寺田稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 寺田 稔
生年月日 1958年1月24日(58歳)
出身地 日本の旗 広島県広島市
出身校 東京大学法学部
ハーバード大学大学院
学位・資格 学士(法学)
LL.M.
前職 国家公務員大蔵省
所属委員会 内閣委員会
地方創生に関する特別委員会(理事)
憲法審査会
世襲 有:妻の義叔父・池田行彦(元外務大臣
選出選挙区 広島5区
当選回数 4回(2004年-2009年2012年-現職 )
所属党派 自由民主党岸田派
党役職 国防部会長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館1213号室
ウェブサイト てらだ稔 Official Site
テンプレートを表示

寺田 稔(てらだ みのる、1958年(昭和33年)1月24日 - )は、日本政治家、元大蔵財務官僚自由民主党所属の衆議院議員(4期)、自民党国防部会長。元自民党国会対策副委員長。元自民党副幹事長。元内閣府副大臣復興副大臣第2次安倍内閣)。

来歴[編集]

広島県広島市生まれ。

広島大学附属中学校・高等学校東京大学法学部卒業。

1980年大蔵省に入省し主計局に配属された。

1982年にはハーバード大学大学院に留学し、公共政策学修士号を取得。

帰国後は国際金融局係長や長浜税務署長、在ワシントン日本大使館書記官、官房文書課広報室長、徳島県総務部長、財務省主計局主計官、内閣府参事官を歴任[要出典]

2004年、妻の義理の叔父にあたる池田行彦の死去に伴い財務省を退官[要出典]、行彦の選出選挙区である広島5区第43回衆議院議員補欠選挙自由民主党公認で出馬し、民主党三谷光男らを破り初当選。

当選後は、義理の祖父にあたる元内閣総理大臣池田勇人が設立した宏池会に入会[要出典]

2005年第44回衆議院議員総選挙でも再び広島5区で三谷を破り、再選(三谷も比例復活)。衆議院安全保障委員会与党理事、自民党行政改革推進本部幹事、行政改革推進本部 特別会計改革委員会主査、党国防部会長代理などを務めた[要出典]

2007年に発足した第1次安倍改造内閣防衛大臣政務官に任命され、福田康夫内閣でも再任[要出典]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、広島5区で三谷に敗北し、比例復活も出来ずに落選。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、前回敗れた三谷に比例復活を許さず当選。選挙後に発足した第2次安倍内閣内閣府副大臣復興副大臣に就任。

2013年10月の内閣及び自民党役員人事において党副幹事長に就任した[要出典]

2014年第47回衆議院議員総選挙で4選。[1]

2014年10月の自民党役員人事において党国会対策副委員長に就任した[要出典]

2016年8月の自民党役員人事において党国防部会長に就任した[2]

いわゆる大宏池会構想論者で[3]2013年から2014年の一時期、宏池会に加えて為公会(麻生派)にも参加していた[4]が、同年7月ごろ退会し宏池会のみの所属となった[要出典]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入にどちらかといえば反対[5]
  • 女性宮家の創設に反対[6]
  • 集団的自衛権の行使について「我が国の安全保障のために必要な範囲、また、我が国国民の生命を守るために必要な範囲において集団的自衛権の行使を限定的に認めるべきだ。」としている[7]

選挙運動[編集]

  • 2012年の衆院選において、呉市消防局の局長ら幹部3人が、寺田支持者カードを部下に配り、後援会に入会するよう勧誘したとされ、公職選挙法違反(公務員の地位利用)で書類送検された問題[8]で、寺田本人が局長に対し、勧誘に使われた支持者カードを局内で手渡したことが判明した[9][10]
  • また、2005年の衆院選をめぐっても同陣営の運動員3名が公職選挙法違反(買収)の疑いで逮捕されている[11]

人物[編集]

  • 2014年の第186回国会において、大臣、副大臣、政務官、補佐官、議長、副議長、委員長のいずれの要職にもついていなかったのみならず、質問、議員立法、質問主意書提出のいずれもなかったことが指摘された[12][13]
  • 趣味はテニス、ウォーキング、読書、カラオケ、スポーツ観戦。サンフレッチェ広島広島東洋カープ両チームのファンを公言している[14]
  • 財務省防衛担当主計官時代(2002年当時)には「呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)」の建設に尽力した[14]
  • 日中国会議員書画展へ書画を提供している。[15]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 自民党.部会長が内定 農林部は小泉進次郎氏が留任
  3. ^ ブログ - 『7月10日(木)』 | 衆議院議員 寺田稔の政治実感日誌
  4. ^ 為公会2013麻生太郎政策集団
  5. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  6. ^ 毎日新聞2012年衆院選アンケート
  7. ^ “(集団的自衛権)自民8氏、半数「無回答」 県選出国会議員アンケート /広島県”. 朝日新聞(広島). (2014年6月18日) 
  8. ^ “呉市の消防局幹部が部下に後援会入会働きかけ? 広島県警が任意聴取”. 産経新聞. (2012年12月26日) 
  9. ^ 中国新聞. (2012年12月27日) 
  10. ^ 関連リンク 呉市消防局不正採用!
  11. ^ “衆院選/「改革」「刷新」の裏で買収・供応ゾロゾロ”. しんぶん赤旗. (2005年9月19日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-09-19/2005091915_01_0.html 2014年7月22日閲覧。 
  12. ^ 「国会議員三ツ星データブック」、186国会版 国会議員三ツ星データブック、特定非営利法人「万年野党」著。ISBN-13: 978-4905239239
  13. ^ 「国会質問も議員立法も質問主意書もない『オールゼロ議員』、64人全氏名を公開、BLOGOS 2014年10月15日
  14. ^ a b c d e てらだ稔 Official Site
  15. ^ [2]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会
  16. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  17. ^ ブログ - 『10月17日』|衆議院議員 寺田稔の政治実感日誌
  18. ^ 公益財団法人 日本相撲連盟

外部リンク[編集]

公職
先代:
黄川田徹
今野東
前川清成
日本の旗 復興副大臣
浜田昌良谷公一秋葉賢也と共同

2012年12月 - 2013年9月
次代:
浜田昌良・谷公一・岡田広愛知治郎
先代:
白真勲藤本祐司前川清成今野東園田康博大島敦松宮勲
日本の旗 内閣府副大臣
西村康稔伊達忠一坂本哲志赤羽一嘉井上信治と共同

2012年12月 - 2013年9月
次代:
西村康稔・後藤田正純岡田広関口昌一・赤羽一嘉・井上信治
先代:
大前繁雄北川イッセイ
日本の旗 防衛大臣政務官
秋元司と共同

2007年 - 2008年
次代:
武田良太岸信夫