットコム 2021年06月25日
  29. ^ “小此木国家公安委員長が辞任 後任に棚橋泰文氏を起用へ”. 朝日新聞. (2021年6月25日). https://www.asahi.com/articles/ASP6T3F4GP6TUTFK004.html 2021年8月24日閲覧。 
  30. ^ 自由民主党神奈川県支部連合会役員かながわ自民党
  31. ^ 武井宏之 (2021年7月11日). “横浜市長選、自民党市連は自主投票 小此木氏を推薦せず”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP7C5WY1P7CULOB011.html 2021年7月12日閲覧。 
  32. ^ “【横浜市長選】 林市長が4選出馬を正式表明 IR横浜誘致「活性化に重要」”. 神奈川新聞. (2021年7月15日). オリジナルの2021年7月16日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20210716003602/https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-576224.html 2021年7月15日閲覧。 
  33. ^ “自民・小此木氏が衆院議員辞職願”. 時事ドットコム. (2021年7月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071600540 2021年8月26日閲覧。 
  34. ^ “小此木氏の衆院議員辞職を許可”. 日本経済新聞. (2021年7月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA1667Y0W1A710C2000000/ 2021年8月26日閲覧。 
  35. ^ “小此木氏の決起集会に、自民・公明市議ら70人「戦い抜く」”. 神奈川新聞. (2021年7月20日). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-582303.html 2021年9月2日閲覧。 
  36. ^ 武井宏之 (2021年7月21日). “横浜市長選、公明も自主投票 市議全員が小此木氏支援へ”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP7P6R2QP7PULOB008.html 2021年8月4日閲覧。 
  37. ^ 【意見広告】対談 市民の声を聞く政治 前防災担当大臣 おこのぎ八郎・衆議院議員 すが義偉”. タウンニュース 戸塚区版 掲載号:2021年7月29日号 (2021年7月29日). 2021年8月1日閲覧。
  38. ^ “首相、小此木氏を全力応援 横浜市長選で支持固め”. 産経新聞. (2021年7月29日). https://www.sankei.com/article/20210729-YYD72LSFABN2ZPUTRO26KKQMVY/ 2021年7月29日閲覧。 
  39. ^ a b “菅 9・6「首相解任」 横浜市長選敗北で引導”. 週刊文春電子版. (2021年8月17日). https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1521 2021年8月19日閲覧。 
  40. ^ “横浜市長選、菅総理側近がゼネコンを“恫喝” 小此木八郎への支援を要請…「無礼千万な脅し」”. デイリー新潮. (2021年8月20日). https://www.dailyshincho.jp/article/2021/08200556/ 2021年8月20日閲覧。 
  41. ^ “【横浜市長選】現職林文子氏「政治に信義あるのか」はしご外される理不尽”. 日刊スポーツ. (2021年8月8日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202108080000719.html 2021年8月8日閲覧。 
  42. ^ 志村彰太、丸山耀平、村上一樹 (2021年8月19日). “横浜市長選、結果次第で政権左右 首相推進のIR、コロナで先行き不透明 市の誘致方針に影響も”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/125220 2021年8月19日閲覧。 
  43. ^ 末崎毅 (2021年7月21日). “自民市議36人中30人が小此木氏を支援へ 横浜市長選”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP7N7W3SP7NULOB026.html 2021年8月19日閲覧。 
  44. ^ “林文子市長に聞く 意見広告 コロナ対策と横浜の未来 横浜市会議員 渋谷 たけし”. タウンニュース. (2021年7月22日). https://www.townnews.co.jp/0114/2021/07/22/584086.html 2021年8月31日閲覧。 
  45. ^ 志村彰太 (2021年8月2日). “「横浜に住むメリットないなら引っ越しなさい」現市長支援の自民市議がツイート、炎上”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/121341 2021年8月19日閲覧。 
  46. ^ “意見広告 林文子市長に聞く、横浜の課題 横浜市会議員 松本 研”. タウンニュース. (2021年7月29日). https://www.townnews.co.jp/0113/2021/07/29/584775.html 2021年8月19日閲覧。 
  47. ^ 横浜市会議員 横山勇太朗【3期】
  48. ^ “【横浜市長選】小此木八郎氏IR誘致取りやめ掲げるも疑いの目線にぼやき”. 日刊スポーツ. (2021年8月8日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202108080000718.html 2021年8月23日閲覧。 
  49. ^ “横浜市長選告示、最多8人立候補 IR是非が争点”. 日本経済新聞. (2021年8月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC066BG0W1A800C2000000/ 2021年8月23日閲覧。 
  50. ^ メールマガジン 2021.08.13 Vol.988自由民主党
  51. ^ おこのぎ八郎 Twitter 2021年8月8日付
  52. ^ “小此木氏わずかに先行、山中氏ら猛追 横浜市長選情勢調査”. 朝日新聞. (2021年8月10日). https://www.asahi.com/articles/ASP8B6X94P8BUZPS001.html 2021年8月22日閲覧。 
  53. ^ “世論調査:山中氏先行、追う小此木氏 林・松沢・田中氏続く”. 神奈川新聞. (2021年8月14日). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-632860.html 2021年9月2日閲覧。 
  54. ^ 有吉桃子、小嶋章史 (2021年9月1日). ““横浜ショック” どうなる総裁選・衆院選”. NHK. https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/66707.html 2021年9月2日閲覧。 
  55. ^ “ドタバタ劇や「こだわり」裏目に 横浜市長選、対応後手の小此木氏”. 毎日新聞. (2021年8月26日). https://mainichi.jp/articles/20210825/k00/00m/010/355000c 2021年9月2日閲覧。 
  56. ^ a b 清水俊介 (2021年8月19日). “坂井官房副長官が横浜市長選で連日の応援 菅首相の支援候補、加藤官房長官は「不要不急ではない」”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/125474 2021年8月20日閲覧。 
  57. ^ おこのぎ八郎・河野太郎・小泉進次郎「緊急!災害級コロナ封じ込め会談」”. おこのぎ八郎 (2021年8月18日). 2021年8月25日閲覧。
  58. ^ 横浜市長選挙応援”. 石破茂(いしばしげる)ブログ (2021年8月17日). 2021年8月24日閲覧。
  59. ^ 横浜市長選挙など”. 石破茂(いしばしげる)ブログ (2021年8月20日). 2021年8月24日閲覧。
  60. ^ 山口哲人 (2021年8月23日). “首相の求心力、危機的状況 横浜市長選、支援の小此木氏敗北”. 中日新聞. https://www.chunichi.co.jp/article/316274 2021年8月23日閲覧。 
  61. ^ “横浜市長選 立民推薦の山中竹春氏 当選確実 小此木氏ら及ばず”. NHK. (2021年8月22日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210822/k10013216971000.html 2021年8月22日閲覧。 
  62. ^ “【詳報】横浜市長選挙 野党支援の山中氏が当選確実 菅政権に打撃「厳しい結果。これが民意」”. 東京新聞. (2021年8月22日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/125870 2021年8月22日閲覧。 
  63. ^ 横浜市長選挙(令和3年8月22日執行)”. 横浜市. 2021年8月23日閲覧。
  64. ^ “菅首相「ご苦労様」 横浜市長選で敗れた小此木氏にメール 陣営は「政権批判で票流れた」”. 東京新聞. (2021年8月22日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/126156 2021年8月23日閲覧。 
  65. ^ “自民、横浜市長選の敗北に衝撃 野党、次期衆院選へ弾み”. 共同通信. (2021年8月22日). https://nordot.app/802150217454714880 2021年8月23日閲覧。 
  66. ^ “小此木八郎氏、政界引退を表明「もう選挙には立候補しない」”. 神奈川新聞. (2021年8月22日). http://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-641631.html 2021年8月22日閲覧。 
  67. ^ 横浜市長選、小此木八郎氏惨敗で政界引退…求心力低下「菅降ろし」加速”. スポーツ報知 (2021年8月23日). 2021年8月23日閲覧。
  68. ^ a b c d e f g h i j k l m “2012衆院選 神奈川3区 小此木 八郎”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A14003005005 2014年4月9日閲覧。 
  69. ^ 選択的夫婦別姓「進めるべき話」小此木公安委員長が見解、神奈川新聞、2021年3月13日。
  70. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  71. ^ a b “喫煙可の大臣室、とうとう禁煙に 受動喫煙対策法成立で”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2018年6月22日). https://www.asahi.com/articles/ASL6Q54RSL6QULFA027.html 2018年6月23日閲覧。 
  72. ^ “麻生大臣執務室は「喫煙可」 法案成立すれば禁煙に”. テレ朝news (テレビ朝日). (2018年6月22日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000130170.html 2018年6月23日閲覧。 
  73. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  74. ^ “国会議員バンド「Gi ! nz」チャリティーライブ”. ZAKZAK (夕刊フジ). (2005年2月17日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_02/g2005021704.html 2015年5月10日閲覧。 
  75. ^ カギ握る無派閥議員 菅義偉氏は着々と若手囲い込み 石破茂氏は「別動隊」に期待も… 進次郎氏の動向も焦点”. 産経新聞 (2018年7月16日). 2021年8月24日閲覧。
  76. ^ 『現代印章 2019年4月号』(ゲンダイ出版)

参考文献[編集]

  • 森功『菅義偉の正体』小学館小学館新書〉、2021年2月6日。ISBN 978-4098253920

関連人物[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
松本純
武田良太
日本の旗 国家公安委員会委員長
第92・93代:2017年 - 2018年
第96代:2020年 - 2021年
次代:
山本順三
棚橋泰文
先代:
松本純
武田良太
日本の旗 特命担当大臣防災
第25・26代:2017年 - 2018年
第29代:2020年 - 2021年
次代:
山本順三
棚橋泰文
先代:
衛藤晟一
日本の旗特命担当大臣海洋政策
第7代:2020年 - 2021年
次代:
棚橋泰文
先代:
坂本剛二
泉信也
日本の旗 経済産業副大臣
保坂三蔵と共同
2004年 - 2005年
次代:
西野陽
西川玲子
議会
先代:
田並胤明
日本の旗 衆議院安全保障委員長
2003年 - 2004年
次代:
小林興起
党職
先代:
創設
自由民主党国会対策委員長代理
2013年 - 2017年
次代:
松本純
先代:
木村太郎
自由民主党副幹事長(筆頭)
2012年 - 2013年
次代:
萩生田光一
先代:
岸田文雄
自由民主党青年局長
1998年 - 1999年
次代:
浜田靖一