寺田稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 寺田 稔
生年月日 1958年1月24日(56歳)
出身地 日本の旗 広島県広島市
出身校 東京大学法学部
ハーバード大学大学院
学位・資格 法学士
修士
前職 国家公務員大蔵省
世襲
叔父・池田行彦(元外務大臣
選出選挙区 広島5区
当選回数 3回
所属党派 自由民主党岸田派
会館部屋番号 衆議院第1議員会館1213号室
ウェブサイト 寺田稔TV/衆議院議員 寺田稔公式HP
テンプレートを表示

寺田 稔(てらだ みのる、1958年(昭和33年)1月24日 - )は、日本政治家、元大蔵財務官僚自由民主党所属の衆議院議員(3期)、自民党副幹事長。元内閣府副大臣復興副大臣第2次安倍内閣)。

妻・慶子は池田勇人の孫。外務大臣自民党総務会長を務めた池田勇人の娘婿・池田行彦は慶子夫人の叔父。また寺田家は、池田行彦の生家である粟根家の親戚にあたる。

来歴[編集]

広島県広島市生まれ。広島大学附属中学校・高等学校東京大学法学部卒業。1980年大蔵省に入省し主計局に配属された。1982年にはハーバード大学大学院に留学し、修士号を取得。帰国後は国際金融局係長や長浜税務署長、在ワシントン日本大使館書記官、官房文書課広報室長、徳島県総務部長、財務省主計局主計官、内閣府参事官を歴任した。

2004年、叔父にあたる池田行彦の死去に伴い財務省を退官、行彦の選出選挙区である広島5区補欠選挙自由民主党公認で出馬し、民主党三谷光男らを破り初当選。当選後は、義理の祖父にあたる元内閣総理大臣池田勇人が設立した宏池会に入会。2005年第44回衆議院議員総選挙でも再び広島5区で三谷を破り、再選(三谷も比例復活)。2007年に発足した第1次安倍改造内閣防衛大臣政務官に任命され、福田康夫内閣でも再任された。2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党への猛烈な逆風により、広島5区で初めて三谷に敗北し、比例復活も出来ずに落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、前回敗れた三谷に比例復活すら許さない大差をつけ、国政に復帰。選挙後に発足した第2次安倍内閣内閣府副大臣復興副大臣に就任した。

所属団体・議員連盟[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
黄川田徹
今野東
前川清成
日本の旗 復興副大臣
浜田昌良谷公一秋葉賢也と共同

2012 -
次代:
(現職)
先代:
白真勲藤本祐司前川清成今野東園田康博大島敦松宮勲
日本の旗 内閣府副大臣
浜田昌良西村康稔伊達忠一坂本哲志赤羽一嘉井上信治と共同

2012 -
次代:
(現職)
先代:
大前繁雄北川イッセイ
日本の旗 防衛大臣政務官
秋元司と共同

2007 - 2008
次代:
武田良太岸信夫