橋本博明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橋本 博明
生年月日 (1970-07-22) 1970年7月22日(47歳)
出生地 広島県広島市
出身校 広島大学大学院修了
前職 議員秘書
文部科学省職員
称号 理学修士
公式サイト 元衆議院議員 橋本博明の政治活動 ホームページ

選挙区 広島3区
当選回数 1回
テンプレートを表示

橋本 博明(はしもと ひろあき、1970年昭和45年)7月22日 - )は、日本政治家、元官僚民主党所属の元衆議院議員(1期)。元民主党広島県連副代表。

経歴[編集]

広島県広島市安佐南区出身。広島県立安古市高等学校卒業後、国立広島大学理学部に入学。大学卒業後は広島大学大学院に進み、1996年科学技術庁(後に文部科学省へ統合)に入庁、宇宙開発を専門とする。その後内閣官房へ出向し、独立行政法人の改革に従事した。

2003年に民主党衆議院議員中村哲治政策担当秘書に転職し、NPO関連を中心に法案の立案に関わった。

2005年小沢一郎政治塾第5期生となる一方で、民主党国会議員候補者公募に合格し、政策担当秘書を辞職。同年9月11日第44回衆議院議員総選挙広島3区より出馬し、自由民主党河井克行社会民主党金子哲夫広島県議会議員郵政民営化に反対した無所属の石橋良三や、日本共産党候補などが乱立する混戦となったが、小泉旋風の吹き荒れたこの選挙では河井に敗れ、次点に終わった。

2009年第45回衆議院議員総選挙でも広島3区より出馬し、自民党の増原義剛を破って初当選。同年10月13日に開催された新人議員研修会を欠席して、幹事長小沢一郎らに叱責を受けた。

2010年9月民主党代表選挙 では、2009年の選挙直前に小沢の資金管理団体である陸山会から多額の寄付を受けていたにも関わらず、北神圭朗森岡洋一郎藤田憲彦阿知波吉信斉藤進山尾志桜里大西健介高橋昭一仁木博文らとともに脱小沢の姿勢を明らかにし、菅直人を支持した。

2011年民主党代表選挙においては、現在の所属グループ会長である野田佳彦の推薦人をつとめた。

2012年第46回衆議院議員総選挙に広島3区より出馬したが、自民党の河井に敗れ、比例復活もならず落選。2014年第47回衆議院議員総選挙でも広島3区より出馬したが、再び河井に敗れ、比例復活もならず落選した。

2015年、道路交通法違反(酒気帯び運転)により摘発され、民進党広島県連から広島県第3区の支部長を解任される。新支部長には福山市出身の塩村文夏・東京都議を充てられることになり、塩村は2017年10月22日、第48回衆議院議員総選挙に広島県第3区から、希望の党合流を目指した民進党の解体によって無所属候補として出馬(結果は落選)することになる。

政界への復活を期して挑戦し、2016年10月16日に投開票された安芸太田町町長選挙に自治労らの支援を得て立候補するも、現職町長の小坂真司に敗れた[1]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[2]

不祥事[編集]

2015年1月25日未明に、広島市中区において、道路交通法違反(酒気帯び運転)により摘発された[3]。これを受け民主党に離党届を提出、同月27日、民主党はこれを受理するとともに、橋本を広島3区総支部長から解任、かつ第47回衆議院議員総選挙で次点となっていた比例中国ブロックの候補者名簿から削除することを決定した。これにより、同ブロックから欠員が生じた場合には次点の橋本が繰り上げ当選となる可能性があったが、その可能性が消滅した[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]